防災の日って毎年いつなの?意味・由来を教えて!

スポンサードリンク

[防災の日]


防災の日を意識した事がありますか?

日本は震災などが多くて、防災への注目が高くなり防災週間等や毎年防災の日がありますが、この日は何をする日なのでしょうか?

最近は地震や豪雨、強風や竜巻が頻繁に起きている地方も多くて、ニュース速報に敏感になっていて、防災はとても大事なものになってきていますよね。

防災の日があるだけで、実際何をすればいいのかあまり分からないという人もいると思います。

これからの日本に必要な防災にちなんだ防災の日がいつなのか、何をする日なのかを紹介します。


防災の日って毎年いつ?


防災の日は、毎年9月1日と1月17日になっていて、この日を中心に防災週間があります。

どちらかというと、記憶にハッキリとこの日が防災の日だとあるのは、9月ではないでしょうか?

1月17日はボランティアの日でもあります。

2017年を例にすると防災週間は8月30日から9月5日です。

この9月1日というのは、関東大震災が起こった日で1960年に、防災の日として定められました。

震災が起こった日を防災の日とすることで、日本人それぞれの防災への意識がより高まるようにと定められたんです。

防災自体は、最近の日本は震災が相次いで起きている為に、意識し始めたのは最近で防災の日が、いつからあるのかは知らないといった方も多いと思います。

しかし、日本は結構昔から防災への呼びかけを、熱心に行ってきていたんですね。

是非この防災の日は、様々な自然被害に対しての防災知識を身につけて、準備万端にしておいて強い心構えを固めたいですね。

POINT:防災の日は過去の経験を忘れない教訓として意識を高めようと設けられている


防災の日の意味・由来を教えて!


防災の日は、関東大震災が起きた事を受けて防災への対策を未然に出来るように、備えと心構えが出来るように定められたもので意味としては、「災害を防ぐ為の意識を高める日」になっています。

元々9月というのは、関東大震災が起こる以前に台風が多い季節なので、自然被害に備えましょうという意味もあります。

日本には古くから立春から数えた210日に当たる日で、台風が起こりやすい9月1日を厄日として考えられてきました。

9月はイネの開花時期も重なるので、自然被害は今だけではなく昔の人にとっても、とても厄介なものですからね。

防災の日の意味や由来は以上のことですが、防災の日によってこれからの自然被害や災害が出来るだけ小さくなるように、意識を高めて備えたいものですね。

「災害を防ぐ為の意識を高める日」として防災の日がある!



防災の日に何かすることはあるの?


防災の日に並んで毎年行われる防災週間は、昭和57年から始まりました。

その日は例えば学校や会社なんかは、講演会や防災訓練等が行われているのをご存知でしょうか?

防災の講演会では、過去の自然被害の紹介から防災グッズ、対策方法やおすすめの内容になっています。

防災訓練では実際にどのような感じで警報が鳴るのか、どのような行動・姿勢をとれば良いのか、避難経路はどうか等のシュミレーションを行います。

家庭では、防災の日に特に〜をしましょうといった決まりはありませんが、テレビ等のメディアでは多く震災について流れています。

この防災週間に防災グッズを購入したり整えても良いかもしれませんね。

後は家の屋根やドア等が、脆くなっていないか等の確認の日の目安にもなりますね。

平和な日常を過ごしていると、つい頭から離れていってしまう危機感ですが、防災の日等の期日によって意識を高める事が出来ますね。

『治にいて乱を忘れず』ということわざもありますが、平和な時こそ万が一のことに備えて行動できるようにするきっかけにあると良いかもしれませんね^^

POINT:『防災の日』を設けることで再認識する機会となることが出来る!


まとめ


防災の日はいつなのか、意味や由来から何をする日なのかを紹介しました。

防災の日は関東大震災を受けて定められて毎年防災週間として行われます。

個人個人では、特に何をするという決まりはありませんが、学校や会社等では実際のシュミレーションを行ったりと防災訓練を行っているので、家庭でも家の強度チェックや防災グッズを揃えたりする週間にすることをおすすめします。

きちんと心構えをして身の回りを備えて、少しでも自然災害を免れたいものです。

『治にいて乱を忘れず』

この言葉だけでも心に留めておくとその後の行動が変わるかもしれませんね^^

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ