スポンサードリンク


2歳児へのしつけはしていますか?

2歳児はまだ言葉の理解が難しい時期で、同時期にはイヤイヤ時期と言って親が言った事に対して、「あれ嫌だ」「これ嫌だ」と言う反抗期も重なる頃ですよね。

自立欲求が生まれるので、どうしつけたら良いのか分からなくて悩んでしまう、お母さんやお父さんも多いのではないでしょうか。

ただ、色々な事を体験して学習する時期でもあるので、果たしてどこをどう“しつけ”れば良いのか、自立心を伸ばそうとしている時にしつけは必要なのか?と思いますよね。

2歳児はしつけた方が良いのか、しつけるとしたらどのようにしつけるべきかを紹介します。


2歳児をしつける必要はあるのか?


2歳児は自律欲求によって自己主張が強くなる時期ですが、その反面何が良い事で何が悪い事なのかを理解していない場合が多いです。

また、それに加えイヤイヤ期も重なって自分の思いが通じなかったら泣いたりと癇癪を起こすので困ってしまいますよね。

ついつい苛立って怒ってしまったり、ひどいと怒鳴ってしまうというお母さん・お父さんも多いのではないでしょうか。

しつけが必要かに関しては、悪い事なら必要です。又、悪い事ではなくとも危険に繋がるような行動は止めなくてはいけません。

悪いことと良い事の区別をつけて教えてあげなければ、怪我や事故に繋がったり将来的にも自律した人間になれないと子供自身が困ってしまいます。

子供の為にも2歳児のうちからしつけはしっかりとしたほうが良いです。

POINT:2歳児は判別が出来ない部分があるので教える必要がある!


2歳児をしつける叱り方は?


2歳児に対してしつけをしなきゃと思って始めたけれど、中々理解してくれなくて叩いてしまったという話を聞いた事がありますが、皆さんはどうでしょうか?

2歳児に対して叩いてしつけてしまうと、悪い事→悪いではなく悪い事→恐怖に繋がる事と頭の中に刻んでしまいます。
これはダメですよね。

では、叩かずにまだ言葉が理解できない2歳児をしつけるには、どうしたら良いのでしょうか?

2歳児の場合のしつけは、しつけ=叱ではなくあくまで事の良し悪しを見分けるためと挨拶等コミュニケーションに対してを指しています。

家族だけではなく外の知り合い等にあった時の挨拶や何かしてもらったとき、してしまった時の「ありがとう」「ごめんなさい」を教えてあげる事は何よりも大切です。

後は2歳児は好奇心旺盛で色々な事にチャレンジする年頃なのですが、やたら手を出すのではなく見守ってあげて悪い事をしたり、怪我をしそうだったら止めて教えてあげると良いです。

親としてはとてもハラハラしますが、グッとこらえて子供が学んでいく姿も見守りましょうね。

POINT:頭ごなしに押さえつける教育ではなく見守ることも選択肢としてあるといい!


2歳児へのしつけは怒らないとダメ?


しつこいようですが2歳児は何が悪い事で何が良い事なのかの、境界線的なものがありません。

ここでやたら強めに怒ってしまうと、何が悪い事なのかが分からずにひたすら恐怖だけが記憶に残ってしまいます。

怒って叩いてしまうと叩いて痛みで子供をしつけるのは、子供は叩かれる事はしたくないと何をするにもドキドキしてしまいます。

もっとひどい場合は相手の感じる感情や痛みも分かっていないので、他の子や動物を叩いたりしてしまう恐れもあります。

2歳児のしつけは大人が手本を見せたりして、自然と良い方向へいくようにしてあげる事が大切です。

後は物事や思い通りにならなくてぐずっていたりしたら、怒るのではなく他の事に気を向かせてあげたり、気持ちの切り替えをさりげなく手助けしてあげて下さい。

後は「応援してるよ」「見ているよ」と温かいまなざしを向けてあげて下さい。

>POINT:怒ることは親として簡単だけど子供へは?という気持ちを持つといい!


まとめ


2歳児をしつける必要はあるのかについて紹介しましたがいかがでしたか?

2歳児は自律欲求が高くなって、好奇心旺盛になる一方でイヤイヤ期といって反抗する時期です。

その時期に怒ってしつけると、何が悪いか分からず何かをすれば怒られると恐怖に感じてしまう恐れがあります。

2歳児に対してのしつけは、危ない事や悪い事は言葉と表情でしっかり教えてあげて、自ら学ぼうとしている行動に対しては、温かく見守って応援してあげて下さい。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク