ペットを飼おうと考えた時避けて通れないのがお金の問題です。

可愛い犬や猫を家族の一員として迎える場合、どれだけの初期費用や追加費用が発生するのか気になるところですね。

大切なペットと幸せに過ごすためにも、何にどれだけお金がかかるかを事前に知っておくことは大事です。

そこで、今回は犬、猫それぞれにかかる費用について、順を追ってご紹介したいと思います。


犬や猫を迎える際に発生する初期費用を教えて!



知人などから無償で譲り受けるといったケースを除き、犬や猫を迎え入れる際に必ずかかります。

例えば、ペットショップやブリーダーから迎える場合は平均30万円くらい、保護犬・保護猫から迎える場合は平均5万円ほどかかることが多いようです。

ペットショップで可愛い子犬や子猫がいても、一発で決めて衝動買いしてしまうのはお勧め出来ません。

まずはショップへ何度か足を運び、スタッフとのやり取りを通して、信頼出来るショップかどうか自分の目で確かめることが大切です。

詳しい質問をすると曖昧に返されたり、話をすぐ購入にもっていこうとするスタッフや、作業が雑なスタッフがいるショップは要注意です。

ブリーダーから購入する場合も見学OKの相手方なら安心でしょう。

希望する犬種や猫種を取り扱っている先に電話で問合せをしてみて「見学不可、インターネット上の写真を見て連絡してほしい」などといった回答をするブリーダーは要注意です。

良心的なショップやブリーダー、保護団体との出会いの中で、良い迎え入れが出来るといいですね。

POINT
まずは購入する先を慎重に選ぶ必要がありそうです。


猫を飼っていてお金がかかることを教えて!



猫の飼育費用はどれくらいかかるのでしょうか。

飼い始めは、フードボウルやトイレ、ケージといった基本的なものが必要になります。

その後、定期的な出費として、フード、トイレの猫砂が必要になり、時にはおもちゃを購入することもあるでしょう。

また、病気や怪我の急な医療費が発生しますので、万が一のことを考えて保険に入るとなれば、保険料も発生します。

金額的な目安ですが、アニコム損害保険会社が調査したところによると、猫の飼育費用の平均支出額の合計は、16万3447円となっています。

その中で一番大きな割合を占めているのが「フード・おやつ代」で平均4万1503円、次いで「病気や怪我の治療費」が平均3万5016円、そして「ペット保険料」が平均3万944円となっており、平均総支出額におけるトップ3となっています。

猫は犬に比べると、毎日の散歩が必要なかったり、お風呂に頻繁に入れなくても大丈夫であったり、トイレを覚えるのが比較的早いなど、飼いやすいと感じる方も多いようです。

ただ、犬にはない爪とぎの習性があり、対策をしないと家中ボロボロになりますから、そういった面での対策費用、また去勢や避妊手術費も必要となります。

猫の可愛らしさや癒しを日々満喫するためには経済面のクリアが欠かせないといえます。

POINT
通常はペットフードが飼育費用の1番掛かる項目になる!


犬を飼っていてお金がかかることを教えて!



では犬の飼育費用はどれくらいかかるのでしょうか。

ケージやリード、食器をはじめ、飼い犬の登録やワクチンの接種など、飼育当初はいろいろなものを用意する必要があります。

定期的に発生するのは、猫同様、フードやトイレシートなどの日用品です。

それ以外にも、医療費や保険料、ドッグランなどの施設料、トリミングなどの料金も発生します。

アニコム損害保険会社の調査によれば、犬の飼育における支出額が最も多いのが「病気や怪我の治療費」で平均5万7129円、次いで多いのが「フード・おやつ代」で平均4万9994円、続いて「シャンプー・トリミング・カット料」が平均4万5718円となっています。

ペットの年齢や体調の変化に合わせ、フードやサプリなどに気を遣ったり、一緒に出掛けやすいようにシャンプーやトリミング、洋服に費用をあてる飼い主ほど、支出額は増加するようです。

また犬種によってかかる費用に違いがあり、たとえばレトリーバーのような大型犬の場合はペットフード代がかかります。

一方、ミニチュアダックスフントのような特有の体格の犬種は椎間板ヘルニアなどの治療費、トイプードルのようにこまめにトリミングが必要な犬種の場合は、ペットサロン費が高くなる傾向があります。

人と一緒に生活することで、家具を壊したり汚したり、他人の所有物を壊したり汚してしまったり、といった経済的ダメージも考えられるでしょう。

犬種によって違いがあるものの、犬が生涯を終えるまでに残す損害額は数万から十数万にのぼるともいわれています。

しかし犬を飼うことはデメリットばかりではありません。

一部の室内小型犬を除いて、ほとんどの犬種は毎日のお散歩が必要です。

そのため、必然的に飼い主も外に出て運動する習慣が出来、自然と健康になるという大きなメリットがあります。

また、お散歩を通じて人とコミュニケーションする機会が飛躍的に増えると言われており、高齢者が犬を飼うメリットの一つとして挙げられています。

温かくフレンドリーな犬は猫とはまた違った癒しや安らぎをもたらしてくれる大切な家族になってくれます。

犬を飼う、ということは、お金に換えられないメリットを得る、ということなのではないでしょうか。

POINT
犬の支出に関しては犬種によって違いがあり一概に言えない!


犬と猫ではどっちがお金がかかるの?



最近では、飼い主が健康に気づかって飼うことで長生きするペットが増えています。

そのため、犬も猫も、年齢が上がるにつれ病院にかかる回数が増えたり、治療費の増加は避けられないかもしれません。

平均的な数字をみる限り、猫よりも犬の総支出額が大きいといえそうですが、実際の飼い方によってかなり差が生じるものと考えた方がよいでしょう。

いずれにしても、自分や家族が、ペットにどれだけの費用や手間をかけられるかを検討して、後悔のない選択をしたいものです。

POINT
飼い主がどの程度にするかによって一概に費用の比較はできない!


まとめ


ペットは人の生活に喜びや癒しをもたらしてくれる素晴らしい存在です。

しかし生き物を飼う以上お金は必ずかかりますので、愛犬、愛猫との健康で幸せな暮らしを願うならば、予め必要な経費を念頭においた上で、責任をもって大切に飼ってあげて下さいね。

なんだかお金の話になると暗くなってしまいますが、どちらにしても癒しを与えてくれるのは事実です。

生涯を共に過ごすペットですので、慎重に選ぶ必要もありますが得られるものも沢山ありますので、諦めずに頑張りましょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・