スポンサードリンク



「毎日薬を飲んでいる」という方も意外と多いかもしれません。

風邪をひいてしまったとき、
持病があるとき、
ケガをしてしまった痛み止めとして・・・


などなど、生活のなかで何らかの不調があり薬を飲む機会は意外と多く存在します。

特に「食後」に飲む薬が多いため、そのまま食事のときの残りのお茶で薬を飲んでしまっている方も多いのでは?

しかし、一般的に薬は「水」で飲むものとされています。

では、薬を水以外で飲んだ場合なにか体に異変が起きてしまうのでしょうか?

今回は、そんな薬を飲む場合にお茶ではダメなのか?ということを考えてみようと思います。


薬はお茶で飲んだらダメなの?



「食後」服用指定の薬は、毎食後の30分以内に飲むことが一般的です。

そのため、食事で飲んでいたお茶をそのまま薬の服用に使うという方も多いというデータが実はあるようです。

しかし、原則としては、薬は「水」または「ぬるま湯」での服用が推奨されています。


それは、水やぬるま湯と薬を一緒に服用することで、胃の中で薬が溶けやすくなり、体内に吸収されやすくなるためです。

薬の本来の効果を発揮しやすいように、水やぬるま湯で薬を飲むことが推奨されています。

しかし、

「薬の服用にお茶は絶対にだめなのか?」

という疑問の答えは「NO」です。

お茶で薬を飲んでも、特に体に悪い影響はないとされています。

ただ、お茶にはタンニンという成分が含まれているので、貧血の薬である鉄剤を飲む場合、心配ならば控える方がいいでしょう。

現代は薬も進歩しているので、医師からの注意がなければお茶で服用しても問題なさそうです。

しかし、あくまでも推奨は「水」か「ぬるま湯」ということは知っておくべきで、もしお茶で飲むという場合は自己責任の元お願い致します。

POINT
お茶でも基本的には問題ないけど推奨は「水」です!


お茶以外に薬と一緒に飲んだらダメなのは?



お茶以外の飲み物で薬を飲む場合、薬の効果がなくなってしまう恐れがある飲み物も・・・。

特に以下の飲み物には注意が必要です。
  • 牛乳

  • グレープフルーツジュース

  • アルコール

  • コーヒー

  • 炭酸飲料

などは、薬を服用してから1時間以上時間をあけてから飲んだ方がいいそう。

薬の吸収を抑えてしまったり、逆に高すぎる濃度で薬を体内に循環させてしまう恐れがあります。

また、風邪のときに重宝するスポーツドリンクも、薬と一緒に飲むことは避けた方が安心です。

スポーツドリンク自体にさまざまな成分が配合されているため、薬の成分を抑えてしまうのです。

苦い薬は飲み物で味をごまかしたいですが、できるだけ味の濃い飲み物と薬は一緒に飲まないようにしたいですね。

POINT
薬の吸収を抑えたりしてしまう可能性がある飲み物もある!


正しい薬の飲み方ってあるの?



ただただ薬を服用すればいいというわけではありません。

正しい薬の飲み方を知っておきましょう。

薬の正しい飲み方で重要なのは、タイミング・量・期間をきちんと守ることが大前提となります。

まずタイミングは、食前・食後・食間・頓服などの決められた服用時間を守ることです。

これには、薬の種類によって胃に負担をかけてしまうものもあるので、服用のタイミングは注意したいものです。

また、服用の量を勝手に調整したり、服用期間を勝手に短くしてもNGです。

決して自己判断はせずに、医師の指示に従いましょう。

薬は「コップ1杯の水」での服用が望ましいとされています。

水なしや水の量が少なければ、食道を傷つけてしまったり、薬が体内に吸収されにくくなります。

POINT
自分の判断でむやみに服用方法を変更しないようにしましょう!


まとめ


決められた時間に決められた量の薬を飲むことは、時に面倒に思うこともあります。

症状が緩和してくると、さらに薬の服用が面倒になるのではないでしょうか?

しかし、薬を正しく飲まなければ、症状が長引いてしまいますます医療費がかさんでしまったり、他の症状が出てしまう恐れもあるのです。

冷蔵庫にある適当な飲み物で薬を飲んでしまうことを避けるために、ジュースや炭酸飲料の他にも、水やお茶を冷蔵庫に常備しておきたいですね。

早く症状をよくするためにも、薬の飲み方は非常に重要なのです!

「大丈夫だろう」という安易な考え方は改める必要がありますね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク