スポンサードリンク

ホワイトデー04

バレンタインは日本ではチョコレートを渡すのが一般的になっていますが、ホワイトデーのお返しとして一般的なプレゼントをご存知でしょうか?

実はホワイトデーは3つのプレゼントが一般的になっているんですよ!

そしてその3つのプレゼントにはそれぞれ意味 があるようです。

要するにバレンタインでチョコレートを貰った人に対する“言葉” をお返しのプレゼントで表現しているんです!

そこで、今回はホワイトデーのお返しの定番である3つのプレゼントについて、それぞれのお返しの意味を考えて行こうと思います。

知らないと本当は“OK” の返事がしたくても“ごめんなさい” というふうに女性に勘違いされてしまいますので、そのようなことがないためにもこの記事で理解してもらえればと思います。


ホワイトデーのお返しの3つって?


ホワイトデーのお返しとして一般的なものには以下の3つがあります。

  • マシュマロ

  • クッキー

  • キャンディー

因みに、この3つが定番となったのは、“ホワイト” デーにちなんで、“白いもの” というコンセプトで選ばれていったという説もあるみたいですよ!

クッキーが白いものというのは、少し強引な気もしてしまいますが・・・

「誰が考えたの?」

ホワイトデーのお返しとして今では一般的になった、マシュマロ・クッキー・キャンディー ですが、そもそも誰が考えたのでしょうか?

そもそもホワイトデーは誰が考えたのか?っという疑問とイコールになるのですが、それについては、既に記事を書いていますのでそちらを参考にしてみてくださいね!
ホワイトデーって誰が考えたの?

ホワイトデーは日本で考えられた文化と言われており、諸説ありますがマシュマロ・クッキー・キャンディーをお返しの定番としていったのは、全国飴菓子工業協同組合によって考えられたと言われています。

もともと世界では、“クッキーデー”とか“マシュマロデー”とか呼ばれていたのもあり、それを取り入れると共に“飴”すなわちキャンディー の販売促進を目的として、“キャンディー”を入れたと考えられているみたいですよ!

ホワイトデーは全飴協によって考えられたイベントなんですね!

「いつから始めたの?」

そもそも“ホワイトデー” という言葉は日本で考えられたのですが、ホワイトデーが始まった段階で、当初は“キャンディー”のみだったようですがそこから全飴協によって、クッキーとマシュマロが加わえられたと言われています。
詳しいホワイトデーの歴史についてはこちら

日本では1980年3月14日に、正式に第1回のホワイトデーとして銀座三越で、販売されたのは“キャンディー”のみだったことから、その時点ではクッキーやマシュマロはホワイトデーの定番とは考えられていなかったようですね!

ホワイトデーのお返しの定番:マシュマロ・クッキー・キャンディー
ホワイトデーという名前:ホワイト=“純潔” というイメージから付けられた


ホワイトデーのお返し3つの意味は?


マシュマロ・クッキー・キャンディーのお返しにはそれぞれどのような意味がこめられているのでしょうか?

これを知らないと、自分の想いを女性に勘違いされる可能性がありますので、必ず理解しておいてくださいね!

因みに、お返しの意味を考えたのは定かではありませんが、広告を大々的にしていた段階で、このようなイメージが刷り込まれてきた のだと私は考えています。

○マシュマロの意味は?

ホワイトデーのお返しでマシュマロを渡すということは、その女性の事が・・・
「嫌い!」 とか「好きじゃない!」 という意味を表しているんです。

これってすごいですよね・・・

わざわざ「嫌い!」という意味のあるプレゼントを渡す人はいるのかと思います。

そもそもバレンタインで、女性から男性への想いを伝えられた形が本来ですから、それにキチンとお返しをするという意味では、「嫌い!」という意味のあるプレゼントを考える必要があったのでしょう。

○クッキーの意味は?

ホワイトデーのお返しでクッキーを渡すということは、その女性の事が・・・
「友達!」 とか「親友!」 という意味を表しているんです。

つまり、今の関係を維持していこうという返事になるわけですから、貰った女性としては複雑な心境になってしまうかもしれませんね・・・

ですが、例えば好きじゃない人からバレンタインに貰った場合で、どうしても断れない時なんかは、クッキーを渡しておけば現状維持出来ると考えられます。

そのため、マシュマロを渡す勇気がない“嫌い!”ってはっきり言えない人にとっては、クッキーの存在は重要になってくるのではないかと思います。

○キャンディーの意味は?

ホワイトデーのお返しでキャンディーを渡すということは、その女性の事が・・・
「好き!」 とか「付き合って下さい!」 という意味を表しているんです。

つまり、キャンディーを受け取ったらカップル成立というこということで、バレンタインに告白された人はプレゼントにキャンディーを用意して、改めて自分の気持ちを女性に伝えるということになるでしょう!

また、仮にバレンタインに貰った女性のことを興味がない人は、キャンディーを渡してしまうと女性が勘違いしてしまうかもしれませんので、注意が必要ですね!

あなたが想いを寄せる女性からもらったバレンタインのお返しとして、間違えても“マシュマロ”はプレゼントしないようにしないといけませんね!

3つのお返しの意味
マシュマロ  = 「嫌い!」
クッキー   = 「友達で!」
キャンディー = 「好き!」



まとめ


今回は、ホワイトデーの3つのお返し(マシュマロ・クッキー・キャンディー)の意味に関して、紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

バレンタインで何かしらを貰った方で、まだお返しが決まっていない場合には今回紹介した3つのうちその女性が、あなたにとってどれに当てはまるかでプレゼントを選んでみるといいでしょう!

因みに、女性はそもそもこの3つ というかキャンディーを貰って嬉しいのか?ということは他の記事で書いていますので、そちらも参考にしてみてくださいね!

また最近では、“マカロン”も定番になりつつあるようで、それのキャッチコピーは「特別な人」 ということですので、友達以上恋人未満の方なんかには“マカロン”がいいかもしれませんね!
人気がある“マカロン”を紹介しておきますね!

いずれにしても、ホワイトデーに関しては男性が女性に対して何かしらの返事をする大事な機会ですので、あなたの望みどおりに運ぶことを心から応援致します。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク