スポンサードリンク


筋肉増強剤と言えば、スポーツ選手がドーピングとして行うステロイド剤をイメージする方が多いのではないでしょうか。

人並外れた筋肉を手に入れて、引退後には副作用で身体がボロボロになってしまう、なんて漫画やフィクションの世界ではよく見られる展開ですよね。

今回ご紹介しますのは、そんな危険な薬ではなく、アミノ酸を配合したサプリメントのお話しです。

昨今では芸能人の方たちも筋トレに力を入れている人を多く見かけますよね!

この記事を読むことで効率的に筋肉を付けて頂けたら嬉しいです。


筋肉増強栄養剤とはどんな成分?


筋肉を無理矢理増やす筋肉増強剤は、日本では販売されていませんが、アメリカでは普通に使われている商品です。

トレーニングをしなくても筋肉がつく代わりに副作用もある為、おすすめしませんが、日本で輸入されたものを所持・使用するのは合法となっています。

それとは別に、筋肉増強栄養剤とは、アミノ酸を配合したサプリメントで、筋トレと組み合わせることで効率よく筋肉をつけることができるのです。

筋肉と言えばプロテインじゃないの?という方が多いでしょうが、プロテインはタンパク質で、タンパク質をさらに分解したものがアミノ酸なのです。

筋肉をつけたいなら肉を食べれば良いのですが、肉には脂肪も含まれているので、摂りすぎれば太ってしまいます。

そこでプロテインで効率よくタンパク質を摂ることで、太ることなく筋肉をつけようという訳です。

ところが運動せずにプロテインを取れば、やっぱり太ってしまいますし、同じタンパク質であっても大豆タンパク質などは、筋肉に変換しにくい特徴があります。

そこでタンパク質をさらに分解し、より身体に吸収されやすくしたのがアミノ酸を配合した筋肉増強栄養剤と言う訳なのです。

POINT:筋肉増強栄養剤は効率よく筋肉に栄養を取り入れるために考えられた!


ロイシンが体にどんな影響を与えるの?


タンパク質を分解したアミノ酸の中でも、ロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれる必須アミノ酸の一つで、筋トレには欠かせない成分となっています。

BCAAは身体を動かすエネルギーであり、筋肉の材料となります。

身体を動かすと、筋肉を分解してBCAAに変換してエネルギーに変えているので、先にBCAAを摂っていれば、今ある筋肉を分解することなくエネルギーを使うことが出来るのです。

また、ロイシンは疲労回復にも効果のある成分で、まさに筋トレには欠かせないと言えるでしょう。

POINT:ロイシンを積極的に摂取することが筋トレには効果抜群!


アミノ酸って他にはどんなものがあるの?


ロイシンが、筋トレに欠かせない成分であることはお話ししましたが、アミノ酸には他にどのようなものがあるのでしょう。

ロイシンと同じBCAAとしてはバリンとイソロイシンがあり、どちらも身体づくりを助けてくれるアミノ酸です。

トリプトファンは睡眠ホルモンであるメラトニンの原料になる重要なホルモンで、不足すれば不眠やうつを引き起こす可能性があります。

他にもリシン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・ヒスチジンがあり、前に紹介しましたロイシン・バリン・イソロイシン・トリプトファンと合わせた9つが必須アミノ酸と呼ばれているのです。

この必須アミノ酸は、バランスよく摂らないと効果がうまく発揮されない性質がある為、一部のアミノ酸を大量に摂ったとしても無駄になってしまうことがあります。

その為、身体づくりにはロイシンなどBCAAだけでなく、他のアミノ酸を摂ることも大切なのです。

では他のアミノ酸を摂るにはどうすれば良いのか、そこでプロテインの出番です。

プロテインには、大豆由来のタンパク質が含まれている為、植物由来のタンパク質に多く含まれるイソロイシンやリシンができ、牛乳由来の動物性たんぱく質からロイシンなど身体づくりに欠かせないアミノ酸が摂れるのです。

つまり、筋肉増強栄養剤は、今ある筋肉を守りつつ効率の良いエネルギー源として活用し、プロテインで筋肉をつけることが、筋肉増強の近道だということなのです。

POINT:必須アミノ酸9つ全てをバランス良く摂取することが重要と考えられる!


まとめ


筋肉増強栄養剤についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

サプリメントとして手軽にロイシンといったアミノ酸が摂れ、プロテインと組み合わせることで筋肉を増強させることができます。

ただし、あくまでも筋トレを行うことが条件で、ただ筋肉増強栄養剤とプロテインを摂取するだけでは、筋肉どころか太ってしまいますのでご注意ください。

筋肉に関して正しい知識を持って、効果的に筋肉をつけていきましょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク