スポンサードリンク



トランス脂肪酸が含まれる食品の代表に、ショートニング・食用油があります。

ショートニングというのは、いわゆる揚げ油ですが最近マクドナルドの油に関して、取り上げられているニュースを見ました。

今回は、このマクドナルドのショートニングについて調べると共に、日常生活で日頃注意しなければいけない点を、考えていこうと思います。


ショートニングって主にどんなところで使われてる?



ショートニングって、恐らく一般的に家庭では使われていないのではないでしょうか?

そこで、多くの方が注意しなければいけないのが、『外食した時』だと考えます。

これは、トランス脂肪酸について天然由来のものより、硬化油を作る過程などで生じる人工的もののほうが良くなく、一般的にお店で使われているショートニングというのは後者のものが大半だからです。

トランス脂肪酸とはどういったもので、過剰摂取が人体に及ぼす影響についてお話ししてきました。

また、マーガリン以外にはどのような食品に多くトランス脂肪酸が含まれるのかということに関しても、以前説明させていただきましたので興味がある方はそちらもご覧ください。

⇒トランス脂肪酸が多く含まれる食品って?

そこで、今回はトランス脂肪酸を多く含む商品として代表的なショートニング・食用油についてお話させて頂きます。

特に、ショートニングを使用している私たちに身近なファストフード店での、トランス脂肪酸低減に関する取組みを調べてみましたので、参考にしてみてくださいね!

POINT
一般的にショートニングを使う外食店の時に注意が必要!


ショートニング(油)は何で出来ているの?



ショートニングってどうやって作られているものかということを、お話しする前に勘違いをしてはいけないので予め補足しておきます。

それは・・・

必ずしも、
ショートニング=トランス脂肪酸が多くて危険ではないということです。

ショートニングは、何でもトランス脂肪酸を多く含んでいて危険なので、これから一生食べないようにしてください!!っということを推奨するわけではありません。

ショートニングの中にも、トランス脂肪酸を低減している食品もありますし、トランス脂肪酸不使用のショートニングもありますので、このことは知っておいてくださいね!

では、

ここで、ショートニングとは、動物油脂・植物油脂(液体状)が主な原料で、それに水素を付加させて練り合わせて(固体状)製造された食用油脂のことを言います。

つまり、ショートニングに含まれるトランス脂肪酸は、先ほどお話しした天然か人工かでいうと、油脂を加工する段階で生じる人工的なものと言えますね!

POINT
ショートニングを一概に危険なモノとして認識しないように!


マクドナルドの油ってアメリカと日本で違う?



ファストフードの王道であるマクドナルドでもショートニングが使われています。

日本マクドナルドのホームページにトランス脂肪酸に関するページが出来ていましたので、興味がある方はそちらも見てみてもいいかもしれません。

アメリカでは、トランス脂肪酸に関する人体への悪影響を懸念して、米食品医薬品局(FDA)が、2018年までに加工された食用油脂に含まれるトランス脂肪酸に関して、メーカーに対して全部撤廃しなさいという発表をしました。

これにより、米マクドナルドで使われている油は、トランス脂肪酸が含まれるショートニングオイルの使用からキャノーラブレンド食用油に変更しています。

一方、

日本マクドナルドで使われている油は、現時点でショートニングオイルを使用しています。

その為、これだけ聞くと『日本のマクドナルドは危険なんじゃないか?』と不安になるかと思います。

日本マクドナルドも、グローバルの基準に合わせショートニングの使用を制限はしているようです。

米マクドナルドと違う油を使用する理由として次の事を言っています。

  1. 現在使用しているショートニングは天然由来のものでFDAの発表した食用油脂に該当しない。

  2. 日本でも取り組みはしており、今後も適切に対応していく。


このことから、将来的には米マクドナルドで使用されている食用油に切り替わっていくことが予想されるが、日本はトランス脂肪酸摂取量が、アメリカに比べると極端に少ないことなどから、少し緩和的な措置を講じていると考えられます。

POINT
日本でも近いうちにショートニングが変更される可能性がある!


その他のファストフード店での取り組みについて



マクドナルド以外のファストフード店では何か取り組みをしているのでしょうか?

ケンタッキーフライドチキン(KFC)

米KFCは既に2007年に全店舗でトランス脂肪酸を含む調理油の使用をやめ、大豆油を使用しているようです。
一方、日本のKFCはトランス脂肪酸を半分に抑えた油を使用しているに止まってるようです。

ミスタードーナツ

2007年から全店でトランス脂肪酸を大幅に抑えた油を使用して、ミックス粉・コーティング素材などの原材料に関してもトランス脂肪酸の低減方法を研究しているようです。

スターバックス

米スターバックスは、マクドナルド・KFCと同様にトランス脂肪酸を含む食用油脂の使用をやめています。
一方、日本のスターバックスについては、特に使用を変更しているという報道はありません。

POINT
様々なファストフード点で使用を減らしていく傾向となっている!


まとめ


マクドナルドだけじゃなく、ほとんどのファストフード店でトランス脂肪酸を抑えた食用油脂を使用しているものの、全廃はしていないということがわかりました。

そこで、アメリカのFDAのような機関での指示や強制的な規制が日本にはないことから、普段から健康的な食生活を意識して生活していくように心がけて行く必要がありますね。

↓トランス脂肪酸フリーの食用油はこちらになります↓
⇒トランス脂肪酸フリーの油で健康生活はこちらから

そもそも日本は、アメリカより資質の摂取量が少ないということもありますが、過剰摂取に注意して個々にセルフ管理していくことが重要のようです。

特に、小さなお子さんをお持ちの方は、日頃から気にしているかと思いますが、バランスを気にかけていきましょうね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク