スポンサードリンク

入学式03
お子さんの小学生ご入学おめでとうございます。

「やっとかぁ・・・」という方や、「あっという間だった!」という方、それぞれ気持ちはあるかもしれませんが、まずはここまで成長してくれて感謝と言ったところでしょう!

前回までで、男の子・女の子それぞれの入学式での服装について紹介してきましたがご覧になって頂けたでしょうか?
小学生入学式で男の子の服装はどうする?
小学生入学式で女の子の服装はどうする?

お子さんの服装が決まったところで、次に母親・ママの服装はどうすればいいんだろう?

子供がいると、“自分の事は二の次”にしてしまい、あっという間に時が過ぎて直前になって焦ってしまうなんてことも多々あると思います。

そこで、今回は小学生の入学式で母親・ママの服装について、年代別でおすすめを紹介していこうと思います。

子供がいると中々オシャレが出来ないかもしれませんが、こういうイベントは母親・ママにとっても久しぶりにオシャレが出来る機会かもしれませんので、参考にして見てくださいね!


20代の母親・ママなら服装は?


20代の母親・ママは“若さ”を出せる服装をテーマにしてみましょう!

例えばスカートなら、少し膝を出すでもいいかもしれませんね!

ただ、無理してスカートを穿く必要は無いですので、スカートは好きじゃない人はパンツスタイルでも十分若さをアピールしておしゃれな服装は出来ますよ!

スカートでもパンツスタイルでも、色はなるべく明るめを選ぶようにします。

これは、若さもありますが入学式は春ということもあり、華やかな印象を与えますよ!

但し、主役は子供なので気合を入れすぎると“悪い意味で目立ってしまう”ので、注意が必要です。

無難なのはグレー系ですが、思い切ってパステルカラーの薄めの色で、アクセントとして小物(コサージュ等)を付けることで、おしゃれに着こなすことが出来ますよ!

POINT:20代は“若さ”を意識して“小物”を使って明るさアピール!


30代の母親・ママなら服装は?


0代の母親・ママは“協調性”を出せる服装をテーマにしてみましょう!

20代との違いは、「若さだけでなく経験を兼ね備えている」という点をアピール出来るといいですね!

但し、経験を重視し過ぎると禁物で失敗してしまう人の多くは、“落ち着いた感じにし過ぎて”黒を中心にしてしまうと地味になってしまいます。

また、若さを少し出そうとしストッキングを柄物にしてしまうかもしれませんが、これは控えた方が良いかもしれません。

更に、20代と同じような小物で明るさを表現しようとして、派手なモノを付けるというのはNGです。

小物は、全体の中で目立ってもいいですが、あくまでも“差し色”という基準で考えましょうね!

服装としては、ワンピースだけじゃなくジャケットを合わせると大人の印象を与えてくれますので、参考にしてみてください。

POINT:“若さ”の中に“落ち着いた印象”を与えられるといいですね!


40代の母親・ママなら服装は?


40代の母親・ママは“貫禄”を出せる服装をテーマにしてみましょう!

20代・30代とは違い「経験を重ねて風格がある」という点をアピール出来るといいですね!

中には着物を着る方もいるようで、貫禄・ベテラン・風格を感じさせることはできますが、それにはある程度の覚悟も必要ですので、そこまでしなくてもいいかもしれません。

トレンドを追うことで最新のものを揃えてもいいですが、そうなると20代・30代と同じ土俵になってしまいますから、いかにトレンドを少なくしてフォーマルな着こなしが出来るか考えるのがいいかと思います。

また、お金をかければいいのか?というとそうではなく、何十万もする服装よりは、数万円で揃えられるコーディネートで、いかにオーラが出せるかを意識するといいでしょう!

入学式は明るいイメージの服装を選ぶ傾向がありますが、黒等のダーク系でも十分小物でアクセントを付けると成り立ちますよ!

POINT:20代・30代には無い経験を服装で表現しましょう!


どの年代にも共通して通用する服装はスーツ?


ここまでで、各年代別に服装の傾向について紹介してきましたが、ここからはスーツの場合の選び方を考えて行こうと思います。

小学生の入学式で母親・ママの服装として、スーツは年代別に拘らずに通用する服装だと言われています。

なぜかというと、色やデザインによってその年代毎に相応しい格好を出来るからですが、以下では具体的にどういう服装をすればいいのか紹介しておきますね!

「20代のスーツ」

20代の母親・ママのスーツは“明るいパステルカラー”がおすすめです。

例えば、春のイメージにぴったりな薄いピンク色はおしゃれで人気がありますし、入学式みたいなお祝い事にはいいのではないでしょうか?

また、このような明るい系の色を選ぶのであれば、小物・アクセサリー類は控えめにするのがいいかと思います。

【靴のおすすめ組み合わせ】
パステルカラー … 同系色でOK(ローヒールが無難です)

スカートを選ぶのであれば、“若さ”をアピールする上で、「膝が見える」くらいの丈で問題ないです。
こんなスーツはいかがでしょうか?

POINT:20代のスーツは“明るい色”で若さを出していこう!

「30代のスーツ」

20代の母親・ママのスーツは“明るい中に落ち着きを引き出せるカラー”がおすすめです。

例えば、>ベージュ系・ライトグレー系の色がいいのではないでしょうか?

【靴のおすすめ組み合わせ】
ベージュ … 同系色でOK
グレー系 … 濃い色でOK

見た目では、全然20代と変わりませんが、やっぱりその中で「若さだけじゃない!」というところを出していきたいところですね!

因みに、スカートはやっぱり20代と比較して少し長い方が無難ですので、“膝丈”くらいにするのがいいかと思います。
こんなスーツはどうでしょう?

POINT:20代との違いを出せる服装がいいでしょう!

「40代のスーツ」

40代の母親・ママのスーツは “落ち着きを引き出せるカラー”がおすすめです。

20代・30代とは違う、落ち着き・経験値を引き出せる服装がいいのではないかと思います。

黒色・紺色・ダークグレーなどは全体的に落ち着いた印象を与えてくれるカラーになります。

“少し地味かも?”と思われるかもしれませんが、そこに差し色として、コサージュ・アクセサリー等を少し大きめに明るい系にすることで、十分明るい印象になりますよ!

【靴のおすすめ組み合わせ】
濃い色 … 同系色でOK

因みに、スカートの場合には落ち着きを出すために“膝下”で膝が見えないくらいがいいかと思います。
こちらのスーツはどうでしょう?


POINT:落ち着きがある清楚な大人の女性を出せるといいですね!


まとめ


今回は、小学生の入学式で母親・ママの服装はどうすればいいのか?年代別に紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

客観的に見ておすすめ出来るのが、このような年代別の服装ですが、もちろんここで紹介した年代とは別の服装をしても問題無いと思いますよ!

また、現代の学生の親にとっては「ママ友」は情報の生命線だと思います。

周りの“ママ友”はどのような服装で来るのか?事前に情報を入手しておくことも必要だと思いますよ!

注意!主役はあくまで“子供”ということは忘れないでくださいね!

また、番外編として今回紹介した服装をお持ちでなく、改めて購入する場合には礼服はお持ちでしょうか?

もし仮に、礼服をお持ちでないならば購入を検討された方が良いかと思います。

この先、冠婚葬祭が何かと増えていく傾向になりますので、1着は持っておくのがいいでしょう!

礼服はあまり祝い事には“暗い”“オシャレじゃない”と思われがちです・・・

ですが、着こなし次第でいくらでもアレンジできますので、便利な服装かもしれませんよ!

おすすめの小物についてはこちらから探してみてくださいね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク