十五夜っていつからあるの?歴史や何をするのか知りたい!

スポンサードリンク

[十五夜]


夜空に浮かぶ月を見ると癒されますよね。

季節でいえば、特に秋は夜空をふと見るとキレイな月に感動したといったことはありませんか?

秋は月がキレイで、十五夜になるとそのキレイさは一層増しますよね。

でも、十五夜ってなぜ十五夜と呼ばれているのか考えた事はありますか?

十五夜はいつからあり、何を意味しているのでしょうか?

十五夜の由来を知ることが出来れば、何となくイベントの流れとして行っていた月見ももっと深い物になりますよ!


十五夜っていつからある文化なの?


十五夜の月はどんな様子でしょうか?

いつもにも増してキレイなまん丸お月ですよね。

俗にいう満月と呼ばれる月の事が多いですが、そもそも、月見はいつから始まったのでしょうか?

まず、お月見の正しい日は旧暦8月15日で現在で言えば9月にあたります。

9月といえば、蒸し暑さが薄れてきて夜になると涼しくなる時期なので、あんなに満月が幻想的に見えるのですね!

では、毎年毎年十五夜には満月!これって凄い事のように思えますよね?

これは、月の巡りの仕組みで基本的には、新月から15日かけて満月になったらまた15日かけて新月になるといったように、30日で新月から満月へと繰り返しています。

月見の最初の始まりは平安時代と言われています。

十五夜の前には新月を見て、毎日月の変わり方を見るのも移り変わる姿に心が癒されるのも良いですね!

POINT:十五夜のお月見という文化は平安時代から既にあったと考えられている!


十五夜の歴史を教えて!


月見の始まりは平安時代と紹介しましたが、そこからどんな風に変化して人々の生活に馴染んでいったことで、今の十五夜に至るのでしょうか?

月見の始まりの平安時代の人々は、池に船を浮かべてその上で月見酒とともに月に酔いしれていたようなんですが、なんで船なんだと思いますよね?

当時は月=不吉といった言い伝えが濃かったようで、水面に映った月を目にしていたようです。

何だか少し現代人からしてみればもったいないなと思ってしまいますが、当時の人にとって言い伝えはそれほど強いものだったんですね。

お月見が広くなったのは、江戸時代といわれていてこの頃から多くの人が、十五夜という日への考えになっていったんです。

そして、月=不吉ではなくて、月=作物を良いものへ育てるパワー(繁盛)=縁起がいい、というイメージへ言い伝えも変わっていきました。

なんだか良いイメージになって、実に1000年間かけて現代まで残ってくれたなんて感動しますね。

江戸時代ごろからのイメージ印象が現在もなお受け継がれている!



十五夜に何をするのが正解なの?


お団子を食べましょう!と言いたいところですが、何で月見=お団子なのかとてもひっかかりますよね?

お団子でなければならないとても深い意味があるに違いないと。

ところが調べた結果、そこまで深い意味は持っていませんでした。

ただ、お団子は十五夜になると、月見台という場所にお供えしますよね。

実は、お団子に限定されている訳ではなく、昔は季節が里芋を収穫できるシーズンで里芋をお供えしていたそうです。

そして今では、お団子はお団子でも地域や家庭によって真っ白いお団子だったり、あんこが載っていたりきな粉がかかっていたりしますね。

これは風習によって変わるので、あなたが住んでいる地域や、家のやり方に習うのが正解かもしれませんね。

でも、あんこやきな粉がかかっていると香しい香りで、なんだかちょっとお腹がすいてしまいますね。

その地域の昔からの風習に習うというのが文化を感じられていいでしょう!



まとめ


十五夜はいったいいつからあるのか?について、歴史や由来を紹介しましたがいかがでしたか?

十五夜は元々お月見が平安時代に始まってから、江戸時代になって習慣づけられるようになりました。

平安時代では月=不吉だった言い伝えも、江戸時代頃には、月=作物が良い物になるパワーといった言い伝えに変わってきたことで、今の十五夜があるのですね!

又、月見と言えば団子ですが、これも元々は作物である里芋からきていて、お供え自体に厳格な決まりはないようです。

これから十五夜の意味や由来を、心にとめて月見をしてみると感動が一層深まりますね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ