スポンサードリンク


お風呂は1日の汚れと疲れを落とすところ。

なのに・・・

『お風呂場にカビが生えるなんて気持ち悪い!』

さらにカビがアレルギーの原因にもなることがあるので、絶対防ぎたいものです。

でもタイルの目地やパッキン、ちょっと奮発して買ったヒノキの洗面器、色んなところに黒いカビは生えてしまいます。

毎日お風呂掃除をして、清潔にしているはずなのにカビが生えてしまう、そもそもどうしてカビは生えるのでしょう?

お風呂用洗剤ではカビは取れないし、そもそもカビが生えないようにしたい。

そこで今回は、お風呂のカビの原因と対策についてお話していきます。


お風呂のカビの原因は何?


お風呂に生えるカビの原因はなんでしょう?

カビと言えば、食べ物に生えるフサフサの毛がある姿を想像するかもしれません。

しかし、お風呂場に生える黒いシミのような汚れもれっきとしたカビの仲間なんです。

カビの種である胞子は目には見えないほど小さくて、どこにでも飛んでいますから条件さえ合えば簡単にカビは生えてくるのですね。

では、「カビが生える条件とはなんなのでしょう?」

それは・・・

気温が20度から30度、湿度が70%以上、栄養となる垢や石鹸カスがあることの3つが揃うことでカビの原因となってしまいます。

つまりお風呂場は冬でもそれなりに温かく、湿度も高いことから、カビが生えるには最適な環境ということなのです。

POINT:カビの胞子は至る所にいて条件によってカビが発生してしまう!


カビの効果的な対処法は?


生えてしまった黒いカビを取るにはどうしたらよいでしょう。

簡単なのは市販のカビ取り剤を使うことです。

でもカビにスプレーをかけても、壁などすぐに流れ落ちてしまう場所にカビが生えていることはよくあります。

そこでキッチンペーパーに染み込ませて、カビをパックしてください。

1時間ほど置いてから、水で洗い流せば完了です。

注意としては、カビ取り剤は強いアルカリ性ですから、扱うときはゴム手袋を着用し、有毒ガスが出る可能性も考えて、マスク着用と換気にも十分注意してください。

天井のカビについてはカビ取り剤をかけるのが難しいのです。

ただ、天井にはカビの栄養分が少ないことから、しつこいカビは付きにくい為、フローリングワイパーにアルコールを染み込ませて拭き上げることできれいにできるでしょう。

POINT:天井は思ったよりも簡単にきれいにすることが出来る!


カビの発生を抑える対策は?


そもそもカビの発生が抑えられたら、カビ取りの手間もありません。

そこでカビの発生を抑える掃除方法をご紹介します。

まずお風呂からあがったら、お風呂全体を冷水で流してください。

次に窓を開けて換気扇を回してしっかり換気をするとともに、可能であればタオルで水滴が残らないよう拭き取ってください。

これでカビが必要とする温度と湿度を取り去ってしまうのです。

でもこれって結構手間がかかってしまいますので、もっと簡単な方法はないのでしょうか。

実は・・・50度以上の熱湯をかけることで、カビを殺してしまうことができるのです。

毎日熱湯をかけることでカビの繁殖を抑えることができるのですが、週に1回でも十分に効果はあるでしょう。

また、天井については熱湯をかけることが難しいので、先程お話ししましたアルコールで拭く方法を週に1回することでカビを抑えることが出来るのです。

それでも面倒だという方には、銀イオンを使用した燻蒸剤もありますので、これだと2ヶ月に1度でOKな上に、掃除しにくい天井だけでなく、浴槽の裏側までカビを防げます。

ただし、今生えているカビを取るのではなく、カビ防止ですので、一度きれいにしてから使わないと効果が実感できないでしょう。

POINT:一度綺麗にしたら今度はしっかりと対策するといいでしょう!


まとめ


今回は、お風呂のカビについてお話ししましたがいかがでしたでしょうか?

一度生えると取るのが難しく、カビ自体は死んでいるのに黒いシミだけは残ってしまうことも多いので、予防するのが一番です。

熱湯・冷水・吹き上げが毎日実践できれば、それこそカビ知らずのお風呂になるでしょうが、なかなか手間もあります。

まずは、とにかく換気!

できれば一晩中換気するようにするだけで、カビの発生は減るはずです。

なお、ご自宅がヒノキ風呂もしくはヒノキの洗面器、ヒノキのすのこを使っている場合には、白木洗いという木材専用の洗剤があります。

これで、カビだけではなく汚れもすっきりと落として白木の状態に戻すことができますのでご参考までに。

一日の疲れを癒す大切な空間ですから、綺麗に清潔感を保った場所にしておきたいものですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク