スポンサードリンク


あまり人に相談できないデリケートな悩みのひとつが体毛の悩み。

毛深さで悩んでいる人は、男性女性共に多いものです。

「自分の子供にも遺伝するのでは…?」・「脱毛に行かずに毛深さを解消できるの?」と疑問はたくさん。

今回はそんな誰にも相談できない毛の悩みを見ていきましょう。


男性は毛深さが遺伝するの?


いきなり結論ですが、毛深さは遺伝が関係している場合が非常に多いです。

特に男性は男性ホルモンも関係して濃く太い毛が生えてくるので、髭だけでなく手の甲や指、胸、お腹などを気にしている箇所が多い方がたくさんいらっしゃいます。

そして注意点ですが、仮に両親が毛深くなくても、祖父・祖母が毛深ければ隔世遺伝で、毛深くなってしまうこともあります。

「小学校入学ごろには毛深かった」という方は、遺伝の確率が高いです。

太く濃いひげや体毛は男性の象徴であり、「男らしい」という意見ももちろんあります。

しかし、あまりにも濃く太い毛が密集して入れば清潔感も損なわれ、本人も汗で不快な思いをしてしまうことが多いです。

近年は「体毛がないつるつるな男性が良い」という風潮もメディアで取り上げられることもあるため、毛深さを気にして男性専用の脱毛サロンへ行く方も多いです。

つるつるとまではいかなくても、毛を薄くできる脱毛サロンもあるみたいですね。

POINT:男性の毛深さは遺伝の可能性が高く祖父母の代からの遺伝もありうる。


女性は毛深さが遺伝するの?


男性・女性に関わらず、毛深さは遺伝します。

父親側・母親側どちらかだけが毛深くても、遺伝により子供にどう関わってくるかははっきりとはわかっていません。

しかし、隔世遺伝も含め毛深さは遺伝と密接に関係しているようです。

特に女の子は年頃になるにつれ、毛深さを気にする女の子が大変多いです。

また、生まれたときは濃い産毛で覆われていても成長するにつれて、だんだんと産毛が薄くなっていく子供もいます。

女性は思春期に入る前から、体毛を気にする方が大半です。

近年では脱毛施術も一般的になり、学生でさえ毛深さを気にして全身脱毛に通う方も増えてきています。

しかし、やはり脱毛施術は肌への刺激や負担が大きいので、あまりに低年齢のうちから脱毛施術を行うことは避けた方が安心です。

POINT:男性・女性を問わず毛深さは遺伝することが考えられる


遺伝の場合回避することは不能なの?


遺伝での毛深さですが、完全に解消することはほぼ不可能に近いです。

しかし、毎日の生活習慣が乱れてしまえば、余計に毛深さに拍車がかかる恐れもあります。


生活習慣を見直し、「毛を濃くする生活習慣」から抜け出しましょう。

食事に気を付ける

肉類を多く食べると男性ホルモンの働きが活発になり、毛深さに関係してしまうこともあります。

野菜や魚を多く摂るよう心がけたいですね。

また、糖分の摂りすぎも男性ホルモンに影響してしまいます。

不規則な生活に注意して

寝不足や運動不足など、不規則な生活を続けてしまえば、知らず知らずのうちにストレスが溜まり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

規則正しい生活を心がけると、ホルモンバランスも整い、男性ホルモンの働きを抑えることも可能です。

紫外線はNG!

紫外線を浴び続けると、紫外線から肌を守ろうと体毛が濃くなってしまう恐れがあります。

日焼け止めを塗ったり、日焼けしない恰好をしたりときちんと紫外線対策をとることがおすすめです。

POINT:生活習慣の見直しと日焼け対策をすることが重要と考えらえる。


まとめ


男性も女性も多くの方が悩んでいる体毛の悩み。

デリケートな悩みだからこそ、人にも相談しにくいですよね。

もし子供に遺伝してしまい、子供が体毛について悩んでいたら、「お父さんもこんなことで悩んでいる」「お母さんも大変な思いをした」と体験談を話して安心させてあげるという家族も多いです。

遺伝を回避することはなかなか難しいことですが、生活習慣を見直してみたり、脱毛施術を考えてみたりと対策はたくさんあります。

また、「体毛について悩んでいる人は多い」と頭に入れておいても、心が軽くなりますね。

体毛はもちろん人間のデリケートな箇所を守る大事な役割を果たしています。

そのこともきちんと考えておきたいですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク