スポンサードリンク


Uberと言えば、アプリでタクシーが手配出来たり、アプリで食事のデリバリーが出来るUberEATSがおなじみになってきています。

しかし、エリアが限定されている為、まだまだ知らない人には何ソレな感じでしょう。

Uberの特徴と言えば、手軽にアプリで頼めるところもそうですが、何より一般の登録した方がドライバーとなるところでしょう。

タクシーについては日本では免許などの関係で、ドライバーは限定されているのですが、UberEATSの配達員の方々は、登録した一般の方が行っています。

※配達員に2種免許は不要なので、一般の方という枠組みも変ですが(笑)

スマホのアプリとGPS機能を利用した手軽なサービスであるUberですが、危険性はないのでしょうか。

もし何かあった時にはどうしたら良いのでしょう。

そこで今回は、UberとUberEATSのトラブルについてお話ししていきます。


UberやUberEATSってどんな仕組み?


まず簡単にUberやUberEATSの仕組みについてお話しします。

どちらも専用のアプリをダウンロードして、利用者情報を登録しておくことで使えるサービスです。

Uberであれば、利用したい車種を選んでタップすれば、近隣にいる車が位置情報を基に迎えに来るという仕組みです。

一方のUberEATSは、利用したいレストランを選んで、ネットショッピングと同じように食べたい料理をカートに入れて注文すれば、近隣にいる配達員がレストランから料理を運んでくれるという仕組みです。

UberやUberEATSでは、ドライバーや配達員の登録情報が事前に見える上に、GPSで現在地が分かる為、待たされていても状況が分かる為にストレスが少なくなるという特徴もあります。

また、クレジットカード情報を事前に登録しておくので、現金のやり取りが無いために、お金に関するトラブルもありません。

POINT:仕組み自体はきちんとしていてトラブルのリスクは低いと言える!


Uberで何かあったら危険?


一見便利なUberですが、日本でのエリア拡大は遅れていて、海外では一般ドライバーが自家用車で乗客を乗せているのに対し、日本では一部エリアでタクシーの配車を行っているに過ぎません。

実はここにUberの危険性があり、一般ドライバーが事故を起こした場合にUber側からの補償はなく、ドライバーの自己責任となるのです。

まだ日本では一般ドライバーでの営業は白タク行為(無許可営業)として規制されていますが、普及している海外ではこういった問題が起きています。

また、登録ドライバーはUberに雇われている従業員ではなく、あくまでも個人事業主として扱われています。

そのため、車の維持費や保険料なども自己負担ですので、日本での導入は白タク行為以上にむずかしいのではないでしょうか。

POINT:利用者側よりもドライバーにリスクがあるため普及が遅れている!


UberEATSで何かあったら危険?


食事のデリバリーであるUberEATSの危険性はないのでしょうか。

Uberと違い、すでに一般登録車が多数働いていることから、いくつかの危険性が考えられるでしょう。

まず何よりも、事故に遭った時の補償がないことです。

Uber同様に配達員は個人事業主として扱われますので、配達時に交通事故に遭ったとしても、労災として扱われない可能性が高いのです。

さらに配達は自転車もしくはバイクで行われる為、車とは違い任意保険に加入していない方もいるでしょうから、大変リスクの大きいお仕事と言わざるを得ません。

それなりに収入が望めるようですが、その分車両の維持費や保険料が自己負担ということの裏返しということですね。

POINT:ドライバーとしてのリスクが大きいと言われざるを得ない。


まとめ


UberとUberEATSの危険性についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今後エリア拡大が見込まれるUberEATSですが、個人的な見解として、配達員の自己責任が大きすぎるように感じます。

事故だけでなく福利厚生など社会保障も無く、所得税の納入など自分でやらなければいけないことが多いため、会社員として働いてきた方には理解できない働き方かもしれませんね。

新しい働き方を否定するわけではありませんが、リスクをキチンと理解した上で働く必要があるでしょう。

エリアが拡大することで、問題も大きくなるでしょうから、国がどういった判断をするのか見守りたいと思います。

仕組みは凄く画期的なので、今後の発展に期待しています。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク