バレンタインやホワイトデーから派生した注目の文化は何かある?

スポンサードリンク

[バレンタイン, ホワイトデー]


ホワイトデーはバレンタインから派生した日本で出来た文化だって知ってましたか?

バレンタインにチョコを渡したり、ホワイトデーのお返しにキャンディーを渡したりというのは、日本で考えられたイベントなのです。

但し、全て何の根拠も無く2月14日と3月14日にこのイベントがなったわけではなく、ローマ時代の古くからの風習を日本風にアレンジして、日本の文化として伝わったと言われています。
バレンタインの詳しくはこちらの記事にありますよ!
ホワイトデーの詳しくはこちらの記事にありますよ!

バレンタイン=女性からの告白、ホワイトデー=男性からの再告白、なんて言われていますが、実はこの続きがあるのを知ってましたか?

今回は、そんなバレンタインやホワイトデーから派生した注目のイベントにはどのようなものがあるのか紹介していこうと思います。

年間イベントは多い方が楽しいと思いますので、この記事を参考にして頂きあなたの毎年の恒例イベントのひとつに加えてもらえると嬉しいです。


派生したイベントのオレンジデーって何?


バレンタイン⇒ホワイトデーの次に来るイベントに“オレンジデー”というのがあるのを知っていますか?

オレンジデーの日付は、4月14日とバレンタインの2月14日、ホワイトデーが3月14日ですので、オレンジデーはちょうどその一か月後になっています。

オレンジデーが正式に記念日として制定したのは、2009年の“JA全農えひめ”によって、登録されたと言われていますが、それ以前に1994年頃の柑橘類を生産している農家によって考えられたのが始まりと言われています!

バレンタインは『女性からの気持ちの伝達』ホワイトデーは『男性からの改めての告白』と言われていますが、オレンジデーにはどのようなコンセプトが設けられているのでしょうか?

実は、オレンジデーのテーマは『両想いを確かめる日』ということで、制定された記念日とされています。

オレンジ=“結婚”に関係深いものとされていて、2006年には実はディズニーランドのイベントも行われたんですよ!

ディズニーランドでは2006年以降、このイベントは行われていないようですが、ディズニーが動くという事はそれなりにちゃんとした企画なんだと思います。

POINT:これから将来的には知名度が上がれば一般的なイベントになるかも!


派生したイベントのメイストームデーって何?


バレンタイン⇒ホワイトデー⇒オレンジデーの次に来るイベントに“メイストームデー”というのがあるのを知っていますか?

今まで、バレンタイン→ホワイトデー→オレンジデーっと男女の恋愛は充実したものになっているイベントになっていますが、実は“メイストームデー”は中々過激なテーマになっています・・・

メイストームデーは、5月13日で閏年は5月12日になりますので、今まで14日に毎月開かれたイベントもここでは少し違うみたいですね!

これには、ちゃんと理由がありまして、実はバレンタイン(2月14日)から88日後が“メイストームデー”になっています。

理由としては、『八十八夜の別れ霜』という古くから日本に伝わる言葉になぞらえて考えられたからなんです!

八十八夜の別れ霜とは“立春から88日目に最後の霜が降りてから、それ以降霜とはお別れする”、つまり春になっていきますよ!っという意味の言葉です。

何となく、“別れ”という文字が入っていることから、イメージが付くかもしれませんが、“メイストームデー”は“別れ”に注目して、バレンタイン→ホワイトデー→オレンジデーといい感じで、男女の恋愛が育まれてきた中で、“別れ”を感じさせるイベントになります。

なんだか、このままだとこのイベントは必要ないんじゃないかと感じてしまう方もいるかもしれませんが、そうでもなく別れたくても別れられない人がこの日を使って別れを切り出す場合もあるみたいですね・・・

また、別れたくない人にとっては、この“バレンタインから88日”を過ぎると安心するという方もいるようなので、今では決して無下にできないイベントになりつつあると私は感じました。

POINT:バレンタインから88日経って、お互いのことがある程度分かったところで、キチンと気持ちを整理する機会かもしれませんね!


派生したイベントの恋人の日って何?


なんだか、今までいい感じで来ていたカップルの関係ですが、メイストームデーによって一気に崩された感じがしますよね・・・

ですが、安心してください実はこの流れには更に続きがあって“恋人の日”というのがあります。


“恋人の日”は6月12日ですが、メイストームデーを乗り越えたカップルは6月12日に永遠に結ばれる日として、伝わっているんですが知っていましたか?

“恋人の日”の由来は、ブラジルで伝わっている「縁結びの神」とか「女性の守護神」と言われる聖人を讃えるお祭りがきっかけと言われています!

そもそもは、恋人同士が自分の写真を入れたフォトフレームを交換し合う素敵な風習があることから、考えられたイベントとなっていますよ!
イベントを楽しむならこんなフォトフレームがおすすめですよ!

メイストームデーを乗り越えたカップルは、これを機に永遠に結ばれるという言い伝えから、“恋人の日”というのも頷けますし、お互いに今まで以上にない幸福感を与えてくれるのではないでしょうか?

POINT:“恋人の日”を幸せに迎えるためにも“メイストームデー”を何としても超えるように日頃の行いを考えましょうね!


まとめ


今回は、バレンタインやホワイトデーから派生した文化が他にあるのか?っということについて考えてきましたがいかがだったでしょうか?

今はまだ一般的ではないでしょうが、近い将来はごく普通のイベントになっているかもしれませんので、今のうちから理解して逆に今ならまだ確立されていないので、あなたらしいイベントにしてもいいかもしれませんね!

以下では、一般的に言われている一連の流れを紹介しておきますので、参考にしてみてもらえればと思います!

【それぞれのイベントの意味】

  • バレンタイン   = 女性からの気持ちを伝える

  • ホワイトデー   = 男性からの改めての告白

  • オレンジデー   = 両想いを確認しあう日

  • メイストームデー = 別れを告げる日

  • 恋人の日     = 恋人の永遠・再会を誓う日


全てのイベントを楽しもうとすると、やっぱりメイストームデーが一つの山場になってしまうので、踏ん張りどころになってしまいますが、逆にメイストームデーは“別れを告げられない”ならば、残すは恋人の日ですのでその先は明るい人生が待っているということを楽しむのもいいのではないでしょうか?

男女の恋愛は、本気であるほど難しいと私は思います!

ですが、これだけのイベントがある中であなたの色を出せるきっかけは沢山あるという事はお分かりいただけると思います。

この記事をきっかけにあなたの望む結末になることを心から応援させて頂きますので、ほんの少しの勇気を出してみてくださいね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ