スポンサードリンク



2017年から個人型確定拠出年金の加入条件が広がって、多くの方が加入できるようになりました。

老後の資金を調達するだけでなく、今現在の税金対策にも有効な制度で、使わないなんてもったいない制度なのです。

とはいえ,

個人型確定拠出年金は、始めるまでのハードルが高く、特に書類に慣れていない方や金融関係が苦手な方だと、ついつい敬遠してしまうというのも分からなくはない話です。

ただ繰り返しになりますが、よく分からないという理由で、個人型確定拠出年金に加入しないと言うのはもったいないことです。

そこで今回は、個人型確定拠出年金の始め方についてお話ししていきます。


個人型確定拠出年金ってどんな制度?



そもそも確定拠出年金とはどのような制度なのでしょう?

確定拠出年金は、公的年金のひとつで、現在加入している年金の上乗せ部分だと考えてください。

年金の上乗せと言えば、厚生年金基金や国民年金基金があるのですが、基金と確定拠出では、年金資産が加入者全員のモノなのか、加入者個人のモノなのかという決定的な違いがあります。

年金基金では、みんなから集めた保険料を運用して、増えた分から年金を支給する仕組みなのですが、運用がうまくいかず年金の財源が足りなくなってしまえば、加入者全員の年金が減ったり支給できないといった状況に陥ってしまうのです。

一方で、

確定拠出年金の場合には、加入者個人の保険料を加入者自身で運用し、他の加入者とは財源が全く別となっています。

そのため、仮に運用に失敗した場合には、失敗した個人の年金が減ることはありますが、他の人の年金には一切影響がないのです。

もちろん、確定拠出年金の運用に成功すれば、将来貰う年金額が増えるのは言うまでもありません。

つまり、自助努力で年金を作るのが、確定拠出年金という制度なのです。

POINT
確定拠出年金は自分年金は自分で確保するというスタンス!


個人型確定拠出年金を始めるのは難しい?



そんなこんなで個人型確定拠出年金を始めたい!と思っても、はじめに躓くのが始め方です。

個人型確定拠出年金では、年金資金を管理してくれる証券会社もしくは金融機関を選ぶ必要があるのですが、証券会社に口座を持っていなければ、何のことやら分からなくなるでしょう。

この管理してくれるところを選ぶポイントは、管理費用と投資先です。

確定拠出年金では、掛金を投資して資産を増やすことが目的なのですが、金融機関によって投資先が違っていたり、管理費用や手数料が違っているので、そこを比べると良いでしょう。

と言っても、投資先については初心者にはよく分かりませんので、単純に手数料や管理費用が安いところで選んでも良いですし、大手銀行のようなネームバリューで選んでも大きな失敗にはならないでしょう。

選び方については、他の記事も参考にしてください。

管理先を決めたら、店頭もしくはホームページなどで申込書を取り寄せてください。

POINT
証券会社・金融機関を選ぶのが最大の難関と言える!


個人型確定拠出年金を始めるにはどうしたらいい?



申込書を取り寄せしましたら、あとは記入して出すだけなのですが、掛金の引き落とし口座を登録したり、マイナンバーや基礎年金番号の記入が必要となりますので、書類が苦手な方は再度躓いてしまうかもしれません。

また、現在お勤めの企業での年金加入状況によって掛金の上限が異なってくるので、フローチャートに沿ってチェックをする必要がある。

その際の注意点としまして、厚生年金と厚生年金基金が別物であるということが分かっていないと間違ってしまいます。

そもそも申し込むには、勤め先の証明が必要ですので、書き方がよく分からない場合には、勤め先の総務や労政といった部門に問い合わせると、書き方を教えてくれるでしょう。

総務や労政に問い合わせるのは申し訳ない、なんて思う方へ、自己判断で間違った書き方をした書類を後から訂正するくらいなら、初めから聞いて欲しいのが総務担当の声ですから、気にせず聞いてしまってください。

厄介な申込み書類も、勤め先で相談できるとなると、少しはハードルが低くなりませんか?

申込書を出してしまえば、あとは待つだけですが、結構時間が掛かりますので、あせらず気長に待ってください。

POINT
勤務先で相談しながら作成するのがストレスなく作成できるコツ!


まとめ


確定拠出年金の始め方についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

確定拠出年金は、他の公的年金とは違い、年金の財源が加入者個人毎に管理されていますし、個人で運用を行いますので、自己責任を除いては年金財源が破たんする心配がありません。

また、詳しくお話ができませんでしたが、掛金分だけ所得税・住民税が安くなる制度でもありますので、うまく活用すれば将来だけでなく、現在の財産形成にも効果を発揮するのです。

しかしながら、始めるには年金資産を管理するところを選んだり、書類の作成が必要だったりと、ハードルが高いと感じざるを得ません。

管理するところを選ぶ方法は別の記事で詳しくお話しするとして、どこで始めても大きな損と言う訳ではないので安心してください。

また、書類についてもそもそも勤め先の証明が必要ですので、分からなければ勤め先で書き方から教えてもらうこともできるでしょう。

まずは、一歩を踏み出す勇気を持てればあとは、流れに身を任せる感じですね^^

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク