スポンサードリンク



男性であれば床屋さんで蒸しタオルを顔にのせた経験があるでしょうが、あれって気持ちいいですよね。

女性でも蒸しタオルを使った美容法があるのですが、
「蒸しタオルがどうして美容に良いのでしょう?」

ネット上では蒸しタオルの美容法は効果がないという話もあるのですが、
「実際のところどうなのでしょう?」

個人的には気持ちいいから良いんじゃないの、なんて思ったりもするのですが、美容と健康の話となると、そんないい加減ではいけませんよね。

そこでそんな蒸しタオルの美容法と、簡単な蒸しタオルの作り方についてお話ししていきます。


蒸しタオルが美容と健康にどうしていいの?



そもそも蒸しタオルをどう使うのでしょう。

美容法というには簡単で、蒸しタオルを顔にのせて3分ほど置いておくというものです。

ポカポカと温かくて気持ちいいのですが、美容と健康にどのような効果があるのでしょう?

そんな疑問を紐解く第一歩、まずは血行の促進に関してです。

顔には細かい血管がいくつもあって、蒸しタオルで血管を温めることで血の巡りが良くなるのです。

血の巡りが良くなると、新鮮な酸素や栄養が送られてくるとともに、老廃物を送り出してくれる為、肌つやが良くなり、目の下のくまの解消にも効果を発揮します。

蒸しタオルの蒸気で毛穴が開くとも言われていますが、汗をかくほど温まれば毛穴は開くかもしれませんが、筆者としましては蒸しタオルで3分程度では期待するほど毛穴が開く効果はないと考えています。

比較的簡単に冷たくなってしまいますしね・・・。

POINT:血の巡りが良くなり老廃物を送り出して健康的な肌になるとは言えそう。


電子レンジで簡単な蒸しタオルの作り方は?



蒸しタオルで顔の血行を良くすれば、肌のターンオーバーを高める効果も期待できます。

でも、蒸しタオルを準備するのに手間がかかっては、あまりやる意味が感じられませんよね。

そこで簡単に蒸しタオルを作る方法をお教えします。

【作り方】
  • タオルを水につけて、しっかりと絞ります。

  • 絞ったままジップロックに入れて、電子レンジで500W1分ほど加熱します。

  • 火傷しないようジップロックからタオルを取り出すと、素早く広げて使いやすい大きさに折ったら蒸しタオルの完成です。

ポイントは、1000Wなど高出力で短時間にするよりも、出力を下げて長めの時間温める方が、ムラが少なくなるでしょう。

POINT:ムラが無くなるため低出力でじっくり温めるのがいい!


お風呂で簡単な蒸しタオルの作り方は?



もっと手軽に蒸しタオルを作る方法としましては、お風呂のお湯に浸けて絞るだけというのもあります。

お風呂だと顔を温めることが難しいのですが、湯船に浸かって蒸しタオルを顔にのせれば、簡単に顔を温めることができるのです。

お風呂よりも高めの45度くらいで蒸しタオルを作れば、さらに効果は高まるでしょう。

また、そのまま洗顔すれば良いので本当にお手軽ですし、サウナ感も味わえます。

ただ、蒸しタオルの前にクレンジングをしておかないと、メイクを肌に染み込ませる感じになりますし、何よりタオルが汚れます。

POINT:お風呂の中であれば冷めてもすぐに復活出来て毛穴も開けるかも!


まとめ


簡単な蒸しタオルの作り方をお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に蒸しタオルに批判的な意見も紹介しますと、毛穴が開くことで毛穴の奥に化粧が入り込んでしまうということと、油分を奪ってしまって乾燥してしまうということです。

ずっと肌につけていた化粧が、蒸しタオルで毛穴の奥に入り込むって、毛穴はそんなにしっかりとした蓋がついているわけではないですから、リキッドファンデーションや日焼け止めは初めから入り込んでしまいそうですね。

筆者個人の意見ではありますが、蒸しタオルをする前に、しっかりとクレンジングをしておけば、それほど気にすることはないと考えます。

肌の油分をとってしまうのは、普通の洗顔でもありますから、あとでしっかりと化粧水やクリームで保湿してあげれば問題ないでしょう。

蒸しタオルはレンジじゃなくてもお風呂で簡単に出来ます。

ゆっくり湯船につかってじわ~っと、温めて1日の疲れを取るのもいいかもしれせんね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク