スポンサードリンク


帝王切開という言葉はよく聞くけれど、「予定帝王切開」は初めて聞いたという方も意外と多いものです。

一般的な自然分娩の他にも、胎児や母体を守るためにさまざまな出産方法があります。

そのひとつが「予定帝王切開」です。

では、予定帝王切開とはどのような出産方法なのかを見ていきましょう。


予定帝王切開とはどのような状況なの?


一般的に母体・胎児ともに問題がなければ、「経膣分娩」という一般的な自然分娩での出産方法が選択されます。

出産中に母体や胎児になにかトラブルがあったり、医師が判断した状態での緊急帝王切開とは違い、予定帝王切開とは出産前にあらかじめ「帝王切開での出産」が決まることを言います。


例えば、以下のような状況の時になる可能性があると言われています。

  • 胎児が頭を上にした「逆子」の状態のとき

  • 双子や三つ子などの多胎妊娠のとき

  • 胎児の頭が母体の骨盤より大きく、自然分娩が難しいとき

  • 胎盤が子宮の入り口を塞ぐ前置胎盤のとき

  • 前回の出産時に帝王切開だったとき

  • 子宮筋腫・感染症など母体に疾患があるとき


など、妊娠中に何らかの理由で自然分娩が難しい状態と検診でわかった場合、あらかじめ手術日を決めて計画的に帝王切開で出産をするのです。

もちろん、母体と胎児を守るための出産方法です。

POINT:母体と胎児を守るために前もって帝王切開で行うことが決まることを言う。


予定帝王切開はリスクがあるの?


母体や胎児の状態により、全身麻酔か部分麻酔かはその人のお産によりますが、麻酔を使用してお腹を切開する手術になります。

そのため、経膣分娩で出産した方より母体の回復に時間がかかり、長い入院期間になる傾向があります。

経過によっては長時間ベッドに横たわることにもなりかねないので、肺血栓塞栓症のリスクは自然分娩の方より高まってしまう恐れがあります。

また、次回の妊娠時に前置胎盤になりやすくなる恐れもあります。

生まれてきた赤ちゃん側には、肺に羊水が残ってしまうこともありますが、通常問題なければ2~3日で治まることがほとんどのようです。

いずれにしても、きちんと事前に病院側から予定帝王切開についての説明があるので、できれば家族で医師の話を聞き、気になる点は聞いておくことが安心ですね。

POINT:何らかの問題を抱えている可能性が高くリスクも高い傾向にある!


予定帝王切開の手術の流れや費用の違いを教えて!


おおまかな手術の流れは…

予定帝王切開の場合、胎児の様子を見て手術日を決定します。

お母さんは手術日に合わせて入院し、絶食して胃やお腹のなかを空っぽにして準備をします。

全身麻酔か部分麻酔かは、胎児や母体の状態を見て病院から説明があります。

全身麻酔のときは「目が覚めたら生まれていた」という状態ですが、部分麻酔のときは意識はあります。

そのため、「今赤ちゃんがどんな状態か」を医師や看護師さんが教えてくれたりしますよ。

無事に赤ちゃんを取りあげることができれば、お腹を縫合します。

あとは入院して母体の回復を診てくれます。

もちろん、母体に大きな問題がなければ赤ちゃんに会うこと・母乳をあげることも可能です。

予定帝王切開の費用

帝王切開の費用は医療機関によってさまざまです。

一般的には40万円~100万円と言われています。

予定帝王切開でも、緊急帝王切開でも同じくらいの費用の医療機関が多いようです。

帝王切開は「手術」になるので健康保険の対象になります。

しかし、自然分娩に比べ母体の回復に時間がかかるため、入院期間が延びることがほとんど。

その分入院費はかさんでしまいます。

自然分娩の費用

こちらも医療機関によって差はありますが、一般的に40万円~80万円と言ったところです。

帝王切開・自然分娩ともに自治体で「出産一時金」や「高額医療費」など負担してくれる制度もあります。

どのくらい負担をしてもらえるかは自治体によるので、市役所などに確認したいですね。

POINT:いずれの方法でも制度を活用して費用を抑えることを考えよう!


まとめ


破水や陣痛などの、出産の兆候がいつ来るのかわからない自然分娩に対し、手術日が決まっているので、ある程度準備できるのが予定帝王切開のメリットのひとつです。

そのため、立ち合い出産を考えている方は仕事などの都合もつけやすいですね。

手術とはいえ、出産であることに変わりはありません。

新しい命をお母さんは命がけで生み出すことになるので、周囲がしっかりサポートしたいですね。

自然分娩と同様、不安や期待・緊張が入り混じる瞬間でもあります。

手術中はお母さんや家族と同様に、外の世界に出てこようとする赤ちゃんもがんばっています。

家族みんなで新しい命の誕生を見守りたいですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク