スポンサードリンク


日頃は高い保険料を取られて嫌だと思っていても、いざ病気で病院に行くと健康保険の大切さが分かります。

でも健康保険って会社をやめたらどうなるの?
国民健康保険(国保)に入らなきゃダメ?
それとも健康保険だけ続けられる?


若いうちならともかく、今さら健康保険に入らないという選択肢はないし、子供も扶養に入れてたりすると、なおのこと健康保険がどうなるか気になるところです。

実はこの健康保険については、知っているかいないかで、お得度が変わってくるのです。

そんな会社をやめた後の健康保険について、できるかぎり分かりやすくお話ししていきます。


会社をやめたら健康保険はどうなるの?


健康保険は、会社に入った時に加入したから会社をやめたら健康保険もやめることになるんじゃないの?

結論から言えば、その通りです。

ただし、いきなり健康保険がなくなっては困りますので、会社をやめても2年間は健康保険を継続できるのです。

この制度を任意継続というのですが、会社務めの時とは保険料が違ってきます。

会社務めの時は会社が半分保険料を払っていたのですが、会社をやめたあとの任意継続では、全額を本人が払うことになりますので、単純に会社務めの時に払っていた保険料が2倍になると思ってください。

また、任意継続せずに国保に加入することもできますが、必ず保険料を比べた上で選ぶことをおすすめします。

POINT:会社を辞めても健康保険は継続することも出来る!だけど保険料増加。


任意継続と国保だとどちらがお得?


会社をやめると、会社務めの時に加入していた健康保険の任意継続か、国保か加入する健康保険を選ばなくてはいけません。

どちらも同じじゃないの?と思うかもしれませんが、実は保険料が違ってくるのです。

具体例を挙げますと、東京都新宿区にお住いの会社員で年収400万円、奥さんは専業主婦の場合だと、任意継続の保険料は月27,748円で、国保の保険料は月28,467円と700円ほどですが、任意継続の方がお得となっています。

ところが今の条件でさらに子供さんが学生の場合ですと、任意継続の保険料は変わりませんが、国保の保険料は月31,817円に上がってしまいます。

これは健康保険の場合、扶養家族が何人いても保険料が変わらないのに対して、国保は人数によって払う金額が変わってくるからです。

ですから扶養家族がいる方であれば、任意継続の方がお得になることが多いのです。

とはいえ、健康保険は国保も含め、各自治体によって保険料が変わりますので、より確実に比べるには、役所で問い合わせてみてください。

POINT:一般的に扶養家族が多いほど任意継続にした方がお得になる!


任意継続のお得な裏技をこっそりと教えて!


会社をやめても扶養家族がいるなら任意継続がお得ということですが、さらにお得な裏技をこっそりと教えちゃいます。

健康保険の任意継続は2年間ですが、その間は払う保険料が変わりません。

一方で国保は前年度収入によって保険料が変わりますので、会社をやめた後に収入が落ちてしまえば、次の年の保険料は下がることになるのです。

じゃあ1年だけ任意継続してから国保に切り替えれば良いと思ったアナタ、残念ながら任意継続は途中でやめることができません。

そうなると、任意継続の方が2年目に損するかもしれないのです。

そこで裏ワザ、任意継続は自分からやめることはできませんが、やめさせられることはできるのです。

実は、任意継続は保険料を払わなければ、解除されてしまうのです。

任意継続を解除されてしまったら、改めて国保に入りなおせばOKですから、収入の下がった2年目には、わざと保険料を払わないという裏ワザが一番お得なのです。

ただし、この裏ワザを使うには、任意継続の申込みの時に口座振替やまとめ払いではなく、毎月振込を選んでおく必要がありますので注意してください。

POINT:2年目に任意継続ではなく国保に切り替える裏技がある!


まとめ


会社をやめたあとの健康保険についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

会社をやめた後の健康保険には、任意継続と国保のどちらかを選ぶことになるのですが、保険料が違いますので、必ず確認した上で、お得な方を選んでください。

今回は任意継続がお得でしたが、条件次第では国保の方がお得になる場合もあります。

また、病気で会社を休み、健康保険から傷病手当金を貰っている時に退職となった場合、任意継続することで傷病手当金は継続して貰えます。

そんな細かな点でも異なりますので、比較検討してください。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク