スポンサードリンク



お掃除ロボットといえば何と言ってもルンバですね。

本当にきれいになるの?日本の狭い家には合わないのでは?そんな話も今は昔。

さまざまなメーカーからお掃除ロボットが発売されて、今やロボット掃除機は家電のひとつのカテゴリーになっています。

そんなロボット掃除機の先駆けのルンバですが、ルンバ以外のロボット掃除機にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、ルンバだけではないロボット掃除機についてお話ししていきます。


お掃除ロボットの王道はルンバなの?



ロボット掃除機の先駆けといえばルンバですが、今や日本のメーカーもこぞってロボット掃除機を販売するようになりました。

それでもルンバがロボット掃除機の王道・・・ではあると言わざる負えないでしょう。

現時点にシェア率第1位はiRobotルンバです。

もちろん一種類ではなくシリーズの累計になるのですが、さすがといえます。

ただ、

現在はルンバのような吸い込み型の掃除機だけでなく、拭き掃除ができるロボット掃除機が登場しているのです。

そこで次の項目では、吸い上げ掃除機と拭き上げ掃除機、それぞれで人気のロボット掃除機をご紹介していきます。

POINT
王道と言われたら今のところやっぱりルンバ!


お掃除ロボットの吸い上げ掃除機で人気なのは?



やはりお掃除ロボットの先駆けであるルンバが強く、ルンバ980が人気です。

エアロフォースクリーニングシステムという独自技術を搭載して、従来の吸引力がなんと10倍になっています。

そう、一口にルンバといってもいくつかの種類が出ていまして、このルンバ980は上位機種にあたるのですが、それでも人気ということは、やっぱりロボット掃除機は富裕層の物なんだなんて寂しい見方をしてしまいます。

因みに、このルンバ980を含む900シリーズは大体10万円前後となっています。

もちろんそれに匹敵する性能を兼ね備えているのですが・・・、っと一般人には思ってしまうところでしょう。

ルンバ以外であれば、パナソニックから出ているRULOが人気です。

フィルター掃除が片手で簡単に出来るということが人気のポイントで、手間を掛けられない方の為のロボット掃除機なのですから、お手入れも簡単な方が良いですね。

ゴミ捨ての手間を最大限まで省いているのが、東芝から出ているトルネオロボです。

なんと、1ケ月分のゴミを溜めておくことが出来るダストボックスが充電場所に設置されているのです。

POINT
ルンバ以外にも各種メーカーから次々と出されている!


お掃除ロボットの拭き上げ掃除機で人気なのは?



お掃除ロボットのなかでも、拭き掃除が出来るタイプも登場し、フローリング床の家庭には重宝する存在になっています。

そんな拭き上げタイプの掃除機でもルンバを開発したiRobot社の商品は人気で、ブラーバが拭き上げ掃除での人気を獲得しています。

モップでの乾拭きだけでなく、水を噴出して拭きあげるという本格的な拭き掃除ができるという点で、フローリング床をピカピカにしてくれる優れものなのです。

まだまだ機種の少ない拭き上げ掃除機の中で、iRobot社に対抗しているのがエコバックス社です。

そのうちECOVACS DEEBOTという機種は、吸い込みも拭き上げも両方出来る良いとこ取りで、中国メーカーながら人気を獲得しています。

吸い込みと拭き上げではモップを交換したりといった手間はありますが、拭き上げ専用でロボット掃除機を購入するにはお金と勇気がいるという方にはおすすめできる一品です。

水拭き・乾拭きのどちらにも対応していますし吸い込みも良いので普通のロボット掃除機としても申し分はありません。

POINT
最近では吹き掃除もしてくれるロボット掃除機が人気!


まとめ


今回は、人気のお掃除ロボットについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

やはりお掃除ロボットの人気は不動のルンバなのですね。

ただ、日本メーカーもロボット掃除機を販売していて、ゴミ捨てが手軽になっていたり、1ケ月もゴミ捨て不要の機種があったりと、それぞれの特徴がありますので選んでみてください。

また、拭き掃除もできるロボット掃除機も発売されていて、そこでもルンバと同じiRobot社製のブラーバが、水を噴出してモップで拭き取るという本格的な拭き掃除ができると言う点で人気となっています。

他にはECOVACS DEEBOTが、吸い込みも拭き上げもどちらもできることから、幅広い人気となっています。

空いた時間で何をしようと考えるとワクワクしてしまいますね^^

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク