スポンサードリンク


「ステロイド点滴と聞くとドキッとしてしまいませんか?」

ステロイド点滴は、ドラマとかでもよくあるような入院して行う治療や、抗がん剤治療のことです。

ステロイド点滴が適用される病気は様々でその効果も実証されていますが、ステロイド点滴には逃げる事が出来ない副作用があります。

病気等でステロイド点滴を受ける方や、その家族は前もってステロイドの効果や副作用を知っておく事が大切です。

ここではステロイド点滴の効果から副作用等を紹介します。


ステロイド点滴の効果はどのような症状で使われる?


「ステロイド点滴はどんなものか知っていますか?」

ステロイド点滴の種類は様々で使われる症状も様々です。

【使用される主な症状】
呼吸器系や循環器、消化器系、腎・泌尿器系等の内臓疾患や造血器系や代謝、内分泌等体内の疾患、外科等、他には知っている人が多い癌等に投与する抗がん剤など、本当に種類が多いです。

それほど日本では疾患に対して回復することが、出来るようになっているということですね。

ステロイドの作用としては抗がん剤でいうと、癌の治療での手術や放射線は局所的な治療で再発の恐れがあります。

しかし、抗がん剤は全身に散らばってしまったがん細胞を死滅させる働きをしてくれるので、手術のみよりは再発リスクは無いとは言えませんが低いものとなります。

ただステロイドには効果がある分、副作用もあるというのでちょっと恐いですね。

POINT:抗がん剤としてのステロイドは効果がある分副作用が心配に


ステロイド点滴の抗がん剤後の副作用は?


ステロイド点滴の抗がん剤は副作用がつきものです。

抗がん剤は身体の中にあるがん細胞を死滅させてくれますが、その分身体にもかなりの負担がかかります。

使われる抗がん剤の種類や治療目的等によって、副作用のタイミングや度合いは違いますが、多いのは吐き気と脱毛です。

ドラマとかで抗がん剤治療をしている登場人物が毛糸の帽子を被っているのが印象的ですが、あれは副作用によって髪の毛が抜けてしまったという事が表されているんですね。

ちなみに、抗がん剤は一度で完結するものではなくて、種類によって違いがありますが、4回から6回程度を目安にサイクルを組んで計画され投与されます。

抗がん剤後の副作用はずっと続く訳ではなく、数日から数週間で軽くなっていくとは思われますが、副作用が軽くなってホッとしていたら、すぐ次の投与といった患者さんも少なくはありません。

上手くなんとか抗がん剤の副作用に対しての心構えと、少しでも軽減できる為の方法等考えていくことが出来れば、乗り越えていく事が出来るのではないかと思います。

POINT:立ち向かう強い姿勢と意志を持って向かっていけるといいですね。


ステロイド点滴で一番きつい副作用はどのような感じになる?


ステロイド点滴の種類や使われる疾患、効果、副作用は様々ですが、ほぼどのステロイド点滴でも副作用が起きてしまう恐れを持っています。

副作用は人それぞれ起こるタイミングや程度に違いがありますが、一番きつい副作用はなんなのか恐れてしまいますよね?

ステロイド点滴をしてすぐに起こる副作用は、じんましんや発汗、吐き気、嘔吐、呼吸困難、発熱、腹痛、血圧低下等です。

特にどれがつらいとは言えなくて全部つらいものですね・・・。

投与後何日かで起こる副作用は、口内炎等です。

何度かステロイド点滴をしていると脱毛も起こってきます。

投与すぐの吐き気等が一番つらいですが、女性は特に脱毛もかなりつらいのではないでしょうか・・・。

元気になる為だとは分かってはいてもつらいものはつらいものです。

POINT:周りのサポートもさることながら負けない気持ちを持ちたいところ。


まとめ


ステロイド点滴について効果や使われる症状、副作用の種類や程度等を紹介しました。

ステロイド点滴の種類は様々で、使われる症状も幅広く存在します。

しかし、どのステロイド点滴も効果がある分、副作用の恐れも持っています。

ステロイド点滴の副作用で多いのは吐き気や嘔吐、脱毛等です。

中でもひどいのは呼吸困難や血圧低下など、命の危険にもなる症状があります。

少しでも副作用を軽くして元気になる為にも、対処法等をお医者さんとしっかり相談しながら治療していく事が大切です。

少しでも明るい未来が望めるのであれば、そこを目指して進んで行きたいと私は考えます。

あなたはどう考えますか?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク