スポンサードリンク



コンビニでおでんが登場すると、いい匂いについつい釣られて購入してしまうことも…。

夕食はおでんにしよう!と張り切って作っても、帰宅した子供が「今日はおでんかぁ…」と残念がってしまったなんてことはありませんか?

「おいしいのに子供はおでんが嫌いなの?」
「なんの具材が入っていたら子供も食べてくれるの?」


と、意外とおでんに関しての疑問はたくさん!

親子で一緒におでんを楽しむには、どうすればいいのでしょうか?

そこで、今回は子供に人気のおでんはどのようなものがあるのか調べてみましたので、参考にしてみてくださいね。


おでんを好きな子供は少ない?



あつあつがおいしいおでんですが、実は子供には結構不人気…。

大人はおいしいと感じることの多いおでんですが、なぜ子供にあまり人気がないのか?

ずばり!

「ご飯のおかずにならない」と考えている子供が多いのです!!

子供が好きなおかずや料理は、
  • カレー

  • ハンバーグ

  • から揚げなどの揚げ物

など、「白ご飯」と合う料理が多く回答に並びます。

そのため、おでんは「白ご飯には合わない」「おかずにならない」と食卓に出ると残念がる子供が多いのです。

確かに、お酒を飲む方は「おつまみ」としておでんを楽しむ方が多いですよね。

小腹が空いたときの「おやつ」としてはいいかもしれませんが、「おかず」としておでんを白ご飯に合わせたいと思う子供は残念ながら少ないようです。

POINT:子供は結構シビアでご飯との相性を考えている!


家庭でおでんを作らなくなっているの?



朝夕の風がひんやり感じられる頃にはコンビニにおでんが登場し、スーパーにもおでんの具材が並び、おでんはまさに秋冬の風物詩のようなもの。

しかし、ここ最近の家庭の食卓ではおでんはあまり見かけないのでしょうか?

実は、おでんを家庭で作るには意外とデメリットが存在します。

  • 材料費がかかってしまう

  • 煮込む時間がかかってしまう

  • 白ご飯のおかずにならないと家族からの不評

という声が意外と多いのです。

スーパーでおでんの具材がいろいろ販売されていますが、やはりたくさん具材を入れようと思うとそれなりに材料費がかかってしまうもの…。

特に練り物が多いおでんは、野菜が多い鍋とは違い、材料費が高くついてしまいます。

そして具材に味を染み込ませるには、思った以上に時間がかかるものなのです。

高い材料費を出し、時間をかけて煮込んでも家族に「ご飯のお供にならないから」と言われてしまうと、ちょっとがっかりですよね。

では、子供もおでんを楽しむことができる具材はないか見ていきましょう。

POINT:手軽に食べられるものという感覚から家で作らなくなっている!


子供に人気の具材を教えて!



おでんというと、ちくわなどの練り物が多く入っているイメージですが、やはり子供には「ご飯のお供」になる具材を入れてあげると喜びます。

~子どもに人気の具材~
  1. ウインナー

  2. 厚焼き玉子

  3. うどん

  4. ロールキャベツ

  5. シュウマイ

など、お店でのおでんではあまり見かけない具材が意外と子供には人気!

小さな子供の場合、ウインナーはタコやカニなどの形に切って入れると食べるのも楽しいですね。

ゆで玉子も人気ですが、厚焼き玉子にすると子供も食べやすくなります。

また、うどんはそのまま入れてもおいしいですが、厚揚げの巾着に入れてもOK。

巾着にはうどんの他にも、餅やハンバーグのタネを入れてもおいしいです。

練り物や根菜だけでなく、ご飯のおかずになるような食べ応えのある具材を入れると子供は喜びます。

POINT:子どもが好む食材でおでんを作れないか考えてみよう!


まとめ


せっかくのおでんがおいしい季節には、家族そろっておでんを楽しみたいものですよね。

おでんの具材に決まりはもちろんありません。

子供が好きな具材を入れてみたり、冷蔵庫に余っている野菜を入れてみたりと、具材だけで家庭によってさまざまなレパートリーができるたのしい料理です。

一緒にスーパーに買い物に行って、「どの具材をおでんに入れたらおいしそうか」を家族で話し合ってみても楽しそうですね。

「おでんには練り物」という概念にとらわれず、家庭に合ったおでんの具材を探してみましょう!

意外な具材がおでんに合って、楽しい発見になるかもしれませんよ。

子どもにとっての「おふくろの味」にそれがなったら嬉しいですね^^

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク