Uber taxiとUber Eatsとタクシーの違いは?使い方やドライバーになる方法は?

スポンサードリンク

[Uber(ウーバー)]


Uber taxiを聞いた事がありますか?

「使い慣れてる!」という人よりも、「聞いた事も無い」、「何それ?」と言う人が多いのではないでしょうか?

Uber taxiは元々はアメリカで、Uber (ウーバー)というアプリ型のタクシー配車サービスが始まりです。

2016年10月から日本でも登場しました。

現在では、500以上の都市で展開されていて、Uberの種類で他にもUberPOOLも存在しています。

今回は、Uber taxiについてどういうアプリなのか、利用方法は?ドライバーになるにはどうしたら良いのかを紹介します。


Uber taxiとUber Eatsとタクシーの違いは?


Uberというサービスには、Uber Eats の他にも2009年にアメリカで誕生したタクシー配車サービスのUber taxiがあります。

Uber taxiはアプリ操作のみでタクシーを必要としている人と運転をしたい人をつなげてくれ、運転手と会話を交わさなくても乗車できるので日本語を話さない外国人等にとっても便利です。

東京都内ではハイヤーという高級車や大人数が載れるブラックバン、プレミアムタクシー、通常のタクシーといった4種類から選ぶことができます。

一方Uber Eatsは食事の出前アプリです。

アプリの中でお店とそこのメニューが見られて簡単に注文する事が出来ます。

注文した食事は配達人や一般人で配達をしている人が、自転車やバイク等で届けてくれます。

お腹が減ってしまって今すぐ食べたい!でも美味しいものが食べたい!等の時に、お店まで足を運ばずに食べられるのは嬉しいですね!

POINT:タクシーのような専属の運転手がいないのがUberの特徴


Uber Eatsの使い方を教えて!


Uber Eatsは食事の出前アプリで、最近では徐々に知られるようになって、利用者も増えている傾向にありますが、実際の使い方を知っていますか?

名前すら聞いた事がない、名前は知っているけれど使った事がない方は多いかと思います。

Uber Eatsというアプリの使い方を順を追って紹介します。

まず、アプリなのでそのアプリをダウンロードする事から始まります。

1.ダウンロードして連絡先やプロフィールを入力していきアカウントを作ります。

このときに決済方法の選択がありますが、クレジットカードとPayPalが使えます。


2.登録が終わったらいよいよお店とメニュー探しです。

中には、自分が現在いる場所から30分以内で食事を届けてくれる所もあったりするので、お腹がペコペコな人は探してみて下さいね。

日本料理だけではなく、タイ料理やインド料理など外国の料理も選べて、種類豊富なのでいつも食べないようなものにもチャレンジできます。


3.お店をとメニューを選ぶと所要時間が出てきて、ドライバーの位置もリアルタイムで知る事が出来ます。


4.受け取ったら美味しく頂きましょうね!

POINT:アプリでお店選び⇒注文⇒配達⇒支払を一括で出来るツール


Uber Eatsのドライバーになるにはどうすればいい?


Uber Eatsのドライバーは、正規に働いている人だけではなく、一般人もいる事を知っていますか?

一般人で食事を届けている人は、どうやってドライバーになったのでしょうか?

Uber Eatsのドライバーになるには、食事の注文と同じく登録が必要です。

実際にUber Eatsを使っている人はそのIDが使えます。

登録をしてからまず説明会でマニュアル等を聞きます。

説明会は東京では渋谷にあるUber JAPANや貸しスペースを借りてで行われます。

何故貸しスペースの場合があるかは、説明会に参加する人が多い時は50人にもなるからです。

結構皆さん利用しているんですね。

Uber Eatsのドライバーの利点は好きな時に働けてお金もしっかりもらえるところです。

ちなみに食事をこぼしたりといったミスは、Uberが責任を取ってくれるようですので、お客さんとのトラブルも少なく済みます。

POINT:一般人でも講習を受けることでドライバーになることが出来る!


まとめ


UberについてUber Eats とは何なのかや、Uber taxiの違い、Uber Eatsのドライバーになる方法を紹介しました。

Uber Eatsは食事の宅配アプリで、Uber taxiはタクシーの配車アプリです。

Uber Eatsのドライバーになるには登録して説明会を受けます。

Uber Eatsは東京都内の一部でしか対応していないので、名前も聞いた事がないという人が多いですが、これから対応地域が増えて沢山の人が利用するようになることかと、思いますので楽しみですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ