スポンサードリンク


あなたの家庭では、夫と妻どちらがお金の管理をしているでしょうか?

日本では妻が家計を管理している家庭が多いですね。

では、妻はどんな買物をしているか知っていますか?

仕事の休日に、食事の材料や日用品を夫婦や家族全員で出かけてショッピングを楽しむ家庭も多いですが、よく見たら知らない新しい洋服や靴を履いていたり、家に知らない夫から見れば何て事ない置物があったりはしませんか?

妻がお金をどのように管理しているのか結構気になりますよね。

ここでは一部例として妻のお金事情を紹介します。


妻はどれくらい自由にお金を使っている?


家計を主に妻が管理しているお宅の妻は、どれくらいお金を使っているものなのでしょうか?

主婦のお小遣いを調査したとある結果は、平均約1万6千円となっていました。

その中でも、若い主婦では1万円以下、5千円以下なんて方もいました。

ただパート等でお金を稼いでいる方は、2万とか結構価格が上がります。

夫の収入で家計をやりくりして、自分のパートや副業の収入はお小遣いへなんて方も少なくはないようです。

夫の収入は、全てのお宅の収入の差や地域によっても違いが出てきますが、
  • 中にはお金の管理が出来ない妻に困っている、

  • 家計簿をつけている様子はない、

  • 無駄な物をしょっちゅう買っている、

  • 新しい洋服が多い

なんていう妻にため息をついている夫の意見もあります。

POINT:環境によってまちまちだけど夫はあまり厳しく見ない傾向がある


妻のお金の使い道は?


妻はどれくらいお金を自由に使っているかでは、家計のやりくりが出来ないような話をしてしまいましたが、食費や光熱費もろもろは夫の収入からそれぞれ分割されて、家計がきちんとしている家庭も勿論多いですよね。

では、妻がお小遣いを使う場面とはどんな場面なのでしょうか?

例えばですが、お子さんがいる家庭ではママ友との食事会等お付き合いや、単にブランド好きでバッグや洋服、アクセサリーを買ってしまう、カフェ巡り等の気分転換、習い事等の趣味が多いです。

夫側からしてみれば、女性の買物の価値観が理解できなくて、ましてや自分の小遣いを管理されていたら、少なからず不満を抱いてしまいますよね。

ただ夫が会社等の付き合いで飲みにいくのと同じように、主婦にとって近所付き合いやママ友会は大事な行事になっています。

近所付き合いが良好ではないと、家庭を守る事が出来ませんし、ママ友の世界も結構恐いので子供を守る為には、必要不可欠な付き合いなのですよね。

自分勝手な使い道もある可能性は残るが生活環境から仕方がない場合も!

スポンサードリンク


嫁の金使いの荒さを直すポイントを教えて!


嫁が近所やママ友付き合いとかで、生活環境を整える意味でも必要なものに使う場合はまだわかりますよね。

ただ、ブランド好きや趣味が多かったりマニアックな趣味で、工芸品と価値の理解が出来ないような物を、勝手に買ってしまったりする場合・・・

金遣いが悪すぎるというご家庭、いつか破産するのではないかと不安になっている夫もいますよね。

でも、直接「金遣いが荒いぞ」何て事を言ったら、喧嘩に発展するかもしれないという不安も拭いきれないものですよね?

ブランド好きの嫁の場合は、まず部屋のクローゼットやその周辺を一緒に見てみてはいかがでしょうか?

洋服やバッグが沢山溜まっている場合は「これは着てるの?使っているの?」と確認してみても良いかもしれません。

普段買うだけであまり使わない物もあると思うので、改めて見てみると必要な物とそうではない物がはっきり見える物ですので、休日にでも仲良くお部屋の掃除がてら相談してみて下さいね。

まずは頭ごなしに起こるのではなく話し合ってみるのがいいでしょう!



まとめ


妻のお金の使い道、金遣いが荒い場合の改善法などを紹介しましたがいかがでしたか?

家計を妻がやりくりしていて、夫はあまり把握していない家庭も多く、知らない間に物が増えていたり、やたら高そうな物を身につけている妻は要注意です!

ただ、軽いママ友会や近所付き合いは家庭を守るべき付き合いなので、お金を使いすぎていなければお互いの了承を得て理解しあうことも大切です。

金遣いが荒い場合は、一度一緒に購入品を見て必要かそうでないかを区別すると良いです。

ただ、大事なことは妻も家計をやりくりしてくれている大事な存在です。

決して間違っても、「誰が稼いだ金だと思ってるんだ!!」なんてことは言わないようにしましょうね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク