スポンサードリンク


お風呂の椅子がザラザラすると思ったら、何やらカチカチした湯垢がついている。

洗剤で洗っても取れないし、ゴリゴリと削り取るのも大変だし、どうやったら簡単に落とせるの?

そもそもどうしてこんな汚れがつくの?

お風呂場はいつだって清潔にしたいのに、カチカチやヌルヌルの水垢や湯垢にカビと洗剤では取りきれない汚れでいっぱいです。

そこで今回は、お風呂の椅子につくカチカチの湯垢にスポットを当てて、きれいにする方法をお話ししていきます。


お風呂の椅子のカチカチな湯垢はどうしてできるの?


お風呂の椅子のカチカチな湯垢の原因は何なのでしょう?

実は原因は一つではなく、いくつかの原因が合わさって湯垢となっているのです。

まず一つ目の原因は、体から出る脂肪分やタンパク質、ようするに垢ですね。

当然ながら入浴時には素肌で椅子に腰かけますので、どうしても垢が付いてしまいます。

それから石鹸カス、こちらも身体を洗うときに椅子に腰かけたままだと、おしりと椅子の間に石鹸の泡が入り込み、流しきれないまま付いてしまうことがあるのです。

さらに椅子についていた水滴が乾燥すると、水滴に含まれるカルシウム分だけが残り、いわゆる水垢となってしまうのです。

体から出る垢だけでしたらお風呂用洗剤で簡単に落ちます。

しかし、石鹸カスと水垢が固まって表面をコーティングすることで、お風呂用洗剤では落ちないカチカチの湯垢になってしまうのです。

POINT:椅子のカチカチな湯垢は様々な要因によって生じてしまっている。


お風呂の椅子の湯垢を落とす方法は?


なかなか落ちない湯垢を落とすには、ヘラでこそぎ落とすという物理攻撃でも良いですが、椅子にキズが入ったり、なにより大変面倒です。

そこで二種類の洗浄成分を使用するのです。

一つ目はクエン酸、粉末が薬局で販売されていますが、ない場合にはお酢で代用してください。


クエン酸粉末を200mlの水に対して小さじ1杯程度溶かしたら、キッチンペーパーに染み込ませて椅子の湯垢に貼りつけて、1時間以上置いておきます。

次に登場しますのが、すっかり掃除でおなじみになった重曹です。

貼り付けたキッチンペーパーを取り除いたら、重曹をふりかけてスポンジで湯垢を擦ってください。

後は水で流してお掃除完了です。

簡単に説明しますと、クエン酸でカルシウム分を分解して汚れを柔らかくしたら、重曹のアルカリ成分で垢や石鹸カスを取り除くというわけです。

POINT:クエン酸・お酢と重曹を使うことで綺麗にすることが出来る!


湯垢になりにくくする日頃から気をつけることはある?


湯垢の落とし方はお話ししましたが、やはり多少の手間と時間はかかりますので、まずは湯垢がつかないようにするのが一番ですね。

湯垢がつかないようにするには、日頃からどこに気を付ければ良いのでしょうか。

簡単なのは、お風呂からあがる時に椅子についた汚れを落とすことです。

お風呂から上がる時に、椅子をシャワーで流しているという方は多いでしょうが、実は垢には油分が多く含まれていますので、シャワーで流しただけでは垢は落ちないのです。

それどころかシャワーで流したことで水滴が残ってしまい、湯垢ができる状況を作っているといえるのです。

ではどうすれば良いのかと言うと、お風呂からあがる時にお風呂用洗剤で椅子を洗った上で、水滴が残らないように拭き取ってください。

また、椅子の足にはカビや雑菌による黒ずみがつくことがありますので、足が浮くよう壁に立て掛けておくと完璧でしょう。

POINT:使用後は水滴が残らないような工夫が出来ると抑制することが出来る!


まとめ


お風呂の椅子についた湯垢についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

湯垢・水垢はお風呂掃除での天敵ですが、今回紹介しましたクエン酸と重曹を使った掃除方法は、椅子に限らず色々な場所で使えますので試してみてください。

また、お風呂掃除の後には水滴が残らないようにするのがベストで、人によってはお風呂の床から天井まで拭きあげる方もいらっしゃいます。

勿論、拭きあげることができればカビの発生も防げて良いのです。

しかし、それを毎日しようと思うと大変な負担になりますので、椅子や鏡や洗面器など湯垢・水垢がつきやすい場所だけ拭きあげて、あとは湯垢・水垢がついたら対処するということでも十分でしょう。

疲れを癒す大切な空間ですから綺麗な状態を保ちたいものですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク