スポンサードリンク


子どもの健やかな成長を願う伝統的な行事のひとつが「七五三」。

お父さん・お母さんだけでなく、両家のおじいちゃん・おばあちゃんも楽しみにしている子どもが、主役の行事ではないでしょうか?

しかし・・・。

「七五三って一体いつお祝いするのかわからない」
「男の子と女の子で違いはあるの?」


という親御さんもたくさんいるんです!

よく聞く行事だからこそ、人には聞きにくい七五三の時期のお話です!

正しい知識を持って、自分のお子様をお祝いしましょう^^


女の子の七五三をお祝いする時期は?


女の子の七五三は3歳・7歳にお祝いをします。

ここで注意したいポイントとして、数え年でお祝いをするのか満年齢でお祝いをするのかです。

明治までは数え年で行われていたため、その風習が残っている地域もあります。

しかし、現代では「どちらでもOK」という家庭が多いです。


一度両家で話し合ってみることがおすすめです!

3歳の女の子の七五三

数え年では2歳の女の子が七五三のお祝いをすることになります。

しかし、早生まれだと特にまだ体が小さく体力的にも心配…。

「子どもの体格や体調を考え、実年齢の3歳でお祝いをした」という家庭も多いのです。

7歳の女の子の七五三

7歳になると、多くの女の子が着物で七五三をお祝いします。

もちろん、子どもの成長の個人差はとても大きいです。

「背が高かったから選べる着物の種類も多く、数え年の6歳でお祝いした」・「子どもが小学校に入り、落ち着いた7歳になってからお祝いした」と、子どもの体格や性格に合わせてお祝いの時期を考えることもいいですね。

POINT:あまり型にこだわらずに状況に応じて行えると良いですね!


男の子の七五三をお祝いする時期は?


男の子の七五三は、一般的に3歳・5歳でお祝いをします。

こちらも地域によって、数え年でお祝いをするのか、満年齢でお祝いをするのか
分かれるところのようです。


3歳の男の子の七五三

女の子と比べ、「おしゃれをしておでかけする」ということに、まだまだ興味を持たない男の子が多いです。

嫌がる男の子も多いため、3歳の七五三はしない、もしくは、記念撮影のみ行うという家庭も今では増えています。

5歳の男の子の七五三

5歳になると、「かっこいいこと」に興味を持つ男の子が増えてきます。

そのため、自分から喜んで袴を着る男の子もいます。

女の子と同じように、体格や性格によって数え年でお祝いをしたり、満年齢でお祝いをしたりと必ずしも決まりはありません。

男の子・女の子ともに七五三のお祝いは一般的には11月15日です。

しかし、「絶対に11月15日にしなければいけない」わけではありません。

その日は仕事が休めないというお父さん、お母さんもいらっしゃるので、11月15日付近の土日に神社にお参りに行く家庭が多いです。

あえて時期をずらし、10月や11月後半にお参りに行き、少しでも混雑を避けるという家庭も多いので、ぜひ家族で話し合いたいですね。

POINT:臨機応変に対応できるように日頃から話し合うといいでしょう。


どうして“七・五・三”という時期なの?


そもそもなぜ3歳・5歳・7歳でお祝いを行うのか知らないという方も多いです。

七五三の起源はなんと室町時代にまでさかのぼると言われています。

当時は現代とは比べものにならないほど、乳幼児の死亡率が高かったのです。

特に3歳・5歳・7歳は発育していくうえで特に病気になりやすく、危険を伴う年齢とされていたのです。

今では当たり前のように年齢を重ねていますが、本来は体力がない子どもにとって、「年齢を重ねて生き延びる」というのは奇跡的なことなのですね。

当時は「生まれてから3年、無事に成長したことへの感謝」と「今後の成長と長寿を願うため」に、お祝いとお参りがされてきました。

その風習が現代にまで受け継がれているのです。

POINT:長い歴史から今も受け継が出ている伝統的な行事の一つが七五三。


まとめ


地域や家庭によって、七五三を行う年齢はさまざまですが、「子どもの健やかな成長を願う」気持ちはみんな一緒です。

七五三は子どもが主役。

子どもの体調・体力を一番に考えて、柔軟にお祝いの時期を対応していきたいですね。

大人になったときにきっと素敵な思い出になり、今後も受け継がれていきますよ。

また、親としても「ここまでよく育てられた。」という、嬉しい気持ちも持てると本来の七五三としての意味も感じられるかもしれませんね^^

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク