女性の結婚式での服装マナーを知っていますか?【20代~40代の年代別】

スポンサードリンク

[結婚式]


結婚式にお呼ばれをすると、やっぱり迷うのは服装ですよね!

新郎新婦の一生の晴れの日のお祝いに、ふさわしい恰好で参加しましょう。

年代別に、結婚式のお呼ばれの服装で気を付けたいこと・おすすめポイントをご紹介します!


結婚式で20代女性の服装マナーは?


20代だと、「結婚式にほとんど参加したことがない」という方も多いかもしれません。

しっかりマナーを押さえて気持ち良く参加したいですね。

・全身白っぽい服はNG!

結婚式では白は新婦だけの特別な色です。

そのため全身が白っぽい服はご法度!親族や会社の方にしっかりチェックされていますよ。

また同じように、露出が多い服装・派手な服装も控えましょう。

肩を出さずにボレロやショールを羽織って。あまりに短いスカートもNGです。

サンダルやミュールを履かずに、きちんとしたパンプスと肌色のストッキングで出席しましょう。

・20代におすすめの服装は?

黒っぽい服装の方が意外と多い結婚式。

明るめの色の服装で参加すると場が華やぎます。

ピンクやブルー、グリーンなどのさわやかな色のワンピースにベージュや黒のボレロ・ショール合わせると素敵ですね。

若さを出して明るい色がいいけど白は行き過ぎなので注意!



結婚式で30代女性の服装マナーは?


肌になじむカラーが気になる30代、結婚式への参加も回数を重ね、「結婚式に慣れてきた」という方もいらっしゃるのでは?

30代ではどんな服装で参加すればいいのでしょうか?

・ベージュ系を着るときは注意!

肌になじみやすいカラーのベージュは使いやすい万能カラー!

でも、全身ベージュの服装を選ぶときはちょっと気を付けて。

チャペルや披露宴会場は思ったよりも強い照明が使われています。

そのため、写真に写したときにフラッシュが反射し、実際の色味よりも白く写ってしまうこともあるのです。

30代だからこそ周りの目も厳しくなっていきます。

濃い目のベージュを選んだり、黒っぽいショールなどを羽織るようにしたいですね。

・30代におすすめの服装は?

肌になじみやすいベージュなら、ピンクベージュがおすすめ!

顔周りが明るくなります。

濃い目のネイビーや黒をメインにするときは、小物を華やかな色にするといいですね。

30代だからこそかっこよく着こなせるパンツスタイルも人気です。

光沢のある生地を選んで、パーティ感を出しましょう!

若さの中に大人らしさを含められるといいですね!



結婚式で40代女性の服装マナーは?


大人だからこそ着こなせるドレスやカラーを選びたい40代。

仕事関係の方の結婚式でも恥ずかしくない服装を心がけたいですね。

・ズレ落ちてしまうストールに注意

結婚式のお呼ばれアイテムとして人気のストール。

肩から掛けるだけでパっと華やかになり、露出も抑えることのできる優秀アイテムです。

しかし、ストールで気になるのはズレ落ちること。

ズレてしまったストールを何度も何度も直していたり気にかけていては、大人の女性の所作としてはあまりスマートではありませんね。

ズレないストールをきちんと選んだり、ズレる心配のないボレロにすることがおすすめです。

・やっぱり定番の黒系ドレス

結婚式に黒系の服装が多いことは承知のうえで、年齢に合わせた落ち着きを演出したいときにおすすめです。

小物を変えるだけでも表情を変えることができるのが、黒系の服装の魅力のひとつ。

小物で遊んで自分らしさを出していきましょう。

ロングでタイトなワンピースも素敵ですね。

大人らしさを出せる服装で雰囲気を作り上げられるといいですね!



まとめ


結婚式は華やかなお祝いの場。

お祝いの場にふさわしく、招かれた方も華やかできちんとしたマナーの服装で心置きなく新郎新婦をお祝いしましょう!

おもてなしを受けるといっても、結婚式ではあくまでも主役は新郎新婦です。

「新郎新婦が主役」「おしゃれとマナーは違う」ということを心がけると、服装選びもしやすくなりますよ!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ