2016年4月より電力の自由化がスタートし、電気会社も選べる時代になりました!

と言ってもほとんどの方が・・・

  • ???の状態ではないでしょうか?

  • そもそも電力の自由化って何?

  • 何かお得なことがあるの?

CMなどで電話会社が電気を始めたなんてことを耳にしたり、ガスと電気を一体化なんてのもみているかもしれませんが、実際にはピンときていない人が多いでしょう。

上手く使えばお得な割に、あまり普及していないように感じる電力自由化ですが、分かりにくさがネックになっているのではないでしょうか。

そこで今回は、電力自由化についてお話ししていきます。


そもそも電力自由化ってお得なの?



そもそも電力の自由化とは何でしょう。

昔々・・・

実は電気は地域によって販売する会社が決められていて、各家庭で電力会社を選ぶということはできませんでした。

ところが2000年3月より、大規模工場やデパート、オフィスビルで電力会社を選ぶことができるようになり、新規参入の電力会社も誕生したのです。

そして2004年・2005年と電力自由化は小規模工場などにも拡大し、2016年4月からは一般家庭や商店などおいても電力会社を選ぶことができるようになったのです。

これにより電気の価格競争や新サービスなどが誕生したのですが・・・、

電気そのものに違いがない為それほど大きな価格変更もなく使用電力によってはお得と言えるのか微妙だったり、電話やガスとのセットプランだったりでかえってお得さが限定されたり分かりにくくなっているのではないでしょうか。

POINT
一般家庭には分かづらく中々普及出来きていないのが現実


電力会社以外に発電所ができるの?



2016年に自由化された電力とは小売りつまり販売です。

発電についてはすでに1995年に自由化されていますので、電力会社以外にも発電所を作って電気を供給する事が可能となっています。

記憶に新しいところと言えば太陽光発電で、一般家庭でも太陽光発電によって電気を作り、電力会社に売電できるようになっています。

売電価格が下がったことで下火になったようですが、一時期は地方の空き地が太陽光パネルで埋まってしまうこともあり、新築物件には太陽光パネルが必需品となっていました。

ですから、今回の電力自由化によって発電所が出来るというわけではなく販売に限定された部分のことなのです。

そうなると気になるのは、発電していない会社は、どうやって電力を調達しているのでしょうか。

そんな既存の電力会社以外の電気の調達方法については次の項目でお話ししていきます。

POINT
発電自体はすでに自由化されていて発電所が無くても販売可能!


電力会社以外は電気をどうやって調達するの?



今回、電力の自由化というのは販売の自由化であって、発電についてはすでに10年以上前に自由化されていることはお話ししました。

そうなると、普通に考えると発電所=販売元と言えそうですが、実はそうとは言えず販売だけを行うことも出来るんです。

では、

発電をしていない会社はどうやって電気を調達するのでしょうか。

実は電力自由化と言っても自由化されていない部分がありましてそれが送電なのです。

発電所で作られた電力は、送電線を通って各家庭に運ばれていきますが、電気を送る部分については、各家庭もしくは店舗などで違いが出てはいけないので、国が認めた企業しか送電することができません。

つまり、発電・送電・小売りの内、発電と小売りが自由化されただけで送電は決められた地方の電力会社が運営することに変わりはありません。

ですから家庭で電力会社を変えたとしても、送られてくる電力に違いはなく、従来の発電所で発電された電力が送られてくるだけなのです。

つまり、新しく参入した電力会社から電気を買ったとして、新しい電力会社は従来の送電を行っている電力会社から電気を調達するだけなのです。

そうなると、新しい電力会社は、セットプランや新規プランなど電気そのものよりも使い方や電気以外の割引などを打ち出すことになってしまうのも仕方がない状況と言えるでしょう。

POINT
発電・送電は今までの従来通りとなんら変わりがない!


まとめ


今回は、電力の自由化についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

2016年4月より、一般家庭の電力についても販売が自由化されて、電力会社を価格やサービスで選ぶ時代になりました。

しかしながら、参入した会社も従来の電力会社から電力を供給されています。

そのため、価格面というよりも、料金プランやセットプランといったサービスになっているというのが現状です。

つまり、そうしないと利益は出せないし差別化できないということです。

逆にそうしても、お得さが限定的であったり選ぶほどの魅力を感じられていないのが現状なのかもしれませんね。

発電の分野においては、バイオマス発電や洋上風力発電など新しい発電方法が台頭しつつありますので、電力の販売についても今後に期待といったところではないでしょうか。