還暦のお祝いは「60歳」を迎えたことを喜ぶ、もともと長寿をお祝いする行事です。

現在では60代といえば「元気でまだまだ現役!」という印象なので長寿を祝う、というより、今までの感謝の気持ちやこれからもよろしく!という気持ちを伝える良い機会となっていますね。

そこで今回は還暦のお祝いに贈るメッセージについて様々な点を解説していきたいと思います。

「物を贈るのは気を遣ってしまう・・・」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


還暦のお祝いに贈るメッセージカードの内容で注意点は?



プレゼントを贈る際にもマナーがあるように、もちろんお祝いのメッセージの内容にもマナーがあります。

せっかく贈ったメッセージでも相手が気分を害してしまっては残念ですよね・・・

しっかり注意点を抑えて、メッセージを贈ってみましょう!

自分の言葉を使って伝えるようにしましょう

もちろんネットなどの情報を参考に文章を考えるのはOKです!

でも、

参考にする程度にしてあくまでも、『自分の気持ち』を伝えるようにした方が相手は喜んでくれます。

お年寄り扱いをしない

先述した通り還暦は長寿をお祝いする行事です。

しかし、現代の60歳は若いし元気!あまり年寄り扱いをされると、気を悪くされてしまうことも。

「いつまでも健康に」や「元気に」という表現で留めておくのがオススメですよ。

これは還暦のお祝いメッセージだけではありませんが、メッセージを作成した後は必ず一度は読み直すようにしましょう!

もし誤字脱字があった場合は、せっかく素敵なメッセージカードを贈っても残念な感じになってしまいます。

POINT
自分の気持ちを素直に伝え必ず読み返そう!


還暦のお祝いにメッセージカードは喜ばれる?



これは喜ばれますのでご心配なく!

ご自身に置き換えて考えても理解いただけると思うのですが、気持ちのこもったメッセージカードを貰うと嬉しいですよね。

ですが、もっと喜んでもらうために一工夫くわえてみましょう!

できるだけ手書きのメッセージカードを贈ろう

これは相手により事情が変わるかもしれませんが、できるだけ手書きでメッセージは書くようにするといいですね。

手書きの文字はその人の人柄が表れます。

下手だから・・・と思わず、ぜひ挑戦を!

書いている人の気持ちは字に宿るもので、丁寧に書くことが重要と言えるでしょう!

女性には還暦ではなくお誕生日という表現で

『還暦』と聞くとすごく年寄り扱いされている、と感じる女性は多くいます。

(それを嬉しく感じてくれる人もいますが・・・)


なので「還暦おめでとうございます!」ではなく、「お誕生日おめでとうございます!」という表現にしてみてはいかがですか?

お相手も大人です。

きっと理解していただけますよ!

POINT
メッセージカードは喜ばれるので渡すべきでしょう!


還暦のお祝いに贈るメッセージカードで喜ばれる文章とは?



ただ単に還暦をお祝いする言葉だけを伝えても、なかなか喜んではもらえませんよね。

相手に合ったエピソードを加えたりすると一層喜んでもらえるメッセージカードとなりますよ。

他のサイトで、具体的なメッセージの文章も紹介されているサイトが沢山ありますので、ここでは、特に紹介しません。

しかし、一番重要なことはそれらの文章を写すのではなく、自分の気持ちをきちんと伝えられるかどうかです。

例えば、お祝いする方とのエピソードなど、他の人にはまねすることが難しい話題を取り入れるなどして、メッセージを作るといいかもしれませんね!

還暦を迎える方との思い出を、思い出しながら考えてみてはいかがでしょうか?

POINT
かしこまるよりも親しみを込めた文章が喜ばれるでしょう!


まとめ


今回は還暦のお祝いに贈るメッセージの文章や贈る際の注意点などについて、お話させていただきましたが、いかがでしたか?

メッセージを贈る際は、自分ならどんな言葉をかけられると嬉しいかな…と考えながら文章を作ってみるといいかもしれませんね。

あなたの参考になれたら、とても嬉しいです。

メッセージカードに目を付けたのは凄く良いことだと思いますので、この記事を読んで頂けたのであればもう迷うことは無いかと思います。

心を込めた文章が書けることを祈っております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・