スポンサードリンク



どうせ飼うなら人とは違った珍しいペットを飼ってみたい。

生き物はおもちゃではありませんので、珍しいからという理由で生き物を消費する点に関しては感心しない方も多いでしょう。

しかしながら、

ペットとして魅力があるからこそ研究が進み、繁殖や養殖などの保護活動が行われると言う好事例もいくつかあるのです。

そこで今回は、珍しい動物をペットにしたい!ワシントン条約対象の動物は飼えない?と題しまして、ワシントン条約とペットの関連性についてお話ししていきます。


ワシントン条約対象の動物はペットとして飼えない?



まずワシントン条約がどういう条約なのかお話ししておきます。

簡単に言えば野生の動植物が国際取引で絶滅しないよう保護する条約で、ポイントは輸出・輸入などの国際取引を規制することです。

ですから輸出・輸入は制限されているけれど、原産国では規制されていないという動植物であれば、原産国の飼育は違法ではありません。

具体的な例ですと、海外で猫と思って育てていたらユキヒョウだったというニュースが過去にありました。

このユキヒョウはワシントン条約で一番厳しい附属書1に記載されていて、たとえ毛皮であろうとも学術目的以外での輸出・輸入は禁止されています。

ただ、原産国で飼育が禁止されているかどうかは別問題で、その国に規制がなければユキヒョウの飼育も不可能ではないということです。

もうひとつ例としては、タイのメコン川に生息するメコンオオナマズもワシントン条約の附属書1に記載されているます。

しかし、現地では食用にしたり、海外からの観光客に人気の釣りの対象魚となっていたりするのです。

(タイは敬虔な仏教徒の国ですから、命を遊びとする釣りをしない方も多いのは蛇足ですが・・・。)

スポンサードリンク


また、附属書2・3に記載されている動植物については、原産国の許可書があれば輸出・輸入が可能となっていますので、ワシントン条約の対象だから飼えないということはないのです。

POINT
ワシントン条約対象だからと言って飼えない分けではない!


ワシントン条約はどうやって取締りをしているの?



ワシントン条約の対象かどうかについて、どうやって取締りをしているのでしょうか。

輸出・輸入を取り調べるといえば空港や港の税関でしょう。

税関といえば麻薬やニセブランド商品を取り締まるイメージがありますが、ワシントン条約の対象となる動植物についての取り締まりも行っているのです。

また、日本国内で販売されているペットに関しましても、経済産業省で取り締まりを行っていまして、店頭で販売されている動物に対しても許可書の有無を確認しているのです。

また、アジアアロワナという熱帯魚についてはワシントン条約の附属書1に記載されているものの、養殖個体に限り輸出・輸入が許可されています。

さらに魚の体の中にマイクロチップを埋め込んで、合法的な個体と違法な個体の識別ができるようになっているのです。

POINT
様々な方法で違反がないか取り締まっている!


ワシントン条約対象で飼ってもいい動物はいるの?



ワシントン条約対象の動植物であっても、許可がとれていれば輸出・輸入は可能ですし、野生ではなく養殖個体であれば可能な動植物もいます。

例を挙げますと、植物ならサボテンはワシントン条約の対象となっていますが、現在は人工的に増やされたサボテンが当たり前に売られていますよね。

オウムやインコの仲間は、セキセイインコ・ホンセイインコ・コザクラインコ・オカメインコ以外は全てワシントン条約の対象なのですが、やはり人工的に増やされた鳥たちが当たり前に販売されています。

他にもキュウカンチョウやチンチラもワシントン条約の対象ながら、人口繁殖の個体が出回っていることから、珍しいとは感じないでしょう。

更に、養殖個体でなくてもワシントン条約締結前に輸入された個体であれば無許可でも取引は可能なのです。

まぁ、実際のところワシントン条約が締結されて40年ほど経ちますので、締結以前の動物となると寿命的にもオウムやオオサンショウウオくらいなものでしょうが。

(オオサンショウウオは中国もしくはアメリカ産のみで、日本産はワシントン条約だけではなく特別天然記念物としても保護対象ですので取引はできません)


野生の動植物は、環境に慣れていないことも多く、規制されるくらいに貴重なものですので、くれぐれも密輸個体の購入なんてことのないようする必要があるでしょう。

またワシントン条約に違反すれば1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金という刑が待っていますので、興味本位に手を出すにしてもリスクの方が大きいことを覚えていてください。

POINT
飼ってもいい動物はいるけどちゃんと調べてから購入すべき!


まとめ


今回は、ワシントン条約とペットについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ワシントン条約は野生の動植物の国際取引に関する条約なので、原産国の中では規制されていないこと、許可書があれば手に入る可能性があること、そして養殖個体であれば条約の対象となっていることがポイントなのです。

ただし養殖個体であってもアジアアロワナのように厳格に管理されている個体もいます。

これらはあくまで完全養殖であって(つまり養殖個体から生まれた個体であること)マイクロチップを体内に埋め込んで管理された個体に限定されています。

また、オウムやチンチラのようにワシントン条約の対象でありながらペットとして普及している動物もいますので、ワシントン条約の対象=珍しい動物とは言えないのです。

とは言え、ワシントン条約の対象となっている動植物は、野生での数が減っていることがほとんどです。

従って、絶滅の可能性が高い為に保護されているわけですから、珍しいからという理由だけでペットとすることは自制するべきでしょう。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・。

スポンサードリンク