スポンサードリンク


『色の白いは七難隠す』なんて故事があるくらい、色白って憧れますよね。

最近では、化粧品にも化粧水にも美白の文字が踊っています。

そんな美白クリームの中には、メラニン色素を減らす効果がある商品もあるけれど、これって本当に安全なんでしょうか?

過去には、某大手化粧品会社の開発した美白クリームによる白斑問題もあり、デメリットが気になるところです。

それにそもそもメラニン色素を減らしてしまっても大丈夫なんでしょうか?

そこで今回は、メラニン色素を減らしてくれるクリームの安全性についてお話ししていきます。


メラニン色素を減らしてくれるクリームってどんなの?


メラニン色素と言えば、肌のシミやそばかす、色素沈着の原因となるもので、メラニン色素を減らすことで美白になれるクリームというのが実際にあります。

ではどうやってメラニン色素を減らすのかというと、メラニン色素が増えるのを抑える方法と、肌を活性化させてメラニン色素を外に出してしまう方法の二つがあるのです。

美白成分としてアルブチンとビタミンC誘導体があり、アルブチンはメラニン色素が増えるのを抑える成分で、ビタミンC誘導体は肌を活性化させてメラニン色素を外に出してしまう成分です。

アルブチンが予防効果で、ビタミンC誘導体が肌の活性化ということで、両方あっての美白効果ですね。

ところが肌の漂白剤とも呼ばれるほどに、強力な美白成分がハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、メラニン色素がつくられる細胞を弱らせて、メラニン色素を作れなくしてしまうという効果を持っています。

もうこの説明で分かるかもしれませんが、当然ながらハイドロキノンにはデメリットがあるのですが、それについては次の項目でお話ししていきます。

POINT:メラニン色素を抑えるか外に出してしまうか二つの方法がある!


メラニン色素を減らしてくれるクリームは危険?


メラニン色素を減らしてくれるハイドロキノン配合のクリームですが、効果が高い分2%の濃度までしか一般販売は認められていません。

それ以上の濃度となると、医療用としてお医者さんに処方してもらうしかないのです。

では、ハイドロキノンの何がデメリットとなっているのでしょう。

実は5%濃度のハイドロキノンは、発ガン性物質になることがヨーロッパで報告されているのです。

元々メラニン色素は、有害な紫外線から肌を守る為のものです。

従って、過剰にメラニン色素を減らしてしまえば、紫外線による肌ダメージをあがってしまうのも無理はありません。

ちなみに白斑問題の某大手化粧品は、チロシナーゼというメラニン色素に変化する酵素をメラニン色素じゃない物質に変化させて、メラニン色素を増やさないロドデノールというオリジナル成分を開発しました。

しかし、残念ながらチロシナーゼが変化した物質が肌に悪さをしてしまうという結果になってしまったのでした。

POINT:メラニン色素も体にとって必要なため減らしすぎも危険!


メラニン色素を減らしてくれるクリームで安全なのは?


ハイドロキノン配合のクリームにデメリットがあることをお話ししましたが、用法や用量さえ正しく使えば、デメリットを最小限に抑えることができるでしょう。

それでも絶対安全が良い!という方であれば、先に紹介しましたアルブチンやビタミンC誘導体が配合された美白クリームであれば、敏感肌の方にも安心して使えるでしょう。

また、メラニン色素が増える一番の原因は紫外線ですから、何よりも日焼け止めや帽子などの紫外線対策が有効です。

さらにビタミンCやL-システインなど肌に良い内服薬もありますので、身体の中から肌ケアをすることも効果があるでしょう。

POINT:アルブチンやビタミンC誘導体が配合された美白クリームが比較的いいかも!


まとめ


メラニン色素を減らす美白クリームについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ハイドロキノンは効果抜群ではありますが、その分デメリットもあります。

また、美白クリームといっても、できたシミがすぐに消えるものではありませんし、元の肌より白くなるわけではありませんので、予防として考えた方が良いでしょう。

白い肌は憧れますが、クリーム等と合わせて日頃の日焼け止めや日焼け対策もしっかり行うことを心掛けたいところですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク