スポンサードリンク

ディズニーリゾートに行く方で“隠れミッキー” の存在を知らない方は少ないかと思います。

ですが、恐らく“全ての隠れミッキー”の存在を把握し、場所も覚えているという方はまずいないかと思います。

そこで、今回はディズニーリゾートに密かにいる“隠れミッキー”に関する情報を紹介しようと思います。

何でわざわざ隠れているのか?一番大きいのは?等これを見て頂ければ最低限“隠れミッキー”に関する知識を得ることが出来ると思いますよ!


隠れミッキーって?


“隠れミッキー”は「ミッキーマーク」とか「ミッキーフェイス」とかも言われていますが、一般的にはミッキーマウスを模して耳と顔を丸3個で表現したマークのことですよね。

“隠れミッキー”ってどういうのか知っている方は多いと思いますが、そもそも何で出来たのか知っていますか?

“隠れミッキー”が出来たのは、ディズニーリゾートの壁画などを考えたデザイナーの遊び心 がきっかけで誕生したと言われています。

単に遊び心と言ってしまいましたが、アトラクション待ちで列に長時間並ばないといけない時でも、少しでも楽しんで待ってもらいたいというディズニー側の配慮とも言えますね!


一番大きいのは?一番小さいのは?


本来の意味からすると、少し意図が変わってきているかもしれませんが一番大きい隠れミッキーは次の2つと言われていてどっちが大きいかはわかりません。

○ディズニーシーの昼の水上ショー(レジェンド・オブ・ミシカ等)で水上バイクが作る波と言われていますが、“波”なので一瞬しか見ることが出来ません・・・

○ディズニーシーの「フォートレス・エクスプロレーション」を上空写真でみると 、ミッキー型になっていて、この中にあるレストラン“マゼランズ”の辺りが中央になります。

因みに、ディズニーランドで一番大きいのは、パーク外のピクニックエリアの形なんて言われているようです。

隠れミッキーの本質から行くと小さい隠れミッキーを見つけたいところですが、こちらも2つありどちらが小さいか不明です。

○ディズニーシーの「ポートディスカバリー駅」の待ちスペースにある“アクアトピアのポスターの中” と言われています。

○ディズニーランドの「カントリーベアシアター」のロビーにある絵にあるようで、何枚かあり星とかがミッキー型 になっているようです。


全部で何個ぐらいあるの?


「見つけた!隠れミッキーだ!!」と自分では思っても、他の人にはそうは見てもらえないとか・・・正解というものがないので正直数えようがない のはお分かりいただけるかと思います。

それ以外にも、偶発的に出来たもの、イベント期間中に限定でるもの、雨上がり限定で出るもの、キャストがその場の落ち葉を集めて故意的に作ったもの・・・等、時間や時期によることもあり無限に存在するためです。

因みに、公式な隠れミッキーは最低でも600個以上あると言われていますが、これも本当かどうか定かではありません・・・というかそれ以上あるような気がしますね・・・

数を限定できないというのも一つの楽しめるポイントだと思いますし、キャストに聞いたところ「ゲストの方がミッキーと思ったものが“隠れミッキー”です」 ということなので、自分だけの“隠れミッキー”を見つけるという気持ちの方が楽しめるかもしれませんね!


ミッキーフェイス以外にどんな種類があるの?


当初は“隠れ”に重点が置かれていた“隠れミッキー”ですが、今ではデザインとして使われているなど、単に隠れた存在ではなくなってきています。

ミッキーフェイスの形としてもいわゆる丸3個から横顔・斜め・逆さなどあるし、単にフェイス(顔)だけでなく、全身がシルエットになっている隠れミッキーも存在します。

さらに今ではミッキー以外にも“グーフィー”“ジーニー”のフェイスをシルエットとして「隠れジーニー」 とか「隠れグーフィー」 などもあります。

ただこれらは比較的大きくて目立つことが多いみたいですよ!


まとめ


今回はディズニーの“隠れミッキー”に関する情報を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

全部見つけるのは難しいということがお分かり頂けたと思いますので、あなただけのお気に入りの“隠れミッキー”を見つけていただければと思います。

因みにディズニーランドで比較的難易度が高いと言われているのは「プーさんとハニーハント」で、キーワードは“赤いパンツの洗濯物” らしいですよ。

よく見てないと中々見つけられないみたいですので、探してみてくださいね!


あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク