スポンサードリンク



「友人の一生に一度の晴れの日を余興でお祝いしたい!」

感動する余興から盛り上がる余興までたくさんありますが、余興をお願いされたときになかなかどうするか考えることは難しいものです。

特に社会人になったり家庭を持っていたりすると、友人同士が住む場所も違ってくるので、気軽に友人たちで集まることが難しいことも・・・。

そんななかで一体どのように余興を考えればいいのでしょうか?

今回は、結婚式で人気の余興・比較的準備しやすい余興のお話です!


男性の結婚式にできる簡単な余興は?



特に仕事などで集まる時間の少ない男性が余興を行う場合、どのような余興があるのでしょうか?

定番の歌で懐かしい思い出を思い出し・・・。

やっぱり定番は歌を歌う余興が多いです。

歌だと、個人的に練習したり、仕事終わりにカラオケで打ち合わせを兼ねて練習できるので、男性には特におすすめです。

なんの歌を選ぶか、式場に事前に連絡を取り、新郎新婦がBGMで使わない曲を選ぶと余興もスマートですね。

また、使わない曲で、同世代がこの曲を聞けば「あの時を思い出す!」っというのがあればいいですね!

男性ならでは!胴上げ

男性だからこそできる余興のひとつが、新郎を胴上げすること。

特に練習がなくてもできる余興ですね。

もし、友人たちと新郎の関係が学生時代の部活やサークル仲間なら、当時のユニフォームを着て胴上げしても会場が盛り上がります。

ただし、あまりに激しく胴上げをしてしまうと怪我の元になるうえ、披露宴会場は食事中でホコリが舞うことも・・・(汗)

式場に確認し、胴上げできる位置もみんなで事前に打ち合わせしましょう。

POINT
新郎との思い出を感じられるといいですね!


女性の結婚式にできる簡単な余興は?



前に出て歌やダンスを披露するのはちょっと恥ずかしい・・・。

という、女性におすすめの簡単な演出はこちらです。

手紙を朗読する(新婦の人柄を引き出そう!)

ひとりでもできる演出がこちら。

新婦に手紙を書いて、朗読しましょう。

今までの思い出や一緒に乗り越えたこと・楽しかったこと、これからのふたりへのエールなど、手紙にまとめて余興のときに発表します。

手紙を読むので、内容も覚える必要がなくて安心。

グループで行う場合、寄せ書きを新婦にその場でプレゼントしてもいいですね。

一人ずつ、一言メッセージを添えましょう。

写真を集めてスライドショーに

今はSNSが普及しているので、新婦の昔の友人と連絡を取り、当時の写真を画像で送ってもらうことも簡単な時代です。

新婦の思い出の写真を集めた、スライドショーを作ってもいいですね。

また、結婚式に来られない遠方の友人たちからも、メッセージをもらうと素敵です。

式場によってはスクリーンの使用料がかかってしまう場合もあるので、ムービーを作り始める前に式場に確認をすると安心です。

また、新郎新婦からのご両親への思い出としても、スライドショーを使う場合もあるので、その点でも予め計画を知る必要がありますね!

POINT
こちらも過去の思い出を振り返れる演出がいいでしょう!


結婚式の余興でやってはいけないことはある?



結婚式には新郎新婦をお祝いしようと、たくさんの方が集まっています。

なかには新郎新婦が普段からお世話になっている会社の上司の方・恩師・親族の方までその関係は幅広いもの。
  • 服を脱ぐ

  • 大声で走り回って暴れる

  • 下品な演出

  • 新郎新婦の過去の恋愛を暴露する演出

  • 内輪だけ盛り上がれる演出

は、避けなければいけません。

盛り上げようと会場を暴れまわると、料理を配膳しているスタッフの邪魔にもなりますから、披露宴での余興は、「食事の場」であることを忘れないようにしたいものです。

また、披露宴の進行は時間が分刻みでスケジュールを組まれています。

そのため、あまりに長すぎる余興もNG

式場の方と連絡をとり、何分くらい余興の時間が取れるかを、事前に確認しておくととてもスマートです。

POINT
場をわきまえつつ楽しみながら盛り上がれる余興を見つけよう!


まとめ


披露宴の場を盛り上げる余興を、新郎新婦から頼まれることは、とても誇れるものですが、何も「場を盛り上げるためにノリのいい演出をしなければ!」というわけではありません。

「新郎新婦に喜んでもらうためにはどうしたらいいか?」

幅広い世代に楽しんでもらうためにはどうすればいいかも、きちんと頭に入れておきたいですね。

日々の生活のなかでの余興の準備は大変ですが、新郎新婦の晴れの日を彩る、素敵な思い出になりますよ!

自分たちも楽しめるけど、場の空気をわきまえられるそんな余興が出来るといいですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク