スポンサードリンク


共働きで気になるのは、配偶者の扶養に入れるかどうかではないでしょうか。

2人でバリバリ働ければいいのですが、生活費の足りない分をパートやアルバイトで稼ぐとなると、少しでも出費は抑えていきたいものです。

そんな方たちに立ちはだかるのが103万・106万・130万の壁です。

すでにパート経験の長い方なら一度は聞いたことがあるでしょうし、実際に働き方を調整して、壁を超えないようにしている方もいるでしょう。

でもどうしてこんな壁があるのでしょう、壁を超えたらどうなのでしょう。

きちんと理解していないと、思わぬ損をすることもあるのです。

そこで今回は、扶養の範囲内だといくらまで稼げるの?103万・106万・130万の壁って何?と題しまして、扶養についてお話ししていきます。


扶養の範囲内だといくらまで稼げるの?103万の壁って何?


そもそも扶養というのには、いくつか種類がありまして、最初にお話しする103万の壁は、税金の扶養のお話しです。

例えば夫が会社員だとして、妻がいる場合には年収から38万円を引いてから所得税の計算をすることができる、配偶者控除という制度があります。

ところが妻がパートで103万円を超える収入がある場合には、この配偶者控除の38万円は配偶者特別控除と名前を変えて妻の収入に応じて減らされていき、141万円を超えると配偶者特別控除はゼロになってしまいます。

少し細かく説明しますと、税金は給与所得の場合、基礎控除として38万円が、給与所得控除(働く上での経費として)が65万円の合わせて103万円までは所得税がゼロになります。

しかし、103万円を超えるとパート収入にも所得税がかかる上に、夫の税金も高くなってしまうというわけなのです。

ただ、103万を超えてかかる税金は、2人合わせて2万円程度ですので、103万の壁については、あまりこだわらないほうが良いかもしれません。


POINT:103万円の壁は税金所得税に関する控除の話が関わってくる。


扶養の範囲内だといくらまで稼げるの?130万の壁って何?


次に紹介します130万の壁は、税金ではなく健康保険の扶養のお話しです。

20歳を超えると、健康保険と年金に加入しなければいけませんが、扶養に入ることができれば、健康保険と年金の保険料を支払わなくても加入したことになるのです。

ところが年収が130万円を超えてしまうと、扶養に入れなくなってしまう為、勤め先で厚生年金や健康保険に加入しなければなりません。
(適用事業所でない場合には国民年金・国民健康保険)

130万円の収入であれば、年間に支払う保険料は18万円前後になりますから、この分の手取り収入が落ちると考えると、130万の壁は超えたくない大きな壁となるでしょう。

POINT:130万円の壁は健康保険と年金の支払いに関すること!


扶養の範囲内だといくらまで稼げるの?106万の壁って何?


最後は106万の壁ですが、こちらは2016年10月にできたばかりの新しい壁で、御存じない方も多いことでしょう。

この106万の壁も健康保険の扶養のお話しなのですが、130万の壁との違いは、ズバリ働いている会社の規模です。

従業員が500名を超える企業に勤めている場合には、130万円ではなく106万円で健康保険に加入するようになりました。

これにより、いわゆる大企業でパートをしていた主婦の方が、年間で15万円前後の保険料を負担しなければならなくなりました。

しかし、将来の年金や病気による休業時の補償がされるようになっていますので、ただただマイナスと言う訳ではありません。

とは言え、やはり手取り収入が欲しくて働いていたのに・・・と嘆いている方も多いことでしょう。

POINT:106万円の壁は大企業で働いている方に関して適用される仕組み!


まとめ


今回は、パートで稼ぐのに避けては通れない壁についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

所得税の103万の壁はそれほど気にするものではないと考えますが、社会保険が関係する106万・130万の壁は、働き方そのものに影響する大きな問題ですね。

将来の補償などを考えると、可能であれば150万円以上の収入を目指すことで、社会保険料を払っても問題ない働き方もできるでしょう。

また、会社によっては家族手当が貰える条件に、扶養家族であることがあり、その場合にも壁を超えるかどうか判断材料になるでしょう。

いずれにしても、これを知っていないと損をする可能性がありますから、ギリギリのラインの方は一度家族会議を開いて話し合ってみるのがいいかもしれませんね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク