スポンサードリンク


2017年より適用範囲が広がった個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)って、一体どんな制度なの?

そもそも年金なら払っているし、これ以上は払えないし・・・。

若い世代から見ると、将来年金はちゃんと貰えるの?って不安もあるでしょう、だからこそ自分で作る年金、それが個人型確定拠出年金なのです。

もう個人年金なら入っているし、という方でしたら涙目になるくらいに個人型確定拠出年金はお得な制度になっています。

何がお得なのかは読んでからのお楽しみと言うことで、個人型確定拠出年金について出来る限り簡単にお話ししていきます。

かなり省略したり言葉足らずな面もあるとは思いますが、まずは入口だと思ってご了承ください。


個人型確定拠出年金ってどういう制度なの?


まずは確定拠出年金って何なの?

拠出、つまり払う金額が決まっている年金ということで、将来貰う金額は決まっていません。

要するに確定拠出年金は、例えば月に1万円というように払う金額が決まっていて、将来貰う年金は貯まった金額に応じて支払われる年金制度です。

国民年金や厚生年金に加入している方が、上乗せとしてかける年金で、一見個人年金と同じに感じますが、掛金を投資してお金を増やすことができるのが大きな特徴で、投資信託と似たような感じになっています。

つまり、ざっくりいうと個人型確定拠出年金は、個人年金と投資信託を合わせたものということなのです。

ここで投資信託が分からない方へのざっくり説明としまして、投資信託は信託会社にお金を預けて増やしてもらうシステムで、信託会社は預けている方から成功報酬や管理費をもらうことで成り立っています。

それぞれの信託会社は、『ウチは国内の株で儲けます』『海外、それも新興国の株で儲けます』など特色を打ち出しています。

そのため内容と支払う管理費や報酬、過去の実績などを見比べてどこにお金を預ける信託会社を決めるのです。

ただ残念ながら、投資ということでお金が増えることもあれば減ることもありますので、注意してください。
(自分で行うのではなくプロが運用することにはなるのですがリスクは・・・。)

話は戻りまして、個人年金と投資信託の良いとこどり、それが個人型確定拠出年金なのです。

良いとこどりの内容は、次の項目でお話しします。

POINT:個人型確定拠出年金は掛金を運用してもらうところに特徴がある!


個人型確定拠出年金に入ると税金がお得って本当?


個人型確定拠出年金が、個人年金と投資信託の良いとこどりということですが、何が良いところなのかというと・・・ずばり税金です。

個人年金は、一年間の支払額が8万円以上で上限4万円の所得税控除が受けられます。

ちなみに所得税控除とは、税金を計算するときの収入から引いていい金額のことです。

具体的には、個人年金を8万円支払うことで税金が2千円から4千円ほど安くなるということです。

では個人型確定拠出年金の場合には、なんと1年間に支払った金額全部が所得税控除の対象となるのです。

仮に個人年金と同額の8万円だとすると、控除額は倍の8万円で、税金は4千円から8千円も安くなってしまうのです。

では投資信託と比べるとどうでしょうか。

投資信託では、儲かった分に税金がかかるので、1万円増えたとしても2千円の税金を納めなくてはいけません。

ところが個人型確定拠出年金では、いくら儲かったとしても税金を支払う必要はないのです。

つまり個人型確定拠出年金は、節税効果が高いということが分かるでしょう。

POINT:金額全部が所得税控除の対象となる点でお得と言える!


税金の手続きは?確定申告が必要?


個人型確定拠出年金の節税効果についてお話ししましたが、税金の手続きはどうなっているのでしょう。

もしかして確定申告が必要なのでしょうか。

確定申告となると、ちょっと敷居が高い感じがありますが、会社で年末調整をされている場合には確定申告は必要ありません。

10月頃に国民年金基金より支払証明が郵送されますので、年末調整の際に勤め先に提出してください。

POINT:会社勤めの方で年末調整を行う場合は確定申告は不要となる!


まとめ


個人型確定拠出年金についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

2017年7月時点での加入者は58万人を超え、増え続けています。

老後に必要な生活費が平均で月25万円のところ、夫婦2人で貰う年金の平均は月22万円と少し足りないことから、将来の為に年金を上乗せしようという方もいれば、単純に税金を減らすだけという方もいるでしょう。

個人型確定拠出年金は、始めるまでの手続きが少し面倒なものの、始めてしまえば案外簡単で、投資として考えると面白いものでもあります。

ただし、途中で止めたとしても原則として65歳になるまではお金は戻ってきませんのでご注意ください。

将来の為にお金を残すにはどうしたらいいか一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク