スポンサードリンク


あなたの家のお金の管理について、旦那へのお小遣い事情はどうでしょう?

旦那のお金は小遣い制だという家庭は多いようですがどうですか?

又、旦那のお金が小遣い制のお宅の小遣い相場はどのくらいなのでしょうか?


そしてその小遣いからどんな事に使っているのか気になりますよね。

とても気にはなるけれど下手に何に使っているのか問いつめたら、不機嫌になる危険もあるので避けたいと言う方もいますよね。

そこで!

ここでは旦那の小遣い制のお宅は、どのくらいの相場なのか?そして主な使い道を例で紹介します。


旦那へのお小遣い制を採用している人はどれくらい?


旦那と妻のどちらが働いているかによっても違いはありますが、ここでは主に旦那の収入として例を紹介します。

旦那が働いて稼いだお金を、お小遣い制にするのは本当のところおかしいのか?と、不安に思っている方もいると思いますが、結構お小遣い制の家庭は多いようです。

とある調査結果には、アンケート調査を行ったところ、約70%以上もの家庭で旦那のお小遣い制は行われていました。

意外に多くて驚きですよね!

一方で妻がお金を管理していないという家庭もあります。

又、お小遣い制の家庭と言っても種類は分かれていて、毎日少しずつ渡すのと、給料が出るのに合わせて一気に渡す2つのパターンがあるようです。

毎日少しずつお小遣いを渡している家庭では、お金は主に昼食代や電車賃を渡してその他は臨時制だそうです。

そして一気に渡すという家庭ではその他のお金のほとんどが含まれているようです。

POINT:半数以上の家庭でお小遣い制が採用されている!


旦那へのお小遣いはいくらが相場?


旦那のお金をお小遣い制にしようと思っていても、一体いくらぐらい必要なのでしょうか?

お小遣いは旦那の年収にもよって、家庭で違いがありますがだいたいの平均では・・・

  • 400万円以下では2万円程度

  • 400万円以上600万円以下では2万5千円程度

  • 600万円以上800万円以下では4万円程度

  • 800万円以上では5万9千円程度


まとめるとお小遣いは収入から見て1割よりは少ないといったところですね。

これは専門家からも指示されている金額の割合のようですから、是非目安にしてみて下さいね!

ただこれ通りにする事もないので、旦那が必要なお金はどのくらいか、何に使うお金を含まれるようにするのかは、旦那の仕事の付き合いだったり煙草を吸っていたりといった、お金の使い道ジャンルは家庭それぞれです。

POINT:一概に決めることは出来ないけど参考にはなりそうだね!


夫のお小遣いの使い道を教えて!


実際にお小遣いはどこえ消えてゆくのでしょうか?

お小遣いを渡しているものの、その使い道については聞いていないという家庭も多いですよね。

多い使い道の例は・・・
  • 昼食代プラス飲み物

  • 会社やプライベートでの付き合いに必要になるであろうお金

  • 散髪代

  • 洋服代

  • 趣味

  • 煙草を吸っている旦那は煙草代

  • 交通費

  • その他

洋服代は結構お小遣いから出すというよりは、一緒に買う時はお小遣いからだすという家庭よりも、小遣い以外からの出費としている家庭もあります。

交通費には、ガソリン代や車の修理代も含まれている家庭が多いようです。

でも、仕事によってどんな付き合いがあるのか、例えばゴルフとか釣りまで色々な付き合いがある場合は、この例では少し足りないように思えますね。

お小遣い制は旦那とよく話し合って、何のお金がどれくらい含んだ方が良いのかを決めた方が良さそうですね!

POINT:夫婦で話し合って適切な金額を設定できるようにしましょう!


まとめ


旦那へのお小遣い事情について紹介しましたがいかがでしたか?

旦那へのお小遣い制を実施しているけれど足りないと言われていたり、お小遣い制にしたいけれど相場が分からないといった事から、中々上手くいかなかったりする家庭もありますよね。

旦那や勤めている仕事によっても必要なお金は変わります。

ここで紹介した事はあくまで参考なので、お小遣い制の場合は旦那の使い道への話し合いをしてお互い納得した上で、決めるのが良いですね!

是非参考にして頂ければと思います!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク