運動会のママの基本服装は?幼稚園と小学校じゃ違う?

スポンサードリンク

[運動会]


子どもの大きな行事のひとつと言えば、幼稚園・小学校ともに「運動会」がランクインするのではないでしょうか?

もちろん主役は子どもですが、やっぱり他の父兄もたくさん集まる機会。

「おしゃれなママ!」「素敵なママ!」と褒められたいですよね。

また、そこまでじゃなくても浮いた格好では行きたくないと思います。

そこで今回は、子どもの運動会にふさわしい、気になるママの服装のお話です!


運動会でのママの基本的な服装は?


結論から言って、最低限抑えておきたいのは基本的に「運動会」なので、動きやすい服装が大前提になります。

学校によっては、父兄も一緒に参加するプログラムが実施されることも…。

そんなときにミニスカートやヒールだと、思い切って参加できませんよね。

また、動き回る子どもを撮影するためにママも一緒に動き回ったり、お弁当を食べるときは椅子ではなくピクニックシートを敷いて地べたに座る場合もあります。

そのようなことを考え、やはり「動きやすい服装」にしましょう。

ここで難しいのは、「運動会とはいえひとつの学校行事」であること。

いくら動きやすいとはいえ、上下ジャージやスウェットだとちょっとラフすぎますよね。

また、学校行事だから綺麗な格好で…と、まるで会社帰りのOLようにヒールにスカートも浮いてしまいます。

では、「おしゃれできちんと見えるけれども、動きやすい服装」は、どういったものがあるのか次ではもう少し具体的に見ていきましょう。

POINT:大前提は動きやすい服装を心掛けるようにしましょう!


幼稚園の運動会でのママの服装は?


幼稚園では小学校に比べ、ママも一緒に参加するプログラムがある場合が多いです。

そのため、動きやすい服装・足元はスニーカーを心がけたいものです。

スキニージーンズには注意!

だいたいTシャツにジーンズのママが多いですが、ジーンズの場合、スキニージーンズだと動きづらくなってしまうことも…。

ゆったりめのワイドパンツや、涼しいガウチョにTシャツ・スニーカーを合わせるだけで、他のママと差がつき、ぐっとおしゃれになりますよ。

あまりに激しいダメージジーンズは避けた方がいいですね。

帽子でおしゃれを楽しんで!

日差しがきついので、帽子も準備していきましょう。

秋に行われる運動会だと、ニット帽を合わせるとぐっとカジュアルかつおしゃれになりますね。

帽子は日焼け対策だけでなく、プログラムに参加するときに髪が乱れてしまうのを防ぐ効果もあります。

「風で髪がぐちゃぐちゃに…」なんて事態も防げますよ!

麦わら帽子やニット帽など、パパとリンクコーデを楽しんでもいいですね。

プログラムに参加するママは、運動場は意外と土ぼこりが舞いすぐに汚れてしまいます。

白などの汚れが目立ちやすい色は避けた方が無難です。

アクセサリーをする場合は、揺れない・ひっかけにくいビジューピアスがおすすめです。

POINT:動きやすい服装でおしゃれな服装は何か?を考えてみましょう!


小学校の運動会でのママの服装は?


小学校では幼稚園に比べて、父兄が参加するプログラムが減る場合が多いようです。

そのため、「観戦のみ」参加のママも多いです。

もちろん小学校の運動会でも、Tシャツにジーンズのママはよく見られますが、一工夫加えてさらにおしゃれママを目指したいですね。

日焼け対策にも!ロングカーデ

ロングカーデやロングシャツを1枚羽織るだけで、ぐっとおしゃれな印象になるから不思議!

日焼け対策はもちろん、肌寒いときの防寒対策にもなります。

気になるお尻・腰回りもカバーしてくれますよ!

帽子は必需品!

地域によっては、今では初夏に運動会を開催する小学校も増えています。

そのため日焼け対策の帽子は必需品で、特に初夏の時期ならば、麦わら帽子で夏を先取りしてもいいですね!

季節を問わないチューリップハットもおすすめです。

他の観戦している方の迷惑にならないよう、帽子のツバは大きすぎない方が無難です。

ストールも優秀!

シンプルなTシャツ・ジーンズスタイルでも、ストールを首からかけるだけでぐっとおしゃれになります。

縦のラインも強調されるので、うれしいスタイルアップ効果も!

差し色や柄を上手に取り入れて、小物使いを楽しみましょう。

POINT:日焼け止め対策をしっかりしてアイテムを使ったおしゃれをしましょう!


まとめ


運動会も大事な学校行事のひとつ。

TPOをきちんと考えた服装で、当日に臨みたいですね^^

動きやすい服・靴を基準に、小物をプラスすることが簡単でおすすめ!

「おしゃれなママ」で、子どもの活躍を目一杯応援しましょう!!

その時々の思い出に残る大切な行事の一つですから、朝からお弁当作りに始まり大忙しだと思います。

でも、数年後振り返ってみるときっといい思い出になっていますので、妥協することなく全力で参加できるといいですね!

この記事を読んでいるあなたはきっと頑張り屋さんだと思いますが(汗)

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ