スポンサードリンク



トランス脂肪酸って、最近よく耳にするけど何なのか具体的になんなのか分からない人すごく多い気がします。

そこで、今回は、トランス脂肪酸とは何なのか調べてみました。

今後の食材選びの参考にして貰えたら嬉しいです。


トランス脂肪酸って何?



そもそも、トランス脂肪酸って何なのか?トランス脂肪酸についてその危険性を調べました。

まず、トランス脂肪酸とはそもそも天然由来のものとして、牛肉・牛脂・乳製品にも含まれているので、トランス脂肪酸を全くとらずに生活することは難しいということを始めに説明しておきます。

天然由来のもの以外にも、硬化油を製造する過程で発生するためマーガリン・ショートニング等にもトランス脂肪酸が含まれています。

硬化油・・・液体の油脂に水素付加をすることで常温でも固形化した油脂のこと。

スポンサードリンク

要するに、液体の油を固形にするために水素を加える過程でトランス脂肪酸が発生しちゃうと言うことですね!

一見すると、トランス脂肪酸について危険性を感じないように思えます。

但し・・・

天然由来のものに含まれるトランス脂肪酸については、微量のため影響が少ないと言われていますが、人工的に作られたものに関しては注意が必要なんです。

以下、具体的にお話ししていきます。

POINT
トランス脂肪酸を取らずに日常生活を送ることは難しいと言える!


マーガリンの作り方って知ってますか?



トランス脂肪酸について、なんとなくわかったところで次にマーガリンについて見ていきましょう。

マーガリンがどうやって作られているかご存知でしょうか?

これが分かれば、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が天然由来か人工的に作られたものかがわかります。

マーガリンは植物や魚の油脂から出来ていて、これらの原材料は常温の時はただの液体です。その為これに水素付加させて作られています。

従って、マーガリンには人工的に作られたトランス脂肪酸が、含まれているということがお分かりいただけたでしょうか?

因みに、良く比較に挙げられるバターは牛乳から特定の成分を集めて作られている為、人工的なトランス脂肪酸は含まれていませんが、乳製品であることから天然由来のトランス脂肪酸は含まれているということになります。

POINT
マーガリンには人工的に作られたトランス脂肪酸が含まれている!


過剰摂取することによる人的な影響とは?



次に、トランス脂肪酸の含有量が多いマーガリンを過剰摂取すると、人体にどのような影響が出るのでしょうか?

トランス脂肪酸を過剰摂取すると、コレステロール値に影響を与えると言われています。

具体的には悪玉コレステロールを増加させるだけじゃなくて、善玉コレステロールを減少させてしまう危険性があります。

これにより、症状としては狭心症・心筋梗塞などの心疾患のリスクが高まることが挙げられます。

余談ですが、マーガリンがプラスチックじゃないかという噂があるようですが、先程の作り方を読んでもらえばお分かりの通り、プラスチックではありません。

この噂は、マーガリンの英語表記「plastic margarine」を見て勘違いしてしまったことが考えられます。

“plastic”には、”可塑性”という意味があり「可塑性のあるマーガリン」ということなので、固形の状態という意味でつけられているだけですので、いわゆるプラスチックという意味じゃありませんので間違わないでくださいね。

POINT
トランス脂肪酸の過剰摂取は控えるようにすべき!


まとめ


マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が危険なのかというと、過剰に摂取することは心疾患のリスクが高まるので危険と言っていいでしょう。

しかし、微量を食べる程度であれば問題ないと考えられます。

また、トランス脂肪酸には天然由来のものと、人工的に作られたものがあり人工的なものに注意が必要ということがわかりましたね!

米食品医薬品局(FDA)は、人工的に加工された食品油脂に含まれるトランス脂肪酸について、食品メーカーに対して2018年までに全廃するように指示する発表をしています。

アメリカと日本では摂取量が違うとは言うものの、やはり人工的に作られた硬化油等については使用を抑えるように心がけましょう!

参考まで、WHO(世界保健機関)とFAD(食糧農業機関)ではトランス脂肪酸に関して、最大でも一日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告しています。

【総エネルギー摂取量の計算】
①標準体重を計算します。
男子:身長(m)×身長(m)×22
女子:身長(m)×身長(m)×21

※(身長例)160cm=1.6m

②1日の総エネルギー摂取量の計算をする。
1日の総エネルギー摂取量=体重1KG当たりの仕事量(kcal)×標準体重(kg) 

これが総エネルギー摂取量で、仕事量には普段の労働をイメージし、30~35kcalを入れると算出出来ます。

つまりトランス脂肪酸は、この数値の1%未満をイメージしていただけるといいということになります。

マクドナルドで使用しているショートニングは天然由来のものなので、FDAの発表した規制の対象外となっているようです。

しかし、トランス脂肪酸の過剰摂取は天然由来でも良くないので、健康への影響を考慮してマクドナルドでは、バランスの良い食生活を提案しているようです。

なんだかんだ言っても、パン等にはやっぱりマーガリンがあると美味しいですから、完全に無くなってしまうのは悲しいものです。

マーガリンの天然由来のトランス脂肪酸を最小限に使用している商品なんかもありますから、参考にしてみてくださいね。

100g中0.3gに抑えられているべに花油を使用したマーガリンです^^
⇒トランス脂肪酸が少ないマーガリンはこちらから
日頃から過剰摂取には注意して、可能であれば天然由来のものを使用して、生活するように心がけていきましょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・。

スポンサードリンク