スポンサードリンク



ディズニーランドでは季節に合わせてイベントが行われています。

この毎年開催されているイベントのうち春に行われている人気イベントはどのようなものでしょうか?

ディズニーランドはアトラクションを楽しんだり、お買い物を楽しんだりするのもいいですが、なんといっても季節に応じたイベントが見所のひとつかと思います。

そこで、今回は春に行われているイベントについてどのようなことが行われているのかその内容と、その中で一番人気があり混雑するのは何のイベントなのかを紹介しようと思います。

私の個人的な意見も含まれてしまいますので、イベントを熟知している方にとっては不満もあるかもしれません。

しかし、あまり知らない人が今後春にディズニーランドに行く際の参考になるかと思いますのでご覧いただければと思います。

ちなみに2018年のイベント期間になりますのでそれ以外の年では若干の誤差があるかもしれませんがご了承ください。


ディズニーランドで春にあるイベントは?



ディズニーランドで春に毎年行われていて人気があるのは、「ディズニー・イースター」というイベントです。

しかし、

ここで悲しいというか、今年のディズニー・イースターはディズニーシーで開催されることとなっています!

この点は注意が必要でしょう。

このディズニー・イースターというイベントは、2014年から開催されるようになった比較的新しいイベントになります。

しかし、人気が高いようで早くも定番のイベントの一つとなっているようです。

ディズニー・イースターが開催されている期間は2018年3月27日(火)~6月6日(水)までとなっています。

後に説明している“イースター”の意味からすると、春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日という1日になります。

そのためその時期が最大で1ヵ月ほど変動することも理由の一つかもしれませんが、ディズニー・イースターは一定の期間を設けて開催されているんですね。

この時期のパーク内はディズニーキャラクターがイースターウサギと楽しむデコレーションを各所に配置されています^^

普段と違うパークを見ることが出来るのも楽しみの一つといえるでしょう!

POINT
35周年記念の関係からか今年はディズニーシーで行われる!


ディズニー・イースターってどういう意味なの?



2014年からできた比較的新しいイベントというお話をしましたが・・・

“イースター”ってそもそもどういう意味か知っていますか?

イースターとは、“復活祭”とも言われていて、イエス・キリストの復活を祝う記念日のことを言い、それがこの春の時期なのでディズニー・イースターとしてイベントテーマになっているんです。

このように本来イースターは、記念日という1日をのみなのですが、毎年日付が変わり具体的には3月22日~4月25日の間の日となっています。

したがって約1ヵ月、周期の関係でズレが生じてしまうのでこの日!とはいかないのですね。

ほかの季節で行われるディズニーイベントと比較して開催期間が2カ月超と比較的長い期間行われています。

POINT
“復活祭”というキーワードを知っているだけで楽しさ倍増!


ディズニー・イースターのパレードってどういうの?



イースターにちなんだパレードは“ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム”というのが1日に2回~3回、お昼の約40分を公演時間として行われています。

ウサギの耳をつけたミッキーなど普段見ることの出来ない新しいコスチュームを見ることが出来きますよ^^

途中には「今日の運勢を占うタマゴ占い」が行われてゲストを巻き込んで掛け声や手遊びで参加できるので、パレードの一体感を感じることが出来ますね!

停止位置については様々なブログで詳細に解説されているようですので、ここでは控えさせていただきます、興味がある方は調べてみてください。

ただ、先ほども述べた通り今年はディズニーシーで行われるので、メディテレーニアンハーバーで行われるとしか今のところ明らかになっていないようです。

どうなるのかは乞うご期待という感じですかね^^

POINT
今年はディズニーシーなので例年と同じとはいかない!


イースターとタマゴ・ウサギの関係は?



このディズニー・イースターの時期パークはタマゴやウサギ(バニー)が至る所で出現しています。

これはいったいがどうしてなんでしょうか?

実はこれもイースターから来ていて・・・、

イエス・キリストが復活する際に死という殻を打ち破って復活したと言われています。

これがヒヨコのようにタマゴの殻を破るのを連想させることから“新しい命”としてタマゴが復活のシンボルとなっているんですって!

因みに、このタマゴはイースターエッグと呼ばれるようになったと言われています。

少し話がそれますが、この日はタマゴを使った催し物が、そもそも世界各地で行われていたるんですよ!

日本にいるとあまり馴染みがないかもしれませんが(汗)

それによりウサギ(バニー)もイースターウサギとかイースターバニーとしてイースターのシンボルとなっています。

この後のディズニー・イースターの企画の紹介で詳しく載せているので、このまま読んで頂ければと思います。

が、

簡単に言うと各地で行われていた催し物の最中に、ちょうどウサギが出現したことをきっかけにシンボルとされたようです。

POINT
ディズニー・イースターをきっかけに日本でも今後流行るかも!


ディズニー・イースターの一番人気企画は?



こちらも例年のお話しかできないのですが・・・

期間中は有料ですが“エッグハント”プログラムが用意されていてパーク内の様々な場所にあるイースターエッグを探し、その中から正解のタマゴを見つけ出すという企画もあります。

因みに、正解のタマゴを見事に見つけることが出来ればプレゼントも用意されているようですので、それに参加するのも楽しみの一つかもしれませんね!

さて、ここで疑問に感じた人もいるかもしれませんが、何でタマゴを見つけるというイベントなのでしょうか?

当然これも“イースター”にちなんだ企画になっており、そもそもイースターの日には森の中に色つきの卵を隠して、それを子供達に探させるということが行われていました。

あらかじめ隠していることに気付いていない子供たちは、不思議に思っている子供たちの前にウサギが現れたため、子供たちはウサギが卵を産んだと思ったそうです。

そこから“イースターウサギ”が“イースターエッグ”を産んだと伝承されるようになり、イースターウサギ・イースターエッグがイースターのシンボルとなっていったようです。

このイースターエッグにちなんで、エッグハントというイベントが開かれているようなので参加して見てはいかかでしょうか?

先ほども述べたように、このような遊びを海外では昔から行われていたんですね!

そのため日本でも今後このような遊びが流行るのかも!?しれませんね^^

POINT
ウサギ・タマゴがイースターには欠かすことが出来ない!


まとめ


今回はディズニーランドの毎年恒例のイベントのうち、春に行われるイベントで一番人気がある企画を紹介しました。

春にディズニーシーを訪れる際は今回紹介したイベントや企画に参加しすることを検討してみてもいいかもしれません。

楽しみ方は他にもあるかもしれませんが、“イースター”の世界観をディズニーがアレンジしているこの期間を是非一度体験してみてくださいね!

また“イースター”の意味が分かって頂けた方は、更に楽しめるかと思いますので今回はイースターの意味についても説明しました。

古くから伝承されている聖書にも出てくるお話しですので、知っていて損はないかと思いますので知識として知っておいていただければと思います。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク