いざ老後を迎えるにあたって、いくらの貯金が必要なのでしょう。 平成28年度に発表された厚生労働白書によりますと、60歳以上の世帯の貯蓄額は、2000万円以上が41%と最多で、4000万円以上の世帯も18%となっています。・・・