スポンサードリンク


初めて結婚式に招待されれば、やっぱり気になるのは服装ですよね。

「いつもと一緒のスーツでいいのか?」「服装にもマナーがあるのか?」と結婚式の服装に気を遣う男性も多いです。

女性はヘアアレンジをして、ワンピースなどでドレスアップして参加する結婚式。

では、男性はどのような服装で結婚式に参加すればいいのでしょうか?

今回は男性の結婚式での服装に関するマナーを紹介して行きますので、そんなお悩みをスッキリして結婚される方を祝福してあげましょう^^


結婚式の男性の服装はどのようなものが一般的?


いきなり結論から言っちゃいますが・・・。

いつもの仕事で着ていく「リクルートスーツ」とは違う、「ブラックスーツ」を選ぶと安心です。

「準礼服」と呼ばれることもあるブラックスーツは、リクルートスーツよりも黒の色味が、強めの生地で作られています。

冠婚葬祭のあらゆるシーンで着用することができるので、1着持っておくと安心ですね!

カジュアルなウェディングや2次会の参加のときは、ネイビーやグレーの色味の「ダークスーツ」でもOKですよ!

よりスーツをウェディング仕様にしたいときは、黒やグレーのベストを着用してみましょう。

一気に華やかな装いになります!

POINT:その結婚式での自分の立ち位置によってアレンジしていくことは出来る!


結婚式の服装マナーはあるの?


おめでたい場である結婚式ですが、「スーツならなんでもいい」というわけにはいきません。

男性のスーツの着こなしもNGがあるので、きちんと押さえておきたいところです。

・白系のスーツは絶対NG!

結婚式では、「白」は身に着けることができるのは新郎新婦だけという特別な色です。

「場が華やかになるから」と白系のスーツを着ていくことはご法度!

ベージュやピンクなど、写真に撮ったときにフラッシュの反射で白っぽく写ってしまう色も避けた方が無難です。

あくまでも主役は新郎新婦ということを忘れないようにしましょう。

・全身黒は避けて!

おしゃれな方はブラックスーツに黒のシャツを合わせる方もいらっしゃいます。

しかし、どれほどネクタイを華やかにしてもやはり暗いイメージに。

全身黒はお祝いの場にはふさわしくありません。

シャツを白の無地以外にしたいという方は、白地にストライプの入ったシャツがおすすめです。

・足元まで気を配って!

スーツにブールを合わせる方もいらっしゃいますが、結婚式ではNG。

カジュアルになりすぎてしまうため、ブーツは避けましょう。

シンプルなひもつきの「ストレートチップ」だと安心です。

披露宴会場で椅子に座ると意外と足元も見えるので、注意したいですね。


POINT:フォーマルな中にアレンジを加えるようにしましょう!


結婚式でおしゃれならネクタイは不要?


「おしゃれなシャツを着てベストも着れば、ネクタイは必要ないのでは?」と思いがちです。

しかし、やっぱりノーネクタイはカジュアルになりすぎてしまうので、お祝いの場にふさわしくありません。

・失敗しない無難なネクタイは?

絶対に失敗しないのはやはり「白のネクタイ」です。

光沢の入った白だと、さらに華やかさが増し素敵ですね!

同じように、光沢の入ったシャンパンゴールドやシルバーのネクタイでもOKですよ。

・柄は入っていてもいいの?

基本的に定番の柄は問題ありません。

ストライプやチェック、ドットなどの定番の柄だと安心です。

パステルカラーを選べば派手になりすぎないので、結婚式にも使うことができます。

・NGのネクタイは?

アニマル柄は「殺生」を連想させるので、結婚式にはふさわしくありません。

アニマル柄のネクタイは避けるようにしたいですね。

キャラクターもののネクタイも避けた方が無難です。

黒のネクタイは弔事の正装になってしまうので、柄が入っていてもやめましょう。

・蝶ネクタイはいいの?

最近の結婚式では、昔よりも服装マナーの厳しさはなくなっています。

しかし一般的には、蝶ネクタイは夜のパーティでつけるもの。

カジュアルな結婚式、1.5次会、2次会での着用は問題ありません。

会社の方や親族が多い昼間の結婚式では、避けた方が無難です。

POINT:あくまでも主役は新郎新婦なのでそれを考えたネクタイを選ぶようする。


まとめ


特に受付・スピーチ・余興を頼まれたゲストは、思ったよりも他のゲストに注目されるものです。

会社の方や親族に見られても恥ずかしくない恰好で結婚式に参加したいですね。

「お祝いの気持ち」「新郎新婦が主役」ということを頭に入れれば、スーツやネクタイも選びやすいですよ!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク