スポンサードリンク



バレンタインといえば、女性から男性へチョコを贈るイベントですよね^^

今や本命の男性へ贈るだけではなく、会社でチョコを贈る場合もあります

そこで気になるのが、一般的な相場や他の人はどんなチョコを贈っているの?ということではないでしょうか。

今回は義理チョコの相場やオススメのチョコ、さらに会社で義理チョコを贈る際の注意点について解説していきたいと思います!


会社で義理チョコの相場はいくら?



本命の彼へ贈るチョコなら多少は値の張るものをと張り切ってしまいますが・・・、

正直、会社の上司や同僚、お得意先のお客様へチョコを贈る場合はちょっと躊躇しますよね(汗)

何より、数も多くなってしまうし・・・。

そこで、皆さん義理チョコにはどれくらいの金額を出しているのでしょうか?

調べてみましたよ!

結論としては、「500円~600円」が相場のようです。

あまりにも高額なものを贈ってしまうと、ホワイトデーのお返しに何を渡せばいいの?と悩んでしまう男性もいます。

実際、主人もバレンタインに会社の女性たちにチョコを貰ってきます。

美味しくて私も家族も嬉しいのですが、お返しには何を贈ろうか?と困ってしまうことも。

それが高額になってくると、更に頭を悩ませます。

なので、贈る側にとっても貰う側にとっても、約500円が適当だと言えるでしょう。

しかし!

毎日通う会社で上司にも同じチョコを贈るのは気が引けるという、会社員ならではの悩みもあるようなんです。

それで、もっと細かく相場を調べてみると下記のような結果が出てきました!

すると・・・

部下や同僚は「500円」、上司は「1,000円」とのこと。

バレンタインにはいろいろと考えてチョコを贈っているようですね。

POINT
相場はおおむねワンコインで上司に少し値を上げることも!


人気の義理チョコをパターン別に紹介!



ここでは、上で述べたように部下・同僚へ渡す大量買いの場合と、上司に贈るすこしランクが上がったものの2つのパターンで紹介して行きます。

『部下・同僚へ贈るコスパチョコはこれ!』

まず、「会社の人数が多くて1つ1つ配るのは大変!」という女性や、「同僚や部下へ気軽に配ってしまいたい!」という女性へオススメのチョコを紹介していきましょう。

【Morozoff フェイバリット32個入り 1,620円】

お手頃な価格なのに個数も多いので、気軽に贈ることができますよ。

また、男性でもMorozoffは知っている人が多いのでネームバリューの期待も大ですね!

【有楽製菓 ブラックサンダー 20個入り 518円】

言わずと知れた有名な駄菓子ですよね!

箱買いをしておいて、配ってしまえば終わりなので、貰った相手も気を遣わずに済むため、男女共に人気だとか。