スポンサードリンク


突然ですが『Uber』ってご存知ですか?

Uber(ウーバー)は、アプリを使ってタクシーを呼べるサービスで、海外ではドライバーも登録した一般の方という画期的なサービスです。

日本ではエリアが限定されている為、まだまだ知らなくても当然かもしれませんが、世界的にはエリアを拡大しています。

今後、日本でのエリア拡大も可能性がないとは言えません。

そこで今回は、Uberのメリット・デメリットについてお話ししていきます。


Uberを使うメリットは?


Uberを使うメリットはどこにあるのでしょう?

Uberのメリットは、何と言っても便利さです。

アプリを使ってタップするだけで、位置情報を基に近くのタクシーを手配してくれます。

従って、タクシー乗り場や巡回しているタクシーを探す必要も、電話で手配する必要もないのです。

さらにアプリを通じて配車されたタクシーの位置が分かるので、待っている時のイライラも少なくなるでしょう。

また海外での話になりますが、海外のタクシーではチップが必要であったり、料金がよく分からずボッタくりにあってしまうことがあります。

しかし、Uberであれば料金が明確であり、チップも不要ということで、海外出張などで利用されるケースも増えています。

POINT:Uberは画期的で使い勝手がいいタクシーと言える!


Uberを使うデメリットは?


Uberはメリットだけでなくデメリットも存在します。

とは言え、日本ではエリアが限定されている上、プロのタクシードライバーが運転している為、アプリで呼べるという点以外には他のタクシーとそれほど違いは大きくない為、デメリットも大きくありません。

あえて言うならエリアが限定されている上に、タクシーの往来も多い地域の為、あまり便利さが感じられないところでしょうか。

しかしながら、海外では一般の方がドライバーとして登録している為に、プロのタクシードライバーの仕事が奪われてしまったり、タクシー事業としての登録免許を持たずに運営することで、営業禁止になっているところもあります。

また、登録ドライバーについても、何かあった時には自己責任になるという大きなデメリットもあるのです。

POINT:利用側には大きなデメリットは無いようにも感じられる!


Uberは今後エリア拡大される見通しがある?


2009年にアメリカで設立されて以来、急速にエリアを拡大してきたUberですが、前述の通り一般ドライバーを使うという点が各国で法律に触れる為、今後の拡大については疑問が残ります。

日本でも福岡市で試験的に一般ドライバーによるテスト運行がありましたが、国土交通省より指導が入り、テストは中止されています。

日本で自家用車をタクシーとすることは白タク行為(白ナンバータクシー)として違法行為とされています。

また、二種免許をもっていないと乗客を乗せた運転はできない為、一般ドライバーが参入することは難しいでしょう。

京都の過疎地域では、住民の足としてのUber導入が認められたものの、過疎地域であれば利用者も登録ドライバーも限られてしまう為、本来の利便性は失われてしまうでしょう。

POINT:日本での拡大は現状ではなかなか難しいと言わざるを得ない・・・。


まとめ


今回はUberのメリット・デメリットについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

アプリで手軽にタクシーを呼べる上に、海外では一般ドライバーが自家用車を活用してタクシー業務を行うという画期的なサービスがUberの特徴です。

各国でさまざまな法的問題や訴訟問題にもなっているUberではありますが、新しいビジネスモデルに一石を投じたことと、便利であるということは間違いありません。

しかしながら、日本での普及が遅れている点につきましては、法的な問題だけでなく、もとから料金が明確であったり、GPSによる配車を行っていたり、ナビシステムを導入していたりと、海外に比べ日本のタクシーのサービスレベルが高いということもあるのではないでしょうか。

では日本でのエリア拡大は無理なのかといえば、決してそうではありません。

各自動車メーカーがしのぎを削っている自動運転の技術が進めば、Uberの組み合わせによる無人タクシーの可能性もあるからです。

そんな未来を見据えての第一歩という形でUberがあるのかもしれませんね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク