トクホのお茶は危険なの?ダイエット効果があるって本当に?

スポンサードリンク

[トクホ]


トクホという存在を知っていますか?

トクホ商品は最近ではコンビニやスーパーでも見かけるようになっているので、見た事はあるという方は少なくないと思います。

トクホと言われるとピンとこなくても、人が背伸びをしているかのようなマークと言われると「あぁ!」と言う方が多いですよね!

ここでは、トクホ商品にはお茶もあるということがテレビのコマーシャル等でも宣伝されていますが、果たしてその効果はいかほどのものなのでしょうか?

又、ダイエット効果があるというのは本当なのか、危険ではないのかを紹介します。


トクホのお茶は普通のお茶と何が違うの?


トクホのお茶は普通のお茶と並んで、コマーシャルやメディアで紹介されているのを見かけた事がありませんか?

トクホのお茶は、特定保健用食品として表示される効果や安全性等で、国の審査を受けて認められたお茶という意味になります。

そして、含まれている成分によって、身体に何らかの効果があるとされてその効能がパッケージにも表示されているんですよ!

特定保健用食品の制度は、1991年から始まって以来最近になって身近な存在になってきました。

今では、トクホ商品を目にした事がある人や、購入した事がある人は増えていますよね。

トクホのお茶の効能には、お腹の調子を整えるや血圧、血中コレステロールなどを正常に保つ助けをするがあり、難消化性デキストリンや茶カテキン等の成分が含まれています。

POINT:トクホのお茶は国で認められている効果・成分が含まれているものをいう!


トクホのお茶は危険なの?


特定保健用食品は薬ではないとはいっても、商品によっては「中性脂肪を下げる効果」や「血糖値を下げやすく」など効能が書かれていると・・・

もしかしたら、副作用があるのではないかと不安になってしまいますよね。

トクホのお茶は、健康志向の高い人や美容にこだわりがある女性に多く飲まれていますが、重大な副作用の情報は無いようです。

ただ、やたら飲み過ぎたりすると、含まれている成分を過剰摂取する事になってしまいます。

例えば、カフェインは胃腸を荒らしてしまいますし、心臓が弱い方は注意しなくてはいけません。

いくら良い効果が期待できても、それによって別の体調不良が起こってしまうのは困りますね。

又、トクホのお茶に含まれているポリフェノールは、海外で薬としても扱われているので安易に摂りすぎてしまうのは完璧に安全とは言えません。

適度に生活習慣に気をつけながらプラスとして取り入れると良いです。

POINT:過剰摂取は禁物で生活習慣も改善することを心掛けよう!


トクホのお茶はダイエット効果があるの?


トクホのお茶には、体脂肪を落とす助けや脂肪吸収抑制や血圧の安定等という効能が表示されていて、まるで「飲めば痩せるのではないか?」と解釈してしまう宣伝が沢山溢れています。

しかし、そんな甘い話は無く、トクホのお茶を飲むだけで痩せるということはないです。

トクホのお茶はあくまでも、“手助け”のような存在なので、それ自体が強い効果を発揮することという訳ではないんです。

ただ食事の前に飲んだりして脂肪分の吸収を抑えたり、食後の血糖値を上げにくくする作用があり、生活も補助的に飲むのはとても効果的です。

食生活をバランス良く行って運動も適度にしつつ、プラスでトクホのお茶を取り入れる事で嬉しい結果に繋がります。

ちなみに、食事制限や単品ダイエットは飽きる事が問題ですが、トクホのお茶は各メーカーで何種類か販売されているので、飽きる事もなく自分に一番合う商品を見つけやすいのが嬉しいですね。

POINT:生活習慣の改善+トクホのお茶でさらに効果的になるイメージ


まとめ


今回は、トクホのお茶は危険なのか?ダイエット効果はあるのか?について紹介しました。

トクホのお茶は、特定保健用食品として国の審査を受けて合格した効果・効能を持ったお茶です。

しかし、薬ではないので100%効果を発揮するという訳ではありません。

人それぞれ体質等の違いもありますし、副作用が必ず無いとも言えません。

ダイエット効果があるかもと、過剰摂取してしまうと、含まれている成分によって胃腸障害や心臓に負担をかけたりといった、望んでいない症状が出てしまう恐れも否定できません。

適度な運動と、バランスの良い食生活にプラスで加える事をお勧めします。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ