勉強が意味ないと感じる子供に親として説得は必要なの?

スポンサードリンク

[子供教育]


子供が勉強をせずに違う事に夢中になっていると、ついつい「なんで勉強しないの?勉強しなさい!」と、叱ってしまう親御さんも多いのではないでしょうか?

他に興味が強くありすぎるから等、子供によって勉強しない理由は色々ありますが、中には勉強自体に意味を感じられないという子供もいる事をご存知でしょうか?

子供が何故勉強しないのか、何故勉強が意味ないと感じてしまうのかを知れば、子供を勉強させる為にもなりますね。

ここでは子供が何故勉強に対して意味ないと感じるのかを紹介していきます。


子供が勉強に意味がないと感じるのはなぜ?


子供が勉強は意味ないと感じるのは何故なのでしょうか?

漠然と勉強なんてつまらないしといった子もいますが、他にも現在の勉強がどのように将来に繋がるのかの道筋が見えないと、将来の事で思い悩んでいる子も多いようです。

確かに私達大人も子供の時に、大人から勉強は必ず役に立つからしっかりと励みなさいと教わりましたが、実際どのように将来に繋がるのかは分からなかったですよね。

しかも大人に「勉強する意味はあるの?」と聞いても、役に立つとしか教えてもらえなかったという経験はありませんか?

もし、今子供から「勉強する意味は?」と聞かれても、ビシッと答えてあげられる人は少ないのではないかと思います。

ここでただ一点張りに「いいから勉強なさい!」と言っても、子供も向きになるものなので中々上手くいかないものですよね。

POINT:自分自身を振り返りあの時感じていたことを振り返ってみましょう!


勉強に意味を見出せない子供に親として説得は必要なの?


子供が勉強する意味ないと感じていて「勉強は何故しなくてはいけないの?意味はあるの?」と聞かれて、上手く説得する事は出来るのでしょうか?

子供に問いつめられると思わず「良いから勉強しなさい!」と怒鳴ってしまいそうになるかもしれませんが、これは説得ではなく逆切れというものになってしまいます。

将来の事で不安になっている子供は、増々何を信じていいのか分からなくなってしまう恐れがあります。

とは言っても、説得とは難しいものです。

なので、勉強に意味を感じられない子供に対しては、説得よりも子供自身が勉強に意味を感じられるように導いてあげることが良いです。

例えば子供が「勉強は意味がない」と言ったら、「勉強は意味がないの?」と同じ言葉を投げかけてみて下さい。

続けて「どんな風に意味がないの?」と聞いてみるのも良いです。

大人が勉強の意味を聞かれて思わずウッとなるのと同じで、子供も勉強のどこが意味ないと思うのかを聞かれると考えてしまいます。

子供が何か答えを見つけたらよく耳を傾けて聞いてあげて下さい。

これは、説得することよりも効果があります。

というのも、人間には誰かに押さえつけられるよりも自分で考えだしたことが、最も影響を与えることが出来ます。

まずは、こちらから意見を述べるのではなく、子供が何を考えているのか?という聞く力をつかうのがいいでしょう。

その際の取っ掛かりとして効果的な方法は、先程言ったように子供が言ったことを繰り返すということです。

これは、単に子供自身に考えさせる以外にも、子供としては「あなた(親)がちゃんと自分の話を聴いてくれている」と感じる効果もあるので、試す価値はあります。

POINT:まずは子供自身にきちんと考えさせるようにするといいでしょう!


子供と話す際に注意しなければいけない点はある?


子供との会話はどのように行っているでしょうか?

一方的に子供に「あれしなさい」、「これしなさい」と押し付けてしまってはいませんか?
又、子供の言葉に耳を傾けていますか?


子供は自分のしている事や感じている事、考えている事が正しいのかの判断が出来ないものです。

そこで話しかけた親がまともに言葉を聞いてくれなかったら、どうしたら良いのか分からなくなってしまいます。

子供にしなければならない事を押し付けるのではなく、なるべく自分からやれるような環境を作って聞かれたら、「やらないの?」と問いかけるように質問してみるのが良いです。

特に勉強に関しては嫌いな子も多いので、丸投げで押し付けるのではなく、一緒に向き合う姿勢をとってあげて下さい。

家の勉強スペースをリビングにするのも、忙しい時等にコミュニケーションが取りやすいのでおすすめです。

POINT:親としてできることはサポートなのでそこはいつでも出来るようにする!


まとめ


勉強が意味ないと感じる子供に、親として説得は必要なのかに関して参考になる事を紹介しました。

子供の頃に勉強する意味や理由を、大人に聞いた事がある人は多いかと思いますが、返ってきた返答は明確なものでは無かったという記憶をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

子供のうちはただ理由もなく押し付けられると、向きになって反抗してしまいがちです。

本人が自ら勉強に意味があると感じられるように、意識を向けてあげることが大切です。

また、親として何かをアドバイスするという場合は注意が必要です。

間違っても「お父さん(お母さん)の時代はな~、・・・、今はこんなに楽になったんだぞ!」と言ったような、過去の話はすべきではないです。

なぜなら、それは親にとっての自己満足でしかすぎず、子供にとっては「はぁ~、また始まったよ・・・」っと、おもうだけで何も伝わらないからです。

自分が子供の頃のことを考えると親にどうしてほしかったのか分かるかもしれませんね!

ここからは私が思う勉強方法ですが、やはり初めのうちは親も一緒になって勉強時間を作るというのが一番いいのではないかと思っています。

習慣化させることが出来れば(勉強をやる時間を1日の中で取ることが当たり前になれば)、その後は自然とやるようになるのではないでしょうか?

親として大変な時期で、特に夕方は夕ご飯の支度でバタバタになるのもわかりますが、計画的に子供と勉強の時間を確保できると、その後の環境にも効果があると考えます。

あくまでも私の個人的な意見として聞いて頂けると幸いです^^

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ