住宅ローンの審査でクレジットカードの保有枚数が重要な理由は?

スポンサードリンク

[住宅ローン]


低金利時代になって住宅ローンが組みやすくなってきましたが、それでもマイホームは一生の買い物ですから、住宅ローン審査も一生の一大イベントと言えるでしょう。

住宅ローンの審査については、各金融機関によって基準が異なるものの、どこも同じように見られるのがクレジットカードの保有枚数です。

例えば・・・
  • クレジットカードをポイントカード感覚でお持ちの方

  • 知り合いに頼まれてクレジットカードを作ったという方

  • カードは作ったけど全然使っていないという方

もいるでしょうが、クレジットカードは持っているだけで、住宅ローンの審査基準になってしまうのです。

だったら今すぐ解約しないといけないの?1枚につき、どんな基準で影響してくるの?

そんな疑問も当然湧いてきますよね。

そこで今回は、住宅ローンの審査でクレジットカードの保有枚数が重要な理由は?と題しまして、住宅ローンの審査とクレジットカードの関係について分かりやすくお話ししていきます。


住宅ローンの審査でクレジットカードを見られる理由は?


そもそも住宅ローンの審査でクレジットカードを見られる理由は何なのでしょう?

もちろん、クレジットカードで買い物をしたけれど、支払いが済んでいないであるとか、多額のキャッシングを行っているとなると、住宅ローンの審査にマイナスとなることは明白でしょう。

ところが審査の際には、クレジットカードを使っていなくても、持っているだけで審査の対象となるのです。

その理由とは、クレジットカードを持っている=いつでも借入できる状態にあると、審査する方は考えるからです。

特に住宅ローンの審査を受ける直前にクレジットカードを作った場合には、複数の借金を作って逃げるのではないか、なんて勘繰られてしまうこともあるのです。

ですからクレジットカードを複数持つことは、保有している枚数分だけ借り入れが出来る状態にあると審査されると考えてください。

POINT:各クレジットカードの限度額合計を借入れられると見られることになる。


クレジットカードの保有枚数に上限はある?


住宅ローンの審査の際には、クレジットカードの保有枚数分だけ借り入れができる状態として見られてしまうことをお話ししましたが、カードの上限枚数についてはどう考えたら良いのでしょう?

クレジットカードの上限につきましては、保有枚数ではなく、借り入れできる合計額と収入との関係がポイントとなります。

例えば10万円まで使えるカードを5枚持っていた場合には、50万円の借り入れがあると考えられて、住宅ローンの借入額と合わせて返済が可能かどうかが審査されることになるのです。

ですから保有枚数は2枚でも、1枚で100万円まで使えるカードであれば200万円として審査されますから、保有枚数そのものと言い切れないところではあります。

また、そもそも返済可能な収入さえあれば、保有枚数が多くても問題はありません。

ただし、常識はずれな枚数もカードを保有している場合には、良からぬことを企んでいるのではないかと思われるかもしれませんね(汗)

POINT:保有枚数に上限があるわけではなくバランスを見て判断される!


住宅ローンの前にクレジットカードの整理は必要?


住宅ローンの審査には、クレジットカードが見られることをお話ししましたが、住宅ローンを組みたい場合には、カードを解約するなどの整理は必要なのでしょうか?

ずばり、必要のないクレジットカードは整理した方が良いでしょう。

クレジットカードを保有している分だけ審査の時には借入額として見られてしまうことはお話しした通りですので、出来るだけ審査を通りやすくする為に、枚数を減らしておくことは重要です。

また、意外なところでは、スマートフォンの機種代を分割払いにしている場合も、ローンを組んでいるとして見られますので、住宅ローンの審査を受ける際には、注意してください。

POINT:ローンの審査前に不要なクレジットカードは解約したほうがいいでしょう!


まとめ


住宅ローンの審査でクレジットカードの保有枚数が重要な理由は?と題しまして、住宅ローン審査とクレジットカードの関係についてお話ししてきましたが、いかがでしょうでしょうか?

クレジットカードを持っているだけで、借り入れていなくても返済能力があるのか審査されてしまいますので、保有枚数は抑えておきたいところです。

ところが、クレジットカードを1枚も持っていない、あるいは全くカードを使用したことがないという場合には、逆に信用されないことがあり、クレジットカードを適正に使用している実績がある方が、審査が通りやすくなるという話もあります。

とは言え、住宅ローンの審査は返済能力の有無を見られるわけですから、無理のない返済計画を立てることが一番かもしれません。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ