スポンサードリンク


多くのトップスポーツ選手たちが取り入れていて注目を集めている体幹トレーニング。

最近では、ダイエットなどでも効力を発揮すると話題になっていますね。

ただ、子供のころから体幹トレーニングをすることは問題ないのでしょうか?

例えば、筋トレは体が出来上がっていない子供のころから行ってしまうと、身長が伸びないとかバランスが崩れてしまうといった話がありますよね。

そこで、今回は体幹トレーニングは子供のころから行って危険はないのか?筋トレとの違いを考えていこうと思います。

スポーツ選手を目指してもらいたい人にとって、体幹トレーニングは必須にありつつあります。

正しい知識を持って取り組んで頂けると嬉しいです。


■筋トレは子どもにやらすと危険なの?


成長期の子どもを持つ親にとって、子どもに筋トレをさせてもいいのかどうかは非常に気になるところだと思います。

インターネット上では、大人の筋トレに関する情報が溢れかえっている一方で、小中学生といった成長過渡期の子どもたちの筋トレに関する情報は、意外にも多くないのです。

子どもの筋トレに対しては否定的な意見もあり、「筋肉が太くなると骨を押さえつける力が加わり、骨の成長を妨げるのではないか」というものや「成長期に過度の負担やストレスを与えることは成長を害するのではないか」といった、筋トレの悪影響を心配するものが見受けられます。

実際のところ、子どもにとって筋トレは危険なのでしょうか?

米国小児科学会は、小中学生など思春期前の子どもに筋トレについて、「8歳以上の子どもに関しては、適切な強度の運動を正しい動作で行えば、体が活性化されて、身体全体の成長が促進される」と結論付けています。

また東京大学の教授であり、日本の筋トレ界の第一人者でもある石井直方教授は、「怪我を防ぐための筋肉作りとして、自重トレーニングを基本とした筋トレで効果的に安全に筋肉を使える状態にしていけば、内分泌系も強く活性化し、体が大きくなったり背が伸びる刺激になる」との見解を示しています。

自重トレーニングとは、大きな負荷をかけるためのウエイト(重り)を使わず、自分の体重を利用して行うトレーニングをいいます。

つまり、正しい適切な筋トレであれば、子どもの体の発達を促したり、筋肉に関する怪我を防いだり、成長ホルモンの分泌を促す効果があるといえます。

筋肉や骨格の形成が安定していない時期の無理な筋トレは、肩やひじ、膝や腰などの骨や関節、筋肉、腱に過剰に負荷がかかって怪我の元になりかねないと言えます。

そのため、15歳ころまではウエイトトレーニングは避け、運動した後のストレッチやクールダウンをしっかり行って、筋肉をほぐすといったことに配慮する必要があります。

それにより、思わぬ故障を防ぎつつ、運動能力を高めることが出来るようです。

POINT:筋トレに関しては正しい知識を持って行うようにしましょう!


■体幹トレーニングと筋トレの違いは?


次に、体幹トレーニングと筋トレとはどのような違いあるのでしょうか?

筋肉に働きかけて成果を得るトレーニングという意味では、基本的に同じです。

身体の表面の筋肉に直接作用するものが一般の筋トレであり、筋トレの中で体幹の筋肉への作用を重視したものが、体幹トレーニングなのです。

因みに・・・

体幹とは、人間の頭部と左右の手足を除いた体のコアな部分を指し、特に肩甲骨・骨盤・背骨・肋骨などの骨の周りを取り巻く、深層筋と呼ばれる筋肉を鍛えるものを体幹トレーニングといいます。

つまり、体幹トレーニングも筋トレも、「鍛える」という行為自体は同じであるが、鍛える部分、トレーニングの方法が異なることが言える。

POINT:“トレーニング”という意味では共通だけど鍛える部分の違いがある


■体幹トレーニングは子どもにやらすと危険なの?


体幹トレーニングは大人にも子供にも大切で、身体を強くするのに非常に有効です。

ただし体幹トレーニングだけを行なったり、合わない強度のものを過度にやれば、身体を傷めてしまうのは当たり前です。

子どものうちから、無理のない適切な体幹トレーニングを行うことで、身体の基礎となる部分が強くなり、筋肉系の怪我をしにくい体になるとともに、手足の反応速度が上がるため運動能力全般を高めることにも繋がります。

また、姿勢もよくなります。

ただし、体幹トレーニングだけではなく、様々な運動経験をすることでいろんな動きを体感し、神経系の発達を促すこともこの時期の子どもにとっては重要です。

POINT:体幹トレーニングはカラダの基礎作りとして位置付けられていると言える!


■まとめ


しっかり食べて栄養補給し、たっぷり睡眠を取り、適度な運動をすることが、子どもの健やかな成長にとって何より大切です。

その上で、適切な筋トレと体幹トレーニングをバランスよく行うことで、効果的で安全に筋肉を使える、怪我をしない身体の基礎を作ることに繋がっていきます。

子どもの発達レベルに合わせて、最適なトレーニングを行なえるような環境づくりの一環として、家族ぐるみで楽しく取り組みつつ、正しくトレーニング出来ているか、やり過ぎていないかをきちんとチェックしてあげるのがお勧めです。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク