セラミド配合おすすめプチプラ美容液!保湿効果のポイントは?

スポンサードリンク

[セラミド]


乾燥から肌を守ってくれる強い味方のセラミドですが、加齢や紫外線あるいは間違ったスキンケアでどんどん減ってしまいます。

セラミドは、食事やサプリメントでも補えるのですが、肌から直接浸透させる方が、即効性がある上に効果が実感できるでしょう。

そんな肌からセラミドを直接浸透させるのがセラミド配合美容液です。

でも、セラミド配合美容液は、たくさんの種類があり過ぎて選ぶのも大変です。

そこでセラミド配合おすすめプチプラ美容液は?保湿効果を見極めるポイントは?と題しまして、セラミド美容液についてお話していきます。


セラミドの保湿効果を見極めるポイントは?


セラミド美容液はたくさんの種類があって違いがよく分からないかもしれませんが、配合している成分をよく見ることで、保湿効果の違いが分かるのです。

実は配合しているセラミドにも種類がありまして、大きく分けるとヒト型セラミド・植物性セラミド・合成セラミドの3つに分けることができます。

当然ながらヒト型セラミドが肌への浸透力が高い為、他の2つより優先的に選ぶべきでしょう。

ところがヒト型セラミドと表示していない場合が多く、天然セラミドやバイオセラミド、ビオセラミド、セラミド数字(1~6)などの表示になっています。

逆に合成セラミドを避けるポイントとしましては、大きくセラミド配合と表記があっても、成分のところにセラミドの表記がなく、類似の化学物質が表記されている場合には合成セラミドということになるでしょう。

では植物セラミドはダメなのかと言いますと、浸透力はヒト型セラミドには劣るものの、アレルギーなどを起こしにくい為、アレルギー体質や敏感肌の場合には効果的な場合もあるのです。

また、ヒアルロン酸などの保湿成分や美容成分が入っているから効果的なのは言うまでもありません。

POINT:自分の肌に合った美容液を見つけることが何よりも重要な事です。


セラミド配合でおすすめのプチプラ美容液は?


セラミドの保湿効果を見極めるポイントはお話ししましたが、それでもたくさんの商品があって迷ってしまうことでしょう。

そこでセラミド配合のおすすめ美容液を紹介していきます。

アルージェ・モイストトリートメントジェル

まずはアルージェ・モイストトリートメントジェルです。

アルージェでは敏感肌の方を対象に研究し、ナノ化天然セラミドが素早く肌に浸透して、肌の上部である角層を守るバリア保湿が売りとなっています。

50mlで1944円という美容液としては比較的お手頃価格なのも嬉しいところです。

明色エモリエント エクストラローション

さらに紹介しますのは、明色エモリエント エクストラローションです。

特徴としましては、4つのセラミドを配合しているだけでなく、リピジュアというヒアルロン酸の2倍の保湿力があるという成分により、長時間潤いが続きます。

これ1つで化粧水・乳液・美容液の3役をこなすのに、210mlで972円というところも魅力的ですね。

POINT:アルージェ・モイストトリートメントジェルでまずは試してみよう!


セラミド配合美容液の正しい付け方は?


ところでセラミド美容液には正しいつけかたがあるのですが、ご存知でしょうか?

まずは、手の平に美容液を適量乗せたら、顔にまんべんなく塗り込みます。

ただし、なるべく肌に摩擦を起こさないよう、優しく塗り込みます。

両手の平で顔を30秒ほど押さえて、美容液を浸透させながら顔を温めてください。

美容液は、化粧水を使ったあとに使いますが、紹介しましたエモリエントのように化粧水と一体タイプもありますので、詳しくはそれぞれの商品をご確認ください。

さらに保湿クリームなどを少量塗ると保湿効果は万全となるでしょう。

POINT:吸い込ませるイメージで塗り込むと良いでしょう!


まとめ


セラミド配合おすすめプチプラ美容液は?保湿効果を見極めるポイントは?と題しまして、セラミド美容液についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

同じセラミド配合の美容液でも、ヒト型セラミドと植物性セラミドと合成セラミドとありますので、効果を考えるとヒト型セラミドを選ぶと良いでしょう。

とはいえ結局のところ、肌に合う合わないがありますので、もし肌に異変がありましたら、すぐに使用を中止してください。

あなたのお肌に最適な美容液が見つかることを願っております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ