マグネシウムと不整脈の因果関係や心臓病の症状・原因とその影響は?

スポンサードリンク

[マグネシウム]

健康01
マグネシウムは最近注目を集めている栄養素の一つですが、“骨・歯を丈夫にしてくれる”“筋肉の弛緩させてくれる”“基礎代謝を上げてくれる”等様々な、効果が期待されています。

一方、不整脈については悪い意味で注目を浴びている症状ですので、一度は耳にしたことがあるかと思います。

そこで、今回はマグネシウムの摂取によって不整脈にどのような影響を与えるのか?マグネシウムと不整脈に因果関係があるのか?ということを考えて行こうと思います。

また、不整脈についてどんな症状なのかも説明していますので、まだ知識が足りない方もご覧いただければと思います。


不整脈の症状と原因は?


マグネシウムと不整脈の因果関係を見る上で、まずはそれぞれの特徴を把握しておく必要があります。

マグネシウムについては、既に効果・効能やマグネシウム不足となる原因と症状について解説していますので、そちらをご覧ください。
マグネシウムの効果・効能についてはこちらから!
マグネシウム不足の原因・症状についてはこちらから!

ここでは、不整脈はどのような症状でどんな原因があるのか考えて行こうと思います。

不整脈とは、簡単に言うと「心臓の鼓動(脈)が一定のリズムではなく、早くなったり、遅くなってしまうこと」を言います。

例えば、人間の脈拍は成人であれば、1分間に60~70回が正常と言われていますが、不整脈の場合100回以上になることもあれば、50回以下になってしまうこともあるんだそうです。

不整脈の人の主な症状としては以下のようなものが挙げられます。

【脈が速くなっている場合】
  • 運動してないのにドキドキする

  • 脈が飛ぶ感じがする

  • 胸に圧迫感や痛みを感じる
【脈が遅くなっている場合】
  • 全身の倦怠感

  • めまい・ふらつきを感じる

  • 失神してしまうことがある

これらの症状に当てはまる場合、不整脈になっている可能性がありますので、注意が必要と言えるでしょう!

次に、そもそも不整脈になる原因な何でしょうか?

不整脈の原因としては様々考えられるようですが、最も多いのは“心筋梗塞”“狭心症”“心不全”などの「心臓に何らかの病気がある」場合と言われています。

また、これらの心臓病に関する薬を内服することで副作用として発生してしまうこともあるみたいですよ!

さらに、この他にも脱水症状みたいに全身の状態が、そもそも悪化している場合や、高齢者になるほど出る症状と言われています。

不整脈と聞くとなんだか不安に感じるかもしれませんが、1日中脈を計測していれば大抵、誰でも数回は脈が乱れることはあり、不整脈の中には軽いものからおもいものまで、様々な種類があると言われています。

不整脈の原因としてこれ以外には、ストレス自律神経と関係して起こると言われていて、例えば以下のような精神的・身体的なストレスによって、全身の筋肉が緊張して体に負担がかかっていることが原因とも言われています。

【日常生活のストレス例】
  • 睡眠不足

  • 不規則な食事

  • 長時間の仕事

  • 飲酒・喫煙

  • 運動不足

  • 仕事のプレッシャー

POINT:症状・原因に当てはまる場合不整脈になっている可能性があります!


マグネシウムと不整脈の因果関係は?


結論から言うと・・・

「マグネシウムと不整脈は関係すると言えます。」


但し、全てが関係してるとは言えず、上記で説明してきた様々な原因が考えられるのも事実として認識しておいた方がいいでしょう!

不整脈はこれまで話してきたとおり、心臓の循環機能が何らかの原因で不具合を起こし、正常に作用されない状態ということでした。

マグネシウムには筋肉を弛緩(しかん)する働きがあるということを覚えていますか?
忘れてしまった方はこちらから!

簡単に言うと、筋肉の収縮活動は筋肉細胞にカルシウムが出入りすることによって成り立ち、マグネシウムは筋肉を緩めるための働きをしています。

そのため、心臓の筋肉がマグネシウム不足によって正常にポンプの役割を果たせないために、“不整脈になる”可能性が考えられると言えます。

また、不整脈はストレス・自律神経異常によっても出ると上で紹介しましたが、マグネシウムには正常に戻す作用があると言われていますので、マグネシウム不足で異常になってしまったために、不整脈になる可能性も考えられます!

POINT:必ずではないが不整脈はマグネシウム不足と関係がある!


マグネシウムの摂取で不整脈は治るの?


不整脈はそもそもほとんどの人が持っていて無くなるということは難しいです。

しかし、例えばマグネシウム不足の人がマグネシウムを摂取することで、正常な範囲内に戻すということは出来ると言われています。

不整脈は上で述べたように心臓病などを原因としていますが、もう少し詳しく言うと、ほとんどの不整脈は「期外収縮」という、心臓を動かすための脳からの信号を正しく掴めずに、動かすところとは別でキャッチされてしまい心拍数や心拍リズムが乱れてしまうと言われています。

この期外収縮を予防するのにいいのが“マグネシウム”で、これまでの説明を見て頂ければお分かりかと思います。

実際に、不整脈で悩んで様々な治療を試みた人が、最終的にマグネシウムを適正量摂取することを心掛けたことによって、落ち着いたという話もありますので、不整脈は治療によって抑えることは可能と言えるでしょう!

注意!マグネシウム=不整脈を治せるとは限らない!


まとめ


今回は、マグネシウムと不整脈の因果関係について考えてきましたが、いかがだったでしょうか?

不整脈には様々種類があり、中には心臓病を引き起こす原因にもなりますので、放っておくのも不安だと思います。

そのため今回紹介した、不整脈による症状や原因が当てはまる場合は、一度診察されてみるのがいいでしょう!

また、どうしても暇がないという方はマグネシウムをまずは意識して摂取してみてはいかがでしょうか?
マグネシウムの多い食品はこちらから!

最近では、マグネシウムサプリメントも比較的リーズナブルでありますので、食事で摂取することが難しい方は検討してみてもいいかもしれませんね!
おすすめのマグネシウムサプリメントはこちらから!

不安になるとストレスがかかり余計に不整脈になりやすい環境になると言われていますので、改善できるようにまずは行動してみてくださいね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ