スポンサードリンク



平成29年1月より確定拠出年金の対象者が拡大されて、20歳から60歳未満の方のほとんどが加入できるようになりました。

  • でもそれって良いことなの?

  • そもそも確定拠出金って何?

  • 会社でかけている企業年金のことじゃないの?
ハッキリ言ってよく分からない方が、ほとんどではないでしょうか。

あなたもその一人かもしれません。

でも確定拠出年金を知らないなんてもったいない!

上手く使えば、老後の年金だけでなく、現在の税金対策にもなるのです。

そこで今回は、確定拠出年金について出来る限り分かりやすくお話ししていきます。


確定拠出年金ってそもそも何?



まずは確定拠出金って何なの?普通の年金とは違うの?

簡単に言えば、通常掛けている厚生年金や国民年金の上乗せとして企業や個人で掛けるのが確定拠出年金で、通常の年金との一番の違いは、掛けた金額がそのまま将来貰える年金の財源となることです。

また、確定拠出年金は掛け金を個人で運用するという特徴もあり、年金を自分で作るということとなっています。

年金を運用?そう聞くと驚く方もいつかもしれません。

しかし、現在、国民年金や厚生年金などの公的年金も年金積立金管理運用独立行政法人によって国内外の株式や債券を購入し運用しています。

皆さんが支払いになる掛金だけでは、少子高齢化が進むと足りなくなってしまう為、運用して増やす必要があるのです。

確定拠出年金では、そんな独立行政法人に変わり個人が運用するという制度なのです。

POINT:確定挙手年金は公的年金の上乗せとして個人が運用する年金の仕組みを言う!


個人型と企業型の違いは?



確定拠出年金は、公的年金の上乗せであり、掛金を個人が運用するという特徴の年金です。

また、将来貰える年金の金額も、今までの掛金を運用した金額によって変わることから、まさに自分で年金を作る事が出来るのです。

そんな確定拠出年金には、個人型と企業型があるのですが、それぞれの違いはどこにあるのでしょう。

一番の違いは掛金を誰が払うかで、企業型であれば当然企業が払い、個人型であれば個人が払います。

もうひとつの違いは、年金を管理する金融機関もしくは証券会社を企業型は企業が選び、個人型であれば個人で選ぶことになります。

また、個人型は年金を掛けるかどうか個人で決めることができますが、企業型の場合は社員全員が加入することになります。

POINT:個人型・企業型の違いは誰が掛金を払うのかいうだけ!


会社を辞めると年金はもらえないの?



では、企業型の確定拠出年金に加入していた場合に、途中で会社を辞めてしまうと、今まで掛けていた年金は貰えないのでしょうか。

もし、企業型の加入期間が3年未満であれば、今まで掛けていた年金は貰えない可能性が高いでしょう。(もっとも掛けていたのは会社ですが。)

しかし、企業型の加入期間が3年以上ある場合には、今までの運用資金を転職先の企業型に持ち越すことができますし、転職先に企業型年金がなくても個人型に加入して、今までの運用資金を引き継ぐことができるのです。

ですから会社を辞めても年金が貰えなくなるわけではなく、あくまでも個人の資産として扱われるのです。

ちなみに個人型でも辞めてしまうことはできるのですが、お金は企業型であろうと個人型であろうと60歳になるまで戻ってきません。

ただし掛金を払わなくても今まで払ってきた資金を運用することはできますので、運用次第では掛金なしで年金を作ることができる・・・のはチョット欲張りすぎですね。

POINT:企業型は勤務期間で貰えない可能性があるけどそれ以外基本同じ!


まとめ


確定拠出年金の個人型と企業型についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

確定拠出年金は、将来のインフレなど社会情勢の変化にも対応できますし、個人型であれば税金の優遇措置もありますので、使いようによってはお得な制度です。

今回のお話は、本当に入口のお話しで、運用方法まで考えると奥の深い制度であることが分かります。

もっとも、何より将来貰える年金資金が見えている為、年金に対する不安が感じられませんし、貯める楽しみも感じられることでしょう。

一度導入を検討してみてはいかがでしょうか?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク