スポンサードリンク



2017年1月より、今まで入れなかった公務員や主婦の方も入れるようになった個人型確定拠出年金(通称iDeCo)を知っていますか?

順調に加入者数を伸ばしながらも、よく分からない、関係ない、年金制度は信用できないと言った意見も聞こえてきます。

ただ、

上手く使えば老後の資産形成になるだけでなく、税金対策にもなる個人型確定拠出年金を知らないではもったいない!と個人的には考えています。

とは言え、実際には個人型確定拠出年金を始めるには手続きなど面倒なこともある上に、損をするかもしれないというデメリットも存在します。

また、いざ始めてみたものの、運用方法がよく分からなかったりと、思った以上にハードルが高いことは否定できません。

そこで今回は、個人型確定拠出年金の運用について、出来るだけ簡単にお話ししていきます。


確定拠出年金って投資なの?



よく分からずに個人年金と同じ感覚で、個人型確定拠出年金を始めた方がつまずくポイントがココです。

月々○○円支払うことで、掛金に応じて将来○○円貰えるというのが個人年金ですが、個人型確定拠出年金の場合には、月々○○円を投資して、儲かった金額と合わせて将来の年金が決まるというのが個人型確定拠出年金なのです。

言ってしまえば、積立の投資信託と同じなのですが、原則として60歳までは解約ができません。(支払いは止めれるけどお金は返ってこない)

さらに支払った掛金の全額が税金の控除となる為、大きな節税ができる上、投資信託で利益が出た場合には、利益に税金がかかるところ、個人型確定拠出年金では利益分は全て税金がかからないというお得な制度でもあるのです。

POINT:個人型確定拠出年金は一種の積立投資信託のようなイメージ


確定拠出年金って損も出るの?



個人型確定拠出年金は、税金がお得という話をしましたが、投資である以上は損をすることもあるでしょう。

そういった点では投資信託や株式と同じように、ある意味ギャンブルとも言えなくはないのですが、個人型確定拠出年金の場合には、投資先として定期貯金を選ぶことができます。

そのため定期貯金を選ぶことで、掛金を減らすことなく税金対策ができるでしょう。

しかしながら、頭に入れておいて欲しいのは、将来の景気動向です。

例えば個人年金で、将来的には月10万円貰えます、という契約だったとしても、将来その10万円が価値のあるものかは分かりません。

極端に言えばお金の価値が10分の1になっていて、将来の10万円では携帯代も払えない時代になっていることも考えられるのです。

ところが投資している場合であれば、景気に合わせて金額も膨らみますので、将来貰える年金額も景気に合わせて膨らむことでしょう。

つまり、投資と言えば怖い、損をすると考える方もいるでしょうが、それはあくまで短期での話であって、長期であれば大きな心配はないのです。

POINT:長期の目で見た場合の投資はリスクが低くメリットもあると言える!


確定拠出年金の簡単な運用方法を教えて!



個人型確定拠出年金を始めた方で、まずつまずくのがポートフォリオをどうするかです。

ポートフォリオというのは、資産運用の際にリスクを避ける為に投資先を分散させることなのです。

この点が、株式や投資信託の未経験者の方にとっては、何をどうしたら良いのか分からなくなってしまうでしょう。

そもそも投資信託が分からない方へ、投資信託とは各会社が皆から集めた資金を使って株なんかを買うから、儲かった分はお金を出した人に返します、でも手数料や成功報酬は貰うよ、と言う制度です。

それぞれが国内株式で儲けます、海外株式で儲けます、といったように儲け方と手数料を出していますので、それらを参考に選ぶのです。

もちろん全額を一か所に掛けるのではなく、それぞれ少しずつ掛けることができますし、途中で変えることもできますので、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

なお、筆者独断のおすすめは、国内株式30%,海外株式30%,新興国株式20%,国内債券5%,海外債権5%,貯金10%です。

勝負に出るなら債権と貯金分を新興国株式に突っ込んでも良いでしょうし、固くいくなら株式を減らして貯金を増やしても良いでしょう。

POINT:リスクを回避するポートフォリオを組むにはまずは情報を仕入れよう!


まとめ


個人型確定拠出年金の運用についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

株式や投資信託未経験の方には、年金の運用なんて混乱してしまうことでしょうが、分かってくると自分で増やせる楽しさも出てきます。

また、税金対策にもなることから、長期の資産運用としては一石二鳥のおすすめできる制度です。

運用方法についてよく分からない場合でも、ポートフォリオの一例が紹介されていますので、自分にあった運用を選べば問題ありません。

将来貰えるお金。

真剣にその時のお金を確保するために動き出してもいいかもしれませんね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク