スポンサードリンク


筋肉を効果的に鍛える為の必須アミノ酸がロイシンです。

上手く摂ることで筋トレの効率が上がるとともに、筋肉の増強にも繋がるのです。

また、ロイシンは子供のころには成長に必要な栄養素であり、パリン・イソロイシンとともに、BCAA(分枝鎖アミノ酸)と呼ばれています。

でも筋肉をつけるならプロテインでしょう?というあなた、たしかにプロテインも必要です。

しかし、ロイシンが不足してしまうとプロテインだけでは、筋トレをしても筋肉が減ってしまうこともあるんです(汗)

筋トレで筋肉が減ってしまうなんて驚きですが、ロイシンを活用することで筋肉の減少も抑えることができるのです。

そこで今回は、ロイシンを使って効果的に筋肉をつける方法についてお話ししていきます。


ロイシンは筋肉にとって重要なの?


筋肉=プロテイン、というのは正解です。

では、ロイシンは筋肉にどう影響するのでしょう。

そもそもプロテイン、いわゆるタンパク質を摂ったとしても、そのまま筋肉に変わるわけではなく、脂肪酸やアミノ酸などに細かく分解されます。

そして血液中に入り、全身に行き渡るのですが、筋トレ時のエネルギーとして使われてしまったりと、筋肉の原料以外の目的で使われるので、摂ったプロテインが全て筋肉に変わるわけではないのです。

ところがロイシンを摂っていると、ロイシンが身体にタンパク質を作るよう信号を送る為、効率よくタンパク質が作られて、筋肉へと変えることが出来るのです。

POINT:ロイシンは身体にタンパク質を作るよう信号を送る役割!


ロイシンが少ないとどういう弊害がある?


ロイシンが身体にタンパク質を作るよう信号を出していることをお話ししましたが、ロイシンが少ないとどういう弊害があるのでしょう。

筋肉はいらないからロイシンもいらないという方へ、実はロイシンは肝機能を高めてくれる役割も持っているのです。

逆にロイシンが少ないと、タンパク質が作られなかったり肝機能が低下するということで、身体が強い疲れを感じたり、重く感じてしまうでしょう。

さらにロイシンの重要な役割としてましては、筋肉の分解を抑えるというものがあります。

筋肉の分解?身体を動かす時に、エネルギーが足りないと、今ある筋肉をアミノ酸などに分解して身体を動かす為のエネルギーとして消費してしまうのです。

この筋肉の分解をオートファジー(自食)と呼ぶのですが、カロリー制限とトレーニングに失敗したボディビルダーの方でも、オートファジーにより筋肉を減らしてしまうことがあるのです。

余談ですが、東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル賞を受賞した研究テーマが、オートファジーということで耳にした方もいるのではないでしょうか。

POINT:ロイシンによって筋肉の分解を抑えオートファジーを防ぐ効果がある!


ロイシンの摂取のタイミングでベストなのはいつ?


ロイシンの役割や効果についてお話ししましたが、ではロイシンが効果を発揮するための摂取タイミングはいつでしょう。

ずばり運動前30分にロイシンを摂取するのがベストです。

ロイシンが効果を発揮するのは、摂取してから30分後ですので、運動前にロイシンなどアミノ酸を含んだスポーツドリンクを飲んでいれば、運動中の脱水症状を防げるとともに、運動時に必要なエネルギーはアミノ酸で補ってくれるのです。

そして、ロイシンがオートファジーを抑えてくれるので効果的に吸収することが出来るといえるでしょう。

そして運動後45分以内にプロテインを飲むことで、効率よく筋肉の増強ができると言えますね。

また、夜間睡眠中は当然ながら何も食べていない状態ですので、筋肉を保つには朝ロイシンを摂る必要があるのです。

朝は炭水化物中心の軽い食事になりがちでもありますので、ロイシンが不足する可能性もあります。

サプリメントだけでなく、食事からロイシンを摂るのであれば、牛乳1杯でも必要なロイシンは摂れますので、朝から重い食事は苦手という方でも良いのではないでしょうか。

POINT:運動前30分にロイシンを摂取するのが効果的と考えられる!


まとめ


今回はロイシンについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ロイシンは、筋肉増強栄養素と言われるほどに筋肉増強に関係深い栄養素です。

また、筋肉だけでなく肝機能の向上にも関わっていますので、しっかりとロイシンを摂ることで、疲れにくい身体を手に入れることもできるのです。

とはいえ、筋トレを行っている方は別として、大豆やチーズ、マグロなど良質なたんぱく質を摂っていれば、日常生活ではサプリメントに頼ることなくロイシンを摂取する事ができます。

まずは食事からしっかりと摂るような心掛けから始めてみるのがいいでしょう。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・。

スポンサードリンク